Home > 社会・経済

スマホ表示はこちら

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の痩せる飯

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.34
    実話BUNKA超タブーVol.34

    コンビニ・書店で6/1発売 通常毎月1日発売 550円(税込)

    米朝軍事同盟まさかの成立/50代以下には絶望的な人生が待っている地獄の未来年表/麻生太郎とんでもない差別主義の暴言王/創価学会&池田大作ゆかりの地めぐり/日本大学アメフト「悪質タックル事件」腐りきった真相/韓国とキムチの気持ち悪い真実/鉄腕!DASH!!なんてやれるのは超絶ヒマだから TOKIOはジャニーズのお荷物グループだった/表参道の美女20人に訊いてみた「男の部屋に行く=◯◯◯OKなのか」/関西ヤバい路線ランキング/山口組分裂の深層… ほか

  • 実話BUNKAタブー 2018年8月号
    実話BUNKAタブー8月号

    6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 480円

    日本大学理事長田中英寿の正体/日大アメフト内田監督バッシングで日本ますます貧乏に/もはや安倍を切り捨てる創価学会 公明党の思惑/アメリカVS北朝鮮悪行対決/パワハラ大国韓国の象徴大韓航空最低な実態/刺し身が一番まずい居酒屋は?/貧困沖縄風俗の現実/恐怖のロシア帝国 ほか

     

    ●当サイト連載杉作J太狼XE×ロマン優光の社会時評連載中! 今月のテーマは90年代サブカル論争/御朱印ガールの2本立て!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
社会・経済 2013.04.13(土)

【後編】歌舞伎町に芸能人が通う「クスリ抜き病院」があった! あの人気アイドルも通う中毒者たちの駆け込み寺!

 


※写真はイメージであり実際の建物ではありません。また当記事は2013年以前取材のルポルタージュであり、時間経過とともに状況は変化しており、過去の出来事となっている可能性が高いです。あくまで読み物としてお楽しみください。

気になる「ドラッグ抜き」のお値段は?

「まぁ、ここだけの話だけど、覚せい剤なんかやってる人がね、この点滴を3回連続でやったら、次の日の尿検査がシロだったらしくて、それで口コミで広がっちゃってね。だから、うちの病院はそういう患者さんも何人も抱えてるの」

と、ドラッグ抜きの患者が多く通うことを語ってくれた『A』の医院長。

 さて、その点滴の気になるお値段は一本13,000円。この値段の中に血液検査も含まれる。しかし、基本的に薬物は法律に反する。いくら抜いてくれる病院があったとしても、絶対に手を出してはいけない。

「でもさ、最近は、いろいろあるんだよね。ほら、合ドラって知ってる? ハーブとか」

 と、医院長。合法ドラッグとは、脱法ドラッグとも呼ばれるが、こちらも違法だ。麻薬と同様の効果を持つのだが。

「合ドラなんていってるけど、この間の患者なんて、コカインが混じってたんだよ。そんなの、絶対に許してはいけないよね。この間、警察署に行った時も、警察が頭抱えてた。合法ドラッグがドラッグより危険だっていう可能性もあるよ」

 薬物からの更生を支援したいというこの医院長は、覚せい剤以外のドラッグも蔓延しつつある現状を憂いていた。

処置室の“異様”な光景

 『ドラッグ抜き医院』は本当にあった。驚きを隠せないまま、「まぁ、そういうのを抜きたいっていうならまた話は別だけど、今日はとりあえず、保険の効く点滴にしておいたら」と提案を受け、点滴を打ちに処置室へと移動する。すると、そこにはまた、驚きの光景が広がっていた。

 処置室は、待合室の突き当たり。先ほどの前髪をちょんちょこりんに結んだ男性患者が出てきたところだが、その入り口を入ってすぐの左手には、とても病院とは思えないロココ調の重厚なカーテンが掛けられ、その奥のベッドには、ちょんちょこりんが横たわって点滴を行っていた。空いているほうの手で携帯を持ち、「俺っすか、いや、昨日は兄貴を迎えに行ったんすけど」という物騒な会話を繰り広げている。

 通常の病院では、携帯電話の使用は禁止されているはずだが、看護師はまるで気にする様子もない。そのまま右手に折れると、広々としたスペースが広がり、これまたまるで医院らしからぬリクライニングソファーがずらりと6台、縦に二列に配置されていた。

 辺りを見回すと、いかにもキャバ嬢といった風貌のギャルが暇そうに携帯を弄りながら点滴を受けているのが目に入った。その前の椅子にいるのは、キャップを目深に被ったカジュアルな格好の男性。しばらく寝ている様子だったが、20分ほどしたところで看護師が点滴を持って現れ「二本目行きますね」と針を腕に刺し始めた。

 事前に聞いていた「80歳くらいの全身刺青のおじいさんが点滴を打っている」「涎を垂らしたヤクザがいた」といった噂話には負けるものの、それでも普通の病院とは明らかに違った患者たちの姿に驚きを憶えたが、こうしている間にも、次々と新たな患者たちが入ってくる。

 トレンチコートを脱ぐなり、季節外れのノースリーブワンピース姿になったギャルは、常連なのか、診察室には寄らずに処置室へと直行してきたようで、看護婦に直接「いつものでお願い」と言うと、手馴れた様子でソファーに身体を沈み込ませた。時たま思い出したように2リットルペットボトルのミネラルウォーターを口へと運ぶ。まともなサラリーマンやOLや主婦や学生などが一切いないアンダーグラウンドな空間だ。

「ホストやキャバクラのコはよく来ますよ。飲むのが仕事だからね、せめて点滴で身体をいたわるしかない」そう医師は言っていた。アルコールならそうかもしれないが、覚せい剤は違う。誰がなんと言おうと犯罪だ。どんな薬物でも、絶対に手を出してはいけない。

(文・編集部)








  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

吉田豪最新刊!


▲売れてます!ロマン優光最新刊

全国書店・ネット書店で発売中!


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 新日本プロレス 山口明 童貞 アイドル ロコドル フジテレビ ローカルアイドル 瀬名あゆむ 韓国 中国 枡野浩一 オススメ
Powered by Vivvo CMS v4.6