エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



新書発売中! 売れてます。


サブカルチャー

シャーロット・ランプリング主演『ともしび』(日本初公開中)その(2):杉作J太狼XE「美しさ勉強講座」連載101

2019.05.24(金)


軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!
杉作J太狼XE先生の「男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座」

101時限目・シャーロット・ランプリング主演『ともしび』(日本初公開中)その(2)

 松山市の映画館、シネマルナティックでシャーロット・ランプリングの主演映画『ともしび』(2017年)を見た。

 日本公開は今年。公開されるまでに二年かかった。

 松山での公開は終了したがまだこれから上映のある地域もあるだろう。

 と楽天的なことを記せる時代は終わっている。

 日本全国の映画館はどんどん減少しているのだ。みなさんの家の近くにあった映画館もなくなってないか。私は仕事であちらこちらの映画館に足を運ぶ機会があるがいままでに行った映画館の半分ぐらいはなくなっているのではないか。

 田園風景の中に古い映画館があった。二階の控室でお弁当を食べた。おおむかしのポスターや機材が静かにそこにあった。窓から風が入ってきて気持ちよく、夜になるとあたりはまっくらで。みんなが帰った後の映画館で古いポスターや看板や機材が目を覚ますのかな。だがその映画館もなくなったと風の便りに聞いた。

 映画館での興行収入をあてにして配給会社は映画の上映権を買う。この興行収入が減っているのは間違いのないことだ。そうなると海外の映画が日本で見るのは難しくなる。

 劇場公開なしにDVDとして売られるビデオスルーというシステムがあることは前回記したがビデオスルーで売れる作品というのはジャンル的に限られる。

 ま、ここを記しているとまた話が進まない。こころを鬼にして。というほどではないが、ま、キッパリ、進めていこう。

 シャーロット・ランプリングの『ともしび』はものすごく特異な作品であった。

 見ているあいだ、たのしい気分になることは1秒もない。

 プロ野球で、自分の応援してるチームが30対0で負けてるような雰囲気である。

 シャーロット・ランプリングが演じているのは老いた人妻である。

 夫とふたり暮らしだけの暮らしである。貧しくはなさそうだが裕福ということでもない。犬を飼っている。この家の中に会話はあまりない。いまさらもう喋ることもないということだろう。仲が悪いわけではなさそうだがもう喋ることも喋る必要もないのだ。だから犬もほとんどなにも言わない。

 夫がある日、収監される。なにか罪をおかしたようだが詳しくは語られない。シャーロット・ランプリングはひとり暮らしになる。犬も人に譲った。

 子供や孫がいるようであった。複雑な、重大ななにかがあったようで、一生懸命作ったケーキを持って、物騒で恐ろしい地下鉄に乗って、わざわざ届けたが門前払いであった。

 若いシャーロット・ランプリングは知的で、涼やかだった。美しい顔だちだった。

 この映画のシャーロット・ランプリングはずっと難しい顔をしている。けわしくて、さみしい、つらい、きびしい顔をしている。

 ほとんど喋らない。

 演劇サークルだろうか、そこで演技するときだけ喋るが、発せられる言葉はただただ虚しい。

 劇中、シャーロット・ランプリングは何度か肌を見せる。全裸にもなる。お尻も、バストも、チラッとではない、しっかりと、ヌードになる。

『愛の嵐』(1974年)で衝撃的なヌードを見せた彼女と、たしかに同じ人ではあるのだろうが、現実としてやはり、あまりにも遠い。

 老いるというのはこういうことなのですよとシャーロット・ランプリングの肉体が語る。

(この項、おわり)

<隔週金曜日掲載>

図版◎映画「ともしび」ポスター
公式サイト:http://tomoshibi.ayapro.ne.jp/
2017 (c) Partner Media Investment – Left Field Ventures – Good Fortune Films

杉作J太狼XE twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba

杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017

・雑誌、実話BUNKA超タブー(月刊/Vol.45発売中)で「熱盛サウナおやじの伝言」連載中!

【著者最新刊のお知らせ】
東映実録バイオレンス 浪漫アルバム(徳間書店)
【全国書店・ネット書店で発売中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/

【ラジオのお知らせ】
月曜から日曜まで毎日!! 南海放送ラジオで、「杉作J太郎のどっきりナイト7」放送中。月曜21時~、火・水・木曜19時~、金・土・日曜21時~(長さは曜日で大きく異なる)。アプリ「radiko」のプレミアム会員なら全国で聞けちゃうし、タイムシフトもできちゃう! 

◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:https://www.rnb.co.jp/radio/j-taro7/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night

杉作先生のLINEスタンプが発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太狼XE:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろうXE
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める男の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/

連載バックナンバーはこちら→
https://wp.me/p95UoP-3Z(URLがリンクしないサイトでごらんの方は、URLをコピペして検索窓に)

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6