エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)


◎吉田豪 最新刊「帰ってきた人間コク宝」発売中!



サブカルチャー

どっきり文化まつりDESTINY 11/16~18:杉作J太狼XE「美しさ勉強講座」連載87

2018.11.09(金)


軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!
杉作J太狼XE先生の「男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座」

87時限目・どっきり文化まつりDESTINY 11/16~18

「どっきり文化まつりDESTINY」まで一週間となった。

 11月16日の夜九時からスタートする。最初はオールナイトのトークイベント。前夜祭である。

 場所は四国。愛媛県松山市。湊町という繁華街にある劇場「シネマルナティック」。原田芳雄さんも来たことがあると聞いたような気がしたが間違いだったらすみません。間違ってないように思います。ただ間違いないのは『実録たまご運搬人警視庁殴り込み』『特攻任侠自衛隊』『戦争の犬たち』などの主演スター、『大都会PARTIII、逃亡の滑走路』のゲスト主演(犯人)、『戦場のメリークリスマス』の脇役(北米版DVDはパッケージビジュアル主役)などの大スター・飯島洋一先生(特別出演)がいらっしゃることである。

 ちなみに『特攻任侠自衛隊』『戦争の犬たち』に指定団体ゴマスリ組の組長役で出演されておられるインテリ映画評論家・佐藤重臣先生(故人)と私は松山の市民会館だか県民館だかで会ったことがある。ケネス・アンガーの映画を上映するために重臣先生が松山に来たのである。いまから40年ぐらい前のことである。私は十代だったが好奇心旺盛な若きインテリだったのである。インテリ。それは私の弱点だが、強味でもある。インテリだからエゴサーチなんかはしないのである。不特定多数の誰かから褒められて喜べるほど俺の道はたやすくないのである。道なき道を行く覚悟なので苦戦も孤独も織り込み済みである。

 翌17日は開会宣言、各種映画映像トークショーなどを経て夜はまたオールナイトである。

 ただ、このオールナイトはただごとではない。「どっきり」映画のオールナイトである。そして全作品が東映の作品である。

 怪獣と暴力とオカルト。

 厳密に言えば怪獣ではなく原人とマンモスだが初期の計画では恐竜も出る予定だったという話もある。ただ、恐竜は怪獣ではない。わかってます。ただ、「怪獣」と書いてみたかった。その気持ちもご理解ください。

 翌日18日は最終日。遠方より来るかたのために夕方には全日程終了です。

 この日は岸田森さん(故人)主演のまぼろしの作品『わが兄はホトトギス』が大スクリーンで特別公開されます。シネマルナティックは音響装置も国内最高峰のサウンドがたのしめますので絵だけではなく、森さんの声もたっぷり堪能できます。森さんは声も画期的に素晴らしいですからね。もしも松田優作さんが生きておられたらぜひ来ていただいていっしょに見たのではないかという気もします。

 森さんが演じたのは病床六尺、壮絶な痛みと闘う俳人・正岡子規。若くして亡くなった正岡子規を森さんが演じてます。

 実はこの映像は四国松山本町1-1-1、南海放送が制作したドキュメンタリードラマ。脚本は早坂暁先生です。早坂先生は今年お亡くなりになりました。早坂先生は愛媛県のご出身です。私はこのドラマを松山にいた高校生の頃にテレビで見たのですが、あまりに斬新な構成の中でさまざまな表情を見せる森さん(これ以上は書くと見る人の喜びを奪ってしまうので書きません)を忘れることができません。のちの私の映画製作、前夜祭で上映予定の『チョコレートデリンジャー』などもすべて、この作品の影響を受けていると思います。

 長くなってしまいましたが、実はひとつふたつ、大切なことを記していませんでした。

 ひとつは、私が前出の放送局、南海放送で毎週土曜の夜に生放送してるラジオ番組、そのADをしてくれてる女子大生のなっちゃん。時々私の番組で喋ったりしてたら大人気になってる素敵ななっちゃん。その、なっちゃんがいままでは10代だったから顔出しはしていなかったのですが、今回はついにゲストとして、さらに土曜の東映オールナイトにはラジオ生放送のコーナーもありますのでADとして、そしてMCとして、いつもの放送の感じで登場します。諸問題を強引にスルーしている部分もあるかもしれないのでなっちゃんに会えるのはこれが最後かもしれません。あと、ここだけの話ですが、なっちゃんとの握手、写真撮影などもあるかもしれません。先日、そんな話をしていたらやってもかまわない、みたいなことを言ってたような気がします。ま、なんせなっちゃんは芸能人でも芸能人志望でもない、まじめな学生さんなので。ないかもしれませんよ。あるかもしれません。おたのしみに!

 そしてもうひとつ。会場となる劇場、シネマルナティックは中に自販機もありますが、な、なんと、飲食物持ち込み自由! 弁当でもアルコールでもなんでも持って入れます。食べられます。ただ、近くのお客に迷惑をかけるようなにおい、音は困りますね。呑んでもいいけど酔って騒いだら即、飯島洋一先生(特別出演)が軍事教練仕込みの剛腕でつまみだします。
 で、マナーよくしていれば、たとえば夜は朝まで劇場にいて、オールナイトが終わったら近くの温泉でひとねむりして、また昼から映画見れば遠方から来てもホテルは必要ないことになります。

 ま、以上です。

 というか、以下、概要です。

【11/16】
21:00
オールナイト前夜祭(なっちゃん登場!)
トークショー、討論会、歌謡ショーなど出演者:なっちゃん、杉作J太郎、内田名人、飯島洋一(特別出演)

映像コーナー
「宇宙大戦争~宇宙パワーX&XX対高野俊二(拳磁)~」
「チョコレートデリンジャー現時点最新版」松本さゆき、ロマン優光、田口敬、増子直純(怒髪天)、大友さゆり、久住昌之、大西ユカリ、島田裕二、末井昭、小堀裕之(二丁拳銃)、殿方充、田原章雄、花くまゆうさく、ゲッターズ飯田、高谷洋平、柳下毅一郎、藤木TDC、浅川満寛、YOU THE ROCK★、澤宗紀、河合克夫、ポパイ、門田克彦、2号機、しまおまほ、hy4 4yh、ギンティ小林、市川力夫、RYUTist、ロビン前田(赤犬)、タカタカアキ(赤犬)、内田名人、岩岡としえ、ごっしー、劔樹人、犬山紙子、ユースケ・サンタマリア、いとうせいこう、ゴンザレス合林、奥野徹男、ミッツィー申し訳、ギュウゾウ、住倉カオス、コブラ拳、土屋大樹、杉作J太郎、伴ジャクソン、赤井孝美、内藤研、モリタタダシ、藤井良樹、斎藤渉、木下盛隆、リカヤスプナー、吉田豪、東風克智、和田ラヂヲ、向井透史、飯島洋一、手塚眞、根本敬、湯浅学、船橋英雄、パラダイス山元、新宿鮫、宇多丸、とみ新蔵、バニラビーンズ、Negicco、掟ポルシェ、島口哲朗、いしかわじゅん その他、本邦初公開映像

【11/17】
12:00
開会式(杉作J太郎、橋本達也、内田名人、特別出演飯島洋一)

映画上映
「戦争の犬たち」飯島洋一、青木義郎、清水宏、泉谷しげる、安岡力也、所ジョージ、梅林敏彦、佐藤重臣、堀礼文、梅津栄、草薙幸二郎、佐藤慶
「がんばっていきまっしょい」田中麗奈、中嶋朋子、大杉漣、升野英知(バカリズム)、森山良子、下元史郎、白竜、小日向文世
「大杉漣フリダシLIVE」
「榎田貿易堂」渋川清彦、森岡龍、片岡礼子、伊藤沙莉、滝藤賢一、根岸季衣、余貴美子

21:00
「どっきりナイトナイトナイト」(南海放送ラジオ)生放送(出演 / 杉作J太郎、なっちゃん、不動明王)つき東映映画オールナイトマラソン
「やくざ戦争 日本の首領」
鶴田浩二、高橋悦史、市原悦子、松方弘樹、千葉真一、田中邦衛、西村晃、小池朝雄、二宮さよ子、火野正平、小林稔侍、内田朝雄、地井武男、尾藤イサオ、天津敏、織本順吉、高橋昌也、小松方正、金子信雄、品川隆二、待田京介、成田三樹夫、梅宮辰夫、渡瀬恒彦、菅原文太、佐分利信
脚本/高田宏治
音楽/黛敏郎、伊部晴美
監督/中島貞夫
東映〈男の系譜〉30年の集大成~日本映画演劇陣総出演(公開時惹句)
「北京原人Who are you?」
緒形直人、ジョイ・ウォン、本田博太郎、片岡礼子、坂上忍、小松みゆき、小野賢章、長谷川初範、引田天候、佐藤蛾次郎、哀川翔、北大路欣也、丹波哲郎
特撮監督/佛田洋
脚本/早坂暁
監督/佐藤純彌
50万年前の人類が出現!進化ってなんですか?(公開時惹句)
「犬神の悪霊」
大和田伸也、山内恵美子、長谷川真砂美、泉じゅん、白石加代子、小野進也、伊藤高、小林稔侍、三谷昇、川合伸旺、鈴木瑞穂、室田日出男、小山明子、岸田今日子
監督・脚本/伊藤俊也
「エクソシスト」「オーメン」「キャリー」を越えて奇才・伊藤俊也監督が挑む日本初のオカルト戦慄(公開時惹句)

【11/18】
14:00
特別上映
「わが兄はホトトギス」
岸田森、佐藤オリエ、草野大悟、夏川静枝、広瀬昌助、村松克己、観世栄夫
脚本/早坂暁
音楽/池辺晋一郎
演出/森巌
制作/南海放送

閉会式

【会場】松山シネマルナティック
【協賛】南海放送

(この項、つづく)

<隔週金曜連載>

【会場住所補足】愛媛県松山市湊町3-1-9マツゲキビル2F
http://movie.geocities.jp/cine_luna/
2018/11/16-18開催 ぜひご来場ください!
※リンク先にプログラムごとの時間が明記されたPDFがあります
※入場料はリンク先でご確認ください。

写真:どっきり文化まつりDESTINY イメージビジュアル

杉作J太狼XE twitterアカウント
https://twitter.com/otokonohakaba

杉作J太狼XE監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017

【著者最新刊のお知らせ】
東映実録バイオレンス 浪漫アルバム(徳間書店)
【全国書店・ネット書店で発売中】杉作J太郎・植地毅 著
https://books.rakuten.co.jp/rb/15332613/

【ラジオのお知らせ】
愛媛県・南海放送で毎週土曜21時から「MOTTO!! ~痛快! 杉作J太郎のどっきりナイトナイトナイト」を放送中。radikoプレミアムなら全国で聞けちゃうし、タイムシフトもできちゃう! 
◎ラジコプレミアム詳細:http://radiko.jp/rg/premium/
◎番組詳細:http://www.rnb.co.jp/radio/motto-j/
◎番組twitter:https://twitter.com/jtaro_night

同局で毎週土曜17時半からは「爽快! 杉作J太郎のガンバレカープ大放送」も。
◎番組詳細:https://www.rnb.co.jp/radio/soukai-j/

杉作先生のLINEスタンプが発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太狼XE:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろうXE
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める男の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/

連載バックナンバーはこちら→
https://wp.me/p95UoP-3Z(URLがリンクしないサイトでごらんの方は、URLをコピペして検索窓に)

 

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6