エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)


◎吉田豪 最新刊「帰ってきた人間コク宝」発売中!



サブカルチャー

菊地成孔が歌舞伎町を舞台とする官能小説をリリース!?「ヴァイナル文學選書」という新プロジェクト

2018.10.19(金)


異才ジャズメンが書き下ろした歌舞伎町のバタイユ

 10月19日、音楽家で文筆家の菊地成孔が、歌舞伎町を舞台に「溺死フェチ」の男女を描いた“官能的”文学作品を発表した。

 表題は『あたしを溺れさせて。そして溺れ死ぬあたしを見ていて』。菊地自身がラジオ番組にて「新宿バタイユ」と表現していたように、作品ではこれでもかとばかりに官能描写が連続している。もちろん、エロいばかりじゃなく、菊地文体とでもいうべき、独特のリズム感も健在。ラストに至るまで疾走するようなエロスの旋律は、掌編という長さゆえ、途中でダレることも倦むこともなく、ファンならずとも愉しめる珠玉の一作となっている。

 ところで、エッセイストとして多くのファンを持つ菊地には、これまでも多数の小説執筆オファーがあったようだ。しかし、その一切を断ってきたのだという。それなのに今回あらためて執筆を引き受けた理由について、菊池は「企画のコンセプトが面白かったから」とラジオ番組にて発言しているが、なんでもこの小説、東京キララ社が主宰する「ヴァイナル文學選書」という文學プロジェクトの一環として執筆されたものらしいのだ。では、その「ヴァイナル文學選書」とは、一体どんなプロジェクトなのだろうか。

新宿区でしか買えないヴァイナル形状の小説シリーズ

 

 公式ホームページhttp://tokyokirara.com/information/1958/によると、ヴァイナル文學選書とは「ある街をテーマに、ある街においてのみ流通する」ことをコンセプトとした文学プロジェクトらしい。今回は新宿歌舞伎町篇、菊地以外にも、石丸元章、海猫沢めろん、漢a.k.a.GAMIと一癖も二癖もある執筆陣が並び、それぞれが書き下ろした4作の掌編小説が、新宿区内限定で発売されている。

 慌てて全作品を読んでみたが、いずれ劣らぬ傑作、奇作ぶり。そして何より特筆すべきは本の体裁で、なんと本なのに綴じられていないのだ。バラバラの紙片がヴィニール袋に密封された形状で販売されており、まあ、よくこんなの考えたもんだと、感心してしまう。

 通販も行っていないらしいため、手に入れるためには本当に新宿へと足を運ぶしかない。文壇からは黙殺されそうな雰囲気がすでに芬々としているが、それもまたご愛嬌だろう。新たなる読書体験を味わってみたいという方は、売り切れてしまう前に新宿へと急いだ方がよいかもしれない。

(文・赤坂次郎)

【リリース情報】

東京キララ社 presents
ヴァイナル文學選書・第一弾・新宿歌舞伎町篇
2018年10月19日、新宿区内限定で4作品同時リリース!!

http://tokyokirara.com/information/1958/



「新宿歌舞伎町萹」作品ラインナップ

『聖パウラ』(著)石丸元章
『鬼畜系ゲームブック熊猫』(著)海猫沢めろん
『北新宿2055』(著)漢a.k.a.GAMI
『あたしを溺れさせて。そして溺れ死ぬあたしを見ていて』(著)菊地成孔

(定価)
1000円(+税)

「新宿歌舞伎町萹」販売店舗

ブックユニオン新宿店〈新宿区新宿3-34-1 ジュラクツインBビル2F〉
BERG(ベルク)〈新宿区新宿3-38-1 ルミネエストB1〉
鎖カフェ〈新宿区大久保3-13-107〉
3rdroom〈新宿区歌舞伎町1-1-5 パレスビル4F〉
紀伊國屋新宿本店〈新宿区新宿3-17-7〉
模索舎〈新宿区新宿2ー4ー9〉

 

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6