エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)


◎吉田豪 最新刊「帰ってきた人間コク宝」発売中!



サブカルチャー

ファンについて:ロマン優光連載102

2018.02.09(金)


ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第102回 ファンについて

 最近、岡崎体育さんのファンクラブについての騒動などを契機に「『ファン』とは何なのか」みたいな話が一部で盛り上がっていました。お金を落とすのがファンなのか? メディアの前で応援しているだけの人はファンではないのか?

 ファンの在り方といっても沢山あるわけで、対象の職種によっても違ってきますし、個人の性格によっても違ってきます。テレビタレントのように出演料や事務所からの給料で収入を得ている人なら、特にファンから直接お金をとらなくても、在宅で応援してくれてるだけで、そこでの好感度の高さが仕事に繋がったりもするわけです。しかし、ミュージシャンや漫画家、文筆業のように作品や実演の対価で収入を得てる人にとっては、作品や実演にお金を落としてくれる人がいなくては生活ができません。かといって、たとえ中古だろうがレンタルだろうが図書館だろうが、聴いてくれてるだけ、読んでくれてるだけでも嬉しく感じる人もいるわけで、何か買ってくれた人だけがファンと言い切れるわけではないし、難しい話ではあるのです。ちなみに、ファンだと称しながら作品を借りたり中古で買ったという話をプロの造り手に直接言うのはデリカシーのない好意であり、たいてい不快に思われるわけですが、それは生活が維持することが可能な範囲に届くまで売れている人たちの場合です。全く売れてない、生活費を別の仕事などでまかなってるタイプの造り手の人だと、そんなデリカシーのない話をされても普通に喜んでくれる人もたまにいます。それぐらい認めてくれる人に餓えているのです。
  例えば、文筆活動をメインにやっている人がテレビ等に出る機会があったとします。そうなると、作品に全く触れたことはないけどテレビ出演の際の姿が好きだという人は必ず出てきます。好きになる方はタレントに対するのと同じ感覚で「作品は全く知らないけど、自分は○○先生のファンです」と思ってるのでしょうが、実際そのことを伝えられたら、対象に当たる人はどういうふうに思うのでしょう?
 仮に絵本作家ののぶみさんに「情熱大陸見ました! 絵本は興味ないけど昔の武勇伝最高です! 総長ってほんと凄い! ファンになりました!」と言ったとしましょう。絵本作家なのに作品に全く興味を抱かれていないという事実にのぶみさんが傷ついてしまう可能性もある一方で、絵本作家としてではなく有名人としての自分に対してついたファンだと素直に受け入れて喜ぶかもしれない。さらには不良としての自分の姿を尊敬されたということで絵本を誉められた時以上に喜ぶ可能性だってあります。のぶみさんが例として適切かどうかはさておき、こういう事は相手の気質によって、どう捉えられるかは千差万別。「作品を知らないけどファンです」と言われて「よろしければ作品の方も」と軽やかに営業できる人もいれば、「俺は見せ物じゃない!」といきなりブチ切れる人も、「オスとしての俺の魅力、凄いな!」といきなり自惚れる人もいるわけで、結局のところファンは余計な情報を対象に伝えないのが一番いいのです。 

こんなファンはいやだ

 競技にはまったく興味がないのにスポーツ選手に対してアイドル的な視点からファンになってしまい競技の邪魔になるような撮影をしてしまう人。アイドルの内省的なツイートに対して全く文脈を理解せずに、トンチンカンな文章にとりあえず最後に「好きだよ!」と付けて糞リプを送りつけて、無理解さゆえにアイドルに疲労感を与える人。こういう困ったファンの人もいますが、一応こういう人たちも自分勝手であったり、考えが浅はかであったりするものの「好き」という気持ちは確かにあるのでしょう。しかし、世の中には好意すら別にないのにファンを称する悪質な輩がいるのです。メディアで見たことのあるような人を街で見かけた時に、よく知らないのに「ファンです」といって握手やサインを求めたり写真を撮ろうとする輩です!
 ようやく本題にたどりついたわけですが、よく知らないのにそんなことをするのは失礼だと思うのです。昔、掟さんと二人で街中を歩いていたら「ロマンポルシェ。ですよね! 写真を撮ってください!」という若者が近づいてきたのですが、自分をガン無視して掟さんとだけ写真を撮りやがったのです。この時点でロマンポルシェ。・ファンではなく掟ポルシェ・ファンでしかないわけですが、掟さんに対する呼び掛けが「掟さん」でも「ポルシェさん」でもなく「ロマンポルシェ。」なんですよね。ようするに、彼はロマンポルシェ。というバンド名と掟ポルシェという個人名の判別のついてない人間、よく知らないけど見たことあるから声をかけてきただけの人間だったのです。もうね、失礼極まりないですよ。自分がメンバーであることを認識してない上に、掟さんの名前とバンド名の判別もついてないのに、というかロマンポルシェ。がバンドかどうかもわかってないような人間がファンなわけはないだろう。これは極端にひどい例ですが、似たような事例としては「大ファンです! 最近どんな活動をしてるんですか!」とライブの日に声をかけてくる人というのもいます。もうね、ファンでもないのにいちいち「ファンです」とか言わなくていいから。「写真撮ってください」とか「握手してください」とか要件を伝えてくれるだけでいいから。気を使って「ファンです」と大袈裟に言われても、すぐに馬脚をあらわすのではかえって相手は傷つくものです…

(隔週金曜連載)

イラスト:いらすとや より「ペンライトを持つアイドルファンのイラスト(男性)」


★ロマン優光最新刊発売中! 移動時や週末のお出かけ先でも読みやすい新書判!★
「SNSは権力に忠実なバカだらけ」ロマン優光(コア新書)(コアマガジン)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/

★2018年2月27日に大阪・ロフトプラスワンウエストで新書刊行記念イベント→前売発売中。西日本エリアの読者の皆様は是非!★
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/79360 

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイの最新作CD「stakefinger」★
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★新書前作のご案内! 増刷につぐ増刷★
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/

★前々作は電子書籍でも発売中★
筆者の『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)は電子書籍で発売中!

★「実話BUNKAタブー」(毎月16日発売)で杉作J太狼XSと社会時評対談連載中!★

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)

 

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6