エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)


◎吉田豪 最新刊「帰ってきた人間コク宝」発売中!



サブカルチャー

人の話を勝手に自分のものにする人:ロマン優光連載98

2017.12.15(金)


ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第98回 人の話を勝手に自分のものにする人

 あなたの周りにも、こういう人いませんか? あなたがその人に対しておすすめしたアーティストを、1週間ぐらいたったら得意気な顔であなたにおすすめしてくる人。打合せなどであなたが出した意見を否定しておきながら、あなたの意見と寸分違わぬ意見を次の打合せで自分のものとして発言してくる人。
 先日、電撃ネットワークのギュウゾウさんをゲストに迎えて行った、自分の新著である 『SNSは権力に忠実なバカだらけ』 出版記念トークショーでも話題にのぼったのですが、二人とも知り合いにこういうタイプの人がいるという話で盛り上がりました。
 こういう人たちはわざとやっているわけではありません。本気で誰から聞いた話か忘れてたり、自分が考えた意見だと思いこんでいるのです。指摘されると「え、そっだっけー? あっはっはー」とのんきに反応する人だとまだいいのですが、なかなか納得しないばかりか、こっちを嘘つき呼ばわりしてくる人もいるわけで、後者は本当にいやな気分にさせられます。

 情報なんかだと誰が先に知ってようが別に大きな問題というわけでもなく、「なぜ、俺が教えた話を教えてもらわなければならないのだ?」という軽い疑問を抱きながら、笑って流してしまえばいいだけです。しかし、これが何かの意見だったりアイデアだと、また話が違ってきます。自分がつくったものを相手に盗まれたような釈然としない気分はどうしても付きまといます。しかも、相手の方が自分より立場や影響力が強い人だと、なかなか言い出せないし、相手の手柄みたいになってしまうわけで、ストレスは増加する一方です。
 こういう人たちは本気で忘れてるので悪気は全然ありません。こちらが怒ったところで相手にしてみれば理不尽に攻撃されたくらいにしか思わないのです。意図的に被害者面をしているのではなく、相手が認識している「事実」の中では本気で被害者でしかないのです。だから、怒った方が周囲から悪者に見られる場合があるので、こういう人に本気で怒っても損をするのは怒った方なのです。
 こういった人が友人の中にいるなら、その人とちゃんとした真面目な話をしないというやり方もできますけど、仕事関係だったりするとそういうわけにもいきません。周囲の人に相手が「そういうタイプの人」であることを認識してもらう機会を多くしながら、「結局は自分の考えた方向で物事が進んでいるのだから、よかったじゃないか」と自分に言い聞かせるしかないのです。

ダイノジ大谷の場合

 ちなみにトークショーで、こういった人の例として名前があがった一人がダイノジの大谷くんでした。しかし、さすが大谷くんは一味も二味も違います。他人発信のものなのか、自分発信のものなのかの区別がつかなくなる人というのは記憶力に問題があって、情報の中の「誰から」という部分を覚えられないタイプの人なんだと思います。人から聞いたとか、何かで読んだという記憶を忘れがちな人なのでしょう。大谷くんの場合はその部分の記憶力が悪いだけではなく、情報全体の精度が非常に低いので、オリジナルな意見になってしまうところが凄いところです。また、こういうタイプの人ってよく言えば天然ボケなわけで、人間的にチャーミングな印象を受ける人も少なくありません。だから、その人に対して指摘したり、批判したりすることに対して罪悪感というか「なんか悪いな……」という気持ちを抱いてしまいがちなのですが、大谷くんに関してはそんな配慮をしなくても別にいいような気分にさせられるのが凄いです。そんな大谷くんですが、ギュウゾウさんは大谷くんに関して何も悪く言わなかったから本当にいい人です。

 しかし、こういうタイプの人って悪気がないだけに本当に扱いづらいし、周りにいるとストレスが貯まります。本人がそういうタイプだという自覚をもってくれて、指摘された時に素直に受け入れてくれるようになるのを期待するしかないんでしょうか。

(隔週金曜連載)

おすすめ新書:「SNSは権力に忠実なバカだらけ」ロマン優光(コア新書)(コアマガジン)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/


★12/20ジュンク堂書店(池袋)で新書発売イベント決定!ゲスト:姫乃たま※要申込(有料)→読者の皆様の参加をお待ちしております
https://honto.jp/store/news/detail_041000023802.html 

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイの最新作CD「stakefinger」
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光 出演映画「チョコレートデリンジャー」、今後の情報は以下のツイッターをフォローしてください★
https://twitter.com/choco_derri2017

★新書前作のご案内★
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/

★前々作は電子書籍でも発売中★
筆者の『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)は電子書籍で発売中!

★「実話BUNKAタブー」(毎月16日発売)で杉作J太狼XSと社会時評対談連載中!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6