エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



サブカルチャー

また新書でました:ロマン優光連載97

2017.12.01(金)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックスなら送料無料

Amazonでも発売中





ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第97回 また新書でました

 この度、コア新書さんから3冊目の本、SNS は権力に忠実なバカだらけを刊行することになりました。内容は書名や章タイトルや小見出しを参考に察してください。その印象通りのことや、読んでみるとタイトルの印象とは違うこととかが書いてあります。あと、サブカルの本ではないと思います。「他者を批判してはいけない!」みたいな意味不明なことを言ってるくせに、自分が好きなものを批判されたら罵倒や中傷をするようなロジカルでない人について書かれていたりします。

 著名な人物の言動について批判的な意見を表明すると、なぜかわいてくるのが「嫉妬しているから、そういうことを言ってるんだろう!」と言い出す人たち。前著を刊行した時もそういう人が何人も出てきて笑ってしまいました。
 嫉妬するためには相手を羨む気持ちが必要だと思うのですが、羨むためには両者の価値観のベクトルが一致している必要があるわけですよ。モテたいと思ってない人にとってはモテてる人は別に羨む対象ではないし、金持ちになりたいと思ってない人にとっては大金持ちは別に羨む対象ではない。自分の仕事によって何かを得たい人間にとっては、別のやり方で社会的な成功をおさめている人間がいたとしても、嫉妬の対象にはならないのです。人間によって価値観はそれぞれですから、自分にとって価値のあることが他人にとって価値のあることとは限らないわけです。
 私が嫉妬する人がいるとしたら、自分が推しているアイドルに自分より推されているオタクか、プンクボイのライブをやったときに対バンが明らかに自分よりいいライブをやった場合くらいです。しかも、それは同じアプローチで攻めてるような人に対してのみ起こる感情であって、違うアプローチの人に対しては起こらないわけですよ。あと、私が知らないところで妻が美味しいものを食べていたら嫉妬します。みんながみんな同じ価値観、同じ美学で生きているとしたら大間違いだという話です。そもそも、嫉妬したからといって、世間に対して相手を誹謗中傷しても仕方がないわけで、たまにそういう人が本気でいてビックリするのですが、そういう卑しい行為を働いたところで何の意味もないですからね。より推されるように努力したいといいたいところですが、こればっかりはアイドルが決めることなので諦めて、ライブを頑張ったり、お小遣いを貯めて妻よりも美味しいものを食べた方が建設的というものです。
 マイナーな人がメジャーな人に対して批判的な意見を表明すると、それを嫉妬からくる悪口だと判断するような人というのは、権威を疑わないような人間だと思うのですよね。偉い人は絶対に正しい。金を持っている人は絶対に正しい。私の好きなものは絶対に正しい。世の中、そんなことは絶対にないのです。みんながみんな同じ価値観でない以上、どんな人に対しても異論は出てくるわけです。それを理解できない、あるいは自分の好きなものに対する異論が存在していることを理解したくないというのは、感情にまかせて思考放棄しているわけで恥ずかしいことだと思うのですが。さらにいうならば、「嫉妬しているから批判している」という考えが真っ先に頭に浮かんでくる人は、自分がそういう人間だということを申告しているみたいなもんです。バカみたいに見えますよ。

 そういえば、編集氏に本の宣伝と「シティー・ポップ」の話を書けと言われていたのでTV Bros.の原稿を全文読んだのですが、『「何々が好きな自分に酔ってるだけ」と批判している自分もそれを言ってる自分に酔ってるだけだけど、俺の酔い方はかっこいい』というような内容で、「シティー・ポップ」部分は特に重要でなく、他のものが代入されてもかまわないような構成の文章で、その文章による酔い方芸を楽しむようなものだと思いました。それより、隣に掲載されているロマンポルシェ。というバンドの掟ポルシェさんというか、うちの相方の文章が気になってしょうがなかったことをお伝えしたいです。あんなこと考えてたのかあ、あんなこと考える人だよなあ。

(隔週金曜連載)

おすすめ新書:「SNSは権力に忠実なバカだらけ」ロマン優光(コア新書)(コアマガジン)※12/2発売
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/


★12/13書泉ブックタワー(秋葉原)と12/20ジュンク堂(池袋)で新書発売イベント決定!※要申込(ゲスト有)
秋葉原 https://www.shosen.co.jp/event/64837/
池袋 https://honto.jp/store/news/detail_041000023802.html?shgcd=HB300 

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイの最新作CD「stakefinger」
https://books.rakuten.co.jp/rb/15176097/

★ロマン優光 出演映画「チョコレートデリンジャー」、今後の情報は以下のツイッターをフォローしてください★
https://twitter.com/choco_derri2017

★新書前作のご案内★
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/

★前々作は電子書籍でも発売中★
筆者の『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)は電子書籍で発売中!

★「実話BUNKAタブー」(毎月16日発売)で杉作J太狼XSと社会時評対談連載中!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6