エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



サブカルチャー

貴乃花が謎すぎる:ロマン優光連載96

2017.11.17(金)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックスなら送料無料

Amazonでも発売中





ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第96回 貴乃花が謎すぎる

 飲みの席で酔っ払った先輩にあたる人間が後輩の言動(その内容の是非はおいといて)に対して怒りを覚え、つい手を出してしまい怪我を負わせてしまうという話は、力士の世界に限った話ではなく、日本中あちこちで起こっている光景です。事務所の待遇に不満を感じたタレントが社長にビンタをしてしまうという話が事実であったなら、それに比べて、本当に世間的に考えてありふれた事件で、相撲界独特のかわいがりとかそういう話ではないと思うんですよね。ビール瓶が使われたのか、使われてないのかという話に関しては情報が錯綜していますけど、それは本質とは関係なく、暴行を受けて怪我をしたという事実が問題なわけですから。
 それが「ああ、相撲界だなあ……」という感想を世間に抱かせてしまうようになったのは、報道されている貴乃花親方のよくわからない行動のせいだと思うんですよね。

 いったん相手の謝罪を受け入れて和解したのに、後になって警察に届けるというのは、時間の経過と共に症状が悪化してきて、その程度ではすまされないと改めて判断したということもあるので理解できます。しかし、既に警察の方に被害届を出しているのにかかわらず、協会からの聞き取りには、暴行の話は聞いていない、階段で転んだと聞いている、というような答えをしているのは不思議ですよね。被害届を出しているんだから、当然暴行の事実を把握しているわけですよね。協会も警察からの問い合わせがあったので聞き取りをしているわけで、そこで違う話をしたとしても意味がないと思うのですよ。休業届けの2日後に診断書が提出されるのも、普通に考えたら不自然なことですしね。
 そうやって謎めいた行動をすることで何の得があるかということについて、次の理事長戦を想定してライバルである伊勢ヶ浜親方を追い落とすために事態を大きくしたかったとか、協会全体の体質改善を狙って事態を大きくして世間の目を向けさせたかったということを考えることはできます。ただ、貴乃花親方は変わった人です。今までも真意がよくわからない奇妙な行動をとることがありました。そういう人のやることだから、単純に政治的な判断で動いているとも断言できないとも思うのです。政治的な動きだとしても、よく意味がわからない行動が多いのです。
 色々な情報が飛び交い、暴行があったという事実以外はどれが正しい情報なのか全くわからず、和解にしろ司法に委ねるにしろ普通の決着がつけばいいだけの案件だと思うのに何かもやもやとしたものがまとわりついていて、それを含めて相撲の世界だなあという気がしてしまうのですが、やっぱり貴乃花親方が一番不思議なのでした。

(隔週金曜連載)

写真:貴乃花光司 撮影/Route246 Wikipediaより ※トリミング(CC-BY-SA 4.0)

______________________________

★鋭い視点が光るロマン優光最新刊!『SNSは権力に忠実なバカだらけ』(コア新書/コアマガジン刊)12/2発売決定。各ネット書店などでも予約受付中!
https://books.rakuten.co.jp/rb/15204083/

★書泉ブックタワー(秋葉原)で新書発売イベント決定!※要申込 https://www.shosen.co.jp/event/64837/

★ロマン優光のソロパンクユニット プンクボイの最新作CD「stakefinger」緊急発売! 発売元直販サイトでも販売中
https://hftg.thebase.in/items/8554633

★ロマン優光 出演映画「チョコレートデリンジャー」、今後の情報は以下のツイッターをフォローしてください★
https://twitter.com/choco_derri2017

★新書前作のご案内★
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/

★前々作は電子書籍でも発売中★
筆者の『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)は電子書籍で発売中!

★「実話BUNKAタブー」(毎月16日発売)で杉作J太狼XSと社会時評対談連載中!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6