エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



サブカルチャー

水原希子は悪くない:ロマン優光連載93

2017.09.22(金)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックスなら送料無料

Amazonでも発売中





ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第93回 水原希子は悪くない

 このたびの水原希子バッシング。本当にげんなりするとしか言いようがない。「日本人をCMに出せ」「日本人でない奴をCMに出すな」と言うなら、どう考えても日本人ではない国外のスターや在日外国人が出演しているCMなんていくらでもある。そういうCMに対してクレームが押し寄せているのか? 彼らが本当に言いたいのは、韓国系在日アメリカ人である彼女に対して「韓国人をCMに出すな」ということなのだろう。日本人ではないことを問題としているのではない、韓国の血を引く人間であることを問題にしているだけだ。
 そういうと、彼らはこう反論してくるかもしれない。「韓国人であるから問題なのではない、反日であるからだ。」と。では、具体的に彼女の何が反日なのか? 根拠として言われていたのが、彼女がかつて中国で炎上した際に謝罪動画で「日本人でないから許して」と言ったということだが、実際の動画の発言を検証した人によってデマであることが確定している。彼女が言っていたのは、自分のルーツとそれによる世界観の説明と、中国で問題視されていた行動への説明と謝罪でしかない。写真に写っている人物が自分でなければ、そう説明するのは当たり前だ。『中国の現代美術家・アイ・ウェイウェイ氏がインスタグラムにあげた「天安門広場で中指を立てる写真」にいいねをつけた』ことに対しては、中国の現体制を支持する人たちが怒るのはわかるが、そうでない人が怒るのは意味がわからない。韓国人嫌いの人の中に多く存在する中国嫌いの人なら賞賛してもいいだろう。その行為を彼女が謝罪していることに対して「弱腰だ。中国と戦え」と非難しているなら、まだわかるが、そういう論調なわけでもない。結局は言ってもないことを理由に攻撃しているだけだ。彼女は韓国人だから許されないという結論が先にあって、それを補完するような理由を探してまわり、その結論を維持するためなら、嘘でも信じるような、さもしい根性がうかがえるだけだ。
 デマであることが確定すると、日本人でないのに日本人であるかのような芸名を付けて得をしようとしているのが問題と言い出す人が出てくるわけだが、ある国で芸能活動をする以上、その国で受け入れられやすいように芸名を付けるのは彼女に限らず一般的な行為であるし、外国人でないのに外国人であるかのような芸名を使っている人だって逆にいるわけだ。日本人が海外で活動する際だって本名そのままではなく、現地に受け入れられやすい芸名を付けることだってある。それと何が違うのか。何が何でも彼女に否があるようにするために、ひねり出してきた話にしか思えない。彼女が韓国の血を引いてなかったら、問題とされない行為だろう。結論が先にあるだけだ。

牟田口廉也は卑劣でも日本人が卑劣なわけではない

『水原希子が本名でなくていいという人間に限って、匿名の人間に非難されると「卑怯だ、本名で言え」と言い出す。結局、あいつらの差別意識は好き嫌いでしかない。』という内容のツイートをTwitterで目撃してしまったが、本当にバカバカしい。その名前でタレントをやっていて、実在性や素性が明らかになっている、その言動に対する非難も賞賛も直接本人が浴び、社会的な責任を引き受けなければならない立場の人間と、ネット上で素性を隠して匿名で発言をして責任を負わない立場の人間が同じ立場であるわけがない。ネット上で素性を隠した上でハンドルネームを使って発言することが悪いわけではない。それ自体は問題ではない。こういう際に匿名であることが非難されるのは、匿名という壁に守られて安全圏にいるのをいいことに他者を直接攻撃したり、時にはデマやそれに基づいた極端な誹謗中傷を垂れ流したりすることの卑怯さ、無責任さについてなのだ。その人の立場が右でも左でも、そういう人物が匿名の陰に隠れる卑劣さ、無責任さは非難されるのは仕方がないのではないか。それは対象の好き嫌いの話ではないだろう。まあ、「匿名許さない」ということを言い出す人間の中には、ちゃんとした批判にそういうことを言い出すバカな人も左右関係なくいるわけだが、それが主流みたいに言うのは違う話だ。タレントだって調べなければ素性はわからないし、匿名の奴だって調べれば素性はわかるだろうが、その調べるということに関してかかる労力が明らかに大幅に違うわけで、常識で考えて一緒にできるわけがないだろう。くだんのツイートについては、こういう深刻な問題を題材に一捻りした気の利いたことを言ってふぁぼを稼ごうという気持ちが先行して適当なことを言ってるのが不快だし、本気で言ってたとしたら色々と考え直した方がいいと思う。
 中国という国や北朝鮮という国がやってることは腹立たしく許せないことが多いし、韓国という国の政策の中には不快に思うこともある。しかし、その国の国民や民族的にその血をひく人たちをそれと同一視して攻撃することは全然違う話だと思う。反差別に賛成の人間が北朝鮮を支持しているみたいなのは本当にバカバカしい話だ。私は日本政府の政策が原因で外国人から日本人であることを理由に不当に攻撃されたりするのはまっぴらごめんだし、牟田口がいくら卑劣な人間だったからといって、同じ日本人という理由で同一視されたくなんかはない。そんなバカな話があるか。だから、他人にもするべきではないと思っている。

(隔週金曜連載)※今週は杉作J太狼XS氏の連載と順序を変更してお届けしております。

写真:水原希子(イベントにて)編集部

______________________________

★ロマン優光 出演映画「チョコレートデリンジャー」、中部地区で上映決定!(刈谷日劇にて9月30日(土)〜10月6日(金)毎夜上映予定)今後の情報は以下のツイッターをフォローしてください★
https://twitter.com/choco_derri2017

★ロマン優光がサブカルの定義に鋭く斬り込む異色作★
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/

★前作は電子書籍でも発売中★
筆者の前作『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)が電子書籍化されました! 
◎電子版主要配信先リスト・リンク。ご購入はこちらから。http://mensbucchi.com/goods/20160722183146

★「実話BUNKAタブー」(毎月16日発売)で杉作J太狼XSと社会時評対談連載中!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6