エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



サブカルチャー

大矢さんと稔侍さんと室田さん:杉作J太狼XS「美しさ勉強講座」連載52

2017.06.30(金)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックス予約受付開始

Amazonも予約開始!





軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!
杉作J太狼XS先生の「男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座」

52時限目・大矢さんと稔侍さんと室田さん

 現代人はきらわれることを恐れすぎだと思う。

 現代人というのはいま生きているひとたちのことであるから俺もその中に入る。たぶん俺も恐れているのだ。野球解説の大矢さんも。

 大矢さんは先日、テレビのプロ野球ニュースの司会を担当した時、同じく司会を担当したアナウンサーの女性に対して、

「いい子になろうとするんじゃないよ!」

 ビシッと言った。言葉としては若干違うがニュアンスとしてはそうだった。よくぞ言ってくれたと俺はテレビの前で深く頷いていた。さすがは大矢さんだ。いまから35年ぐらい前。俺がお笑い芸人を志していたとき。コント芸人を志していたのであるがその相棒がヤクルトスワローズのファンだった。そして相棒が最も強く素晴らしい選手なんだよと言って俺にぶつけてくるのがキャッチャーの大矢さんだった。細かく覚えていることはなにひとつないが、大矢さんがどう素晴らしいかをその頃の俺は理解していなかった。俺は広島カープのファンだったのでヤクルトは敵。敵チームの選手に対して素晴らしいという視点を持てなかったのかもしれない。たぶんそうだ。若輩者であった。未熟者であった。いまの俺は絶対にそうではない。そうでないような人間になりたくて修業したのだと思う。そして誰かに言われたのか言われなかったのか、いい子であってはならないとも俺は思っており、その修業もしたのである。きらわれる勇気を持たねば鼻持ちならない人間になってしまうからだ。映画『チョコレートデリンジャー』の主演をしてくれた松本さゆきさん。出会ってすぐ俺は彼女に惚れ込み主演をしていただいたのであるがそのとき、出会って一度目か二度目、自己紹介のような場で彼女は言っていた。

「自分を大きく見せようとする人間が大嫌いだ」と。

 いる。虎の威を借る野郎たちだ。男にも女にもいる。有名人や大物に弱い野郎たちだ。そんな野郎たちを俺も大嫌いだったので松本さゆきさんとは気が合いそうだと思うと同時に、俺たちにすこしでもそんなところがあったらたいへんなことになってしまうので倉田真琴、住倉博之、ギンティ小林たちスタッフにビシッと確認とったことを昨日のようにではないね、大昔のこととして覚えている。ほかのことはかなり忘れているので重大なことだったのである。

 ま、そもそも昔から俺は映画でも主役より脇役が好きであった。室田日出男と小林稔侍がとくに好きであった。名前もないような役をするときの小林稔侍がとくに好きだった。脇役だからいいやつでもなければみんなから好かれるような役でもない。どうでもいい人間を演じる稔侍さんが大好きだった。俺もそうなりたいと思った。中学生の頃の話だ。物語の最初から最後まで出ずっぱりだったりしない。大きく映りもしない。画面の端ではりきっている稔侍さんのようになりたかった。男として俺が目指した星座。それが脇役の室田日出男、小林稔侍、その気持ちとポジションであった。

 その後。何十年かして俺はめでたくマスコミ、芸能の世界の脇役になった。書いてる雑誌でも脇役、出演する番組でも脇役、映画でも脇役。それもかなり脇のほう。そしてある日、自分とはなんの関係もない、出演してもいなければスタッフとして関わってもいない映画の製作発表、その司会進行の仕事が来た。出演者の中に室田さんがいた。生まれて初めて、目の前に室田日出男がいた。四国松山の映画館。東映グランド。実録やくざ映画に震えつつもこころ躍らせていた中学生の俺。その俺が目指した男の星座がそのとき、目の前にいた。

(この項、つづく)

<隔週金曜連載>

撮影場所◎よるのひるね

杉作J太狼XS監督作品 映画「チョコレートデリンジャー」twitterアカウント
https://twitter.com/choco_derri2017


お知らせ
杉作先生のLINEスタンプが発売中です。なんと、キャラクターが動くのです。これは衝撃!

「動く!杉作J太郎のあなたに捧げるスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1293340

動かないほうがいいという方はこちら。
「杉作J太郎の あなたの笑顔が見たいスタンプ」
https://store.line.me/stickershop/product/1295630

【杉作J太狼XS:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろうXS
漫画家。愛媛県松山市出身。自身が局長を務める男の墓場プロダクション発行のメルマガ、現代芸術マガジンは週2回更新中。著書に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』など。

おすすめ本:不良番長 浪漫アルバム(徳間書店)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14632710/

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(残侠風雲編)@ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13832873/

連載バックナンバーはこちら→
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160323181300(コピペして検索窓に)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6