エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC画面切替はこちら



サブカルチャー

百田尚樹『今こそ、韓国に謝ろう』よんでみた:ロマン優光連載86

2017.06.23(金)



★当サイトから新書化!8/3発売(予約可)

元アイドルのAVギャル瀬名あゆむ、アイドルプロデューサーになる (コア新書)




ロマン優光のさよなら、くまさん

連載第86回 百田尚樹『今こそ、韓国に謝ろう』よんでみた

 いやー、すごい本です。百田さんという人がいかに偉大な方かということを思い知らされました。
 タイトルから察せられるように、嫌韓的な内容をいやみっぽい文章で逆説的に記している本です。まあ、それだけです。特に目新しい論考とか視点があるわけでもないです。タイトルなどから、ユーモア感を出していこうという狙いはうかがえるのですが、特に面白い文章というわけでもありません。出来映えとしては、この手のものとしては平均以下かもしれませんね。しかし、それゆえに百田さんの偉大さが証明されているのです。
 ネットにいくらでも転がっているような内容、ようするにタダでいくらでも読めるような内容を、文章の面白さによる付加価値を特に付けることないまま、書籍として出版し、販売することができるというのは、百田さんの偉大さがあって初めて可能になることでしょう。無名のネトウヨがこれと寸分違わぬ内容の原稿を書いたとしても出版することはできないでしょう。出版社から原稿を突き返されるかもしれません。大ベストセラー作家である偉大な百田さんだから、このような内容でも出版できるのです。Twitter上でネトウヨ論客と見なされているような有名アカウントの中には百田さんよりも出来の良いヘイト本を書けそうな(そんなもの書かれても嫌ですけど)人もいますが、大作家である百田さんの威光の前では出来の良し悪しなどたいした問題ではないのです。こんな内容の本でも出版できる百田さんの偉大さに本当にビックリしました。
 とはいえ、商売でやっているのではなく、本気で信じているビリーバーゆえの真っ直ぐな力強さは随所から感じられ、唖然とした気持ちにさせられます。まあ、『殉愛』騒動からもうかがえるように、一度信じたらてこでも動かないような一本気な方なんでしょうね。韓国で何か問題があると「日本人はそんなことをしない」と言ったり、日本で何か事件があると「日本人はそんなことはしない。だから在日朝鮮人の仕業だろう」というような内容のことをおっしゃりがちですが、侮蔑ではなく本気で信じてらっしゃるんだと思います。ピュアな人柄です。まあ、「日本人はそんなことしない」なんてことはなくて、日本人もやるんですよ。日本人だろうが、韓国人だろうが、他のどの国の人間だろうが、どんな民族だろうが、やる人はやるんです。それが人間です。無謬な民族なんていないのです。
 各章の内容については特に触れる気はないのですが、一つだけ。『大朝鮮帝国史』の内容について歴史的にデタラメであると触れているのですが、この本って『桓檀古記』という偽書を元にして書かれた漫画ですよね。日本にも戦前に発表された『竹内文書』という日本起源説をとなえてるような偽書がありますよね。未だに『竹内文書』をはじめとする偽書を取り上げて、その内容は真実であるとするような本は多く出版されており、その内容を信じてる人もいるわけですが、たいていの人はデタラメだと感じると思うのですよ。『大朝鮮帝国史』もそんな感じのもんなのでは。それを真面目に論考していたらバカみたいに見えてしまわないか心配になりました。
 ウリジナルとかいう侮蔑的なネットスラングを使っているのも、本気で真面目に論考してるのであればそんな言葉を使うべきではないと思いました。それをやったら、結局なんだかんだいっても差別してるだけだろうと思われちゃいますよね。私はゲスな人間なので思わずそう勘ぐってしまいました。ゲスの勘ぐりはよくない!
 百田さんはあとがきで「それは戦後、一部(あくまで一部ということにしておきましょう)の朝鮮人たちが半島にいた日本人に対して行った鬼畜の如き所行です。」という一文を書いておられます。( )内の部分を書いたら、全朝鮮人が鬼畜の如き所行を行ったことになってしまうのではないでしょうか。百田さんのような大作家が文書の構造でミスをするとは思えないので、そう考えておられるのでしょうね。最初から悪意丸出しで正直にヘイト丸出しにしとけば、字数が減って楽だったのでは?
 あと、具合が悪くなりそうな下品で差別的なイラストが多数掲載されていて、本文よりも印象が強く残ります。どれくらい具合が悪くなりそうかというと描いた人の名前とか思いだせないくらいです。本能が身の危険を感じて記憶を消去してしまったのでしょうか。

(隔週金曜連載)

紹介書籍:「今こそ、韓国に謝ろう」/百田尚樹(飛鳥新社)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14946507/

______________________________

★ロマン優光 出演映画「チョコレートデリンジャー」の今後の情報は、以下のツイッターをフォローしてください★
https://twitter.com/choco_derri2017

★ロマン優光がサブカルの定義に鋭く斬り込む異色作★
『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』/ロマン優光(コア新書/コアマガジン)
http://books.rakuten.co.jp/rb/14537396/

★前作は電子書籍でも発売中★
筆者の前作『日本人の99.9%はバカ』(コア新書/コアマガジン刊)が電子書籍化されました! 
◎電子版主要配信先リスト・リンク。ご購入はこちらから。http://mensbucchi.com/goods/20160722183146

★「実話BUNKAタブー」(毎月16日発売)で杉作J太狼XSと社会時評対談連載中!

【ロマン優光:プロフィール】
ろまんゆうこう…ロマンポルシェ。のディレイ担当。「プンクボイ」名義で、ハードコア活動も行っており、『蠅の王、ソドムの市、その他全て』(Less Than TV)が絶賛発売中。代表的な著書として、『日本人の99.9%はバカ』『間違ったサブカルで「マウンティング」してくるすべてのクズどもに』(コアマガジン刊)『音楽家残酷物語』(ひよこ書房刊)などがある。現在は、里咲りさに夢中とのこと。

おすすめCD:『蠅の王、ソドムの市、その他全て』/PUNKUBOI(Less Than TV)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13292302/

連載バックナンバーはこちら
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160322204147 (コピペして検索窓に)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6