エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC画面切替はこちら



曲数2500万曲以上 音楽をLINEしよう
 

PR 人が正しい素晴らしい美しいのが自明だと思ってるモノに対してケチをつける雑誌とは?(送料無料)

PR ASKAの見た悪夢とは? 700番の副読本として最適。あの「石丸元章」の最新刊(Amazon)。




サブカルチャー

PCゲーム市場が盛り返す? DLsiteがネット上でのレンタル事業を開始

2017.04.20(木)

週末だけひきこもってゲームするならレンタルでという提案

 パソコンゲーム(PCゲーム)といえば80年代後半から90年代のパソコンブーム時代を中心に、かつてはかなり盛り上がった文化。特に大人向けのゲームには秀作も多く、いまもダウンロード販売で地味に需要はあるのだが、売り切りがメインだったため、やっぱり販売価格帯がネックとなっているという声も否めない。

 そんな中、2017年4月20日、ゲームや電子書籍・同人のダウンロード販売大手サイトのDLsite.com(運営/エイシス)がPCゲームレンタル事業「DLsiteレンタル」を開始した。

 メリットとしては多くのゲームがレンタル3日間程度500円(税抜)からの廉価な価格帯なので、週末まるまる遊ぶには十分。かつてのゲームの値段と比較すればメリットは明白。返却不要で期限が来ると自動的にレンタル終了するが、さらに再度遊びたい場合などは再レンタルor通常版のダウンロード購入(レンタル中ならレンタル金額分を割引)という選択肢もある。

 さらに同年5月9日からは全国のレンタルショップ「ゲオ」140店舗店頭においても「DLsiteレンタル」をダウンロードカードとして販売していく(開始は順次/実施店舗は改めて開始時公開とのこと)。

 これによって「週末だけゲームしたい」など多様になっているライフスタイルに応えていくとのこと。新たな選択肢ができることで、PCゲームの世界にも光明が見えるかもしれない。

(文・ブッチNEWS編集部I)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

おすすめ「愛と革新。」

Powered by Vivvo CMS v4.6