エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC画面切替はこちら



サブカルチャー

先生より自己紹介:杉作J太郎「美しさ勉強講座」連載1

2015.07.17(金)



軟弱な男たちの姿に見かねて、あの先生が立ち上がった!

杉作J太郎先生の「男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座」

1時限目・先生より自己紹介

 はい、どうも、みなさん初めまして。僕がみなさんの先生になります杉作J太郎といいます。
 ま、もちろんペンネームでありますというか本名ではありませんが。本名というのも親がつけた名前ですから、僕がつけたわけではないから、それが本当の名前かどうかっていったら、ま、本当の名前でしょうね。親が産んだんだから。
 僕の本名は杉作J太郎とは別にあるわけですけど、物の本当の名前というのは生まれたときのままではないと思うね。
 生まれたときはみんなそれぞれいろんな部分があったとしても、それからいろんな経験を経たり、いろいろなことを学習したり。だいたい語学がそうだから。
 アメリカのど真ん中で生まれたら英語が喋れる。人間がね。で、日本のど真ん中で生まれたから日本語喋ってる。
 これ大阪で生まれたら。『大阪で生まれた女』って知ってるかな? みんなは。
『大阪で生まれた女』。非常階段のシルクさんとかハイヒールモモコさんとか京唄子さんのことじゃないかな。大阪で生まれた女っていうのは。それとか最近だとイケてるところでいうと大西ユカリさんですか。『大阪で生まれた女』っていうのがいるわけですけど。
 逆に『大阪で生まれた男』っていうのもいるわけだ、これね。竹内義和さんみたいなひと。あれが『大阪で生まれた男』っていうことだと思いますけど。
 ま、大阪で生まれると大阪弁になる。で、新潟で生まれると新潟で生まれた女。北海道で生まれたら北海道で生まれた女。そして北海道で生まれた掟ポルシェ。
 そういうふうなね、いろいろあるわけで。で、博多で生まれた篠田麻里子。そして北九州市で高倉健と高城亜樹、ま、いいです。
 いろんなひとがね、いるわけですけども。やはりね、生まれたときはみんなそれぞれ空っぽなんだけど、いろいろなことを取り入れて学習して今日の自分になってるわけで。
 日本語を喋る私。英語を喋っているマイケル・ジャクソンの妹。そしてフランス語を喋っている、えー、誰かいるよ、きっと。そしていろんな言葉を喋り、そしてそれぞれの土地の食べ物を食べ、そして身近なことはみんなもよく知ってる。
 あそこの坂を下りて右に曲がるとたばこ屋がある。とかね。それもやっぱり学習したわけですよ。生まれてから。
 だから日々の学習のなかで得たことによってみんなそれぞれ今日のそれぞれの個人差があるわけです。
 だから大阪で生まれた吉村智樹さんとね、東京で生まれた僕だと、やっぱ詳しい場所とかもそれは違う。あ、東京で生まれてないよ、俺は!
 俺は四国だよ。俺は四国なんだけど。だからこういうことなんだね。四国に生まれて育った僕の仲間とか僕の友達もいたけど、たぶん僕はもう18歳から東京にいるから。
 やっぱりね、若干、変わってきてるはずなんだよ、それは。だから住んでるところ、生まれたところ、あと日々で暮らしてるもので取り入れたもの。
 たとえばTBSテレビばっかり見てる。「うちはTBSで固定だよ」とか。「うちはNHKしか観ません」とか。あと世のなかには「うちはラジオしか聴きません」とか。「うちはNHKしか聴きません」とか。うちは米軍放送、FENですか? そういうのしか聴かないなんてひとも世の中にはいるかもしれない。
 僕の知り合いでいますね。たしかに生まれてから親が外国の歌しか家でかけてなかったなんて。外国人にしかもう興味がなくなってしまったようなひともいますけど。
 ま、そういう感じでね、ひとはそれぞれが学んだこと、聴いたこと、取り入れたことで今日の自分のなってるわけで。
 たとえばいまの自分が好きになれないというひとがいると思うんです、僕は。そういうひとはね、もちろん、過去に自分の身に降りかかったこととか出来事によって自分が腐ってる部分があるかもしれませんが、取り入れていくものでいくらでも人間は変わっていける。

 この授業ではね、これからみんなにあるひとつのテーマをもとに僕は授業をしていきたいと思います。
 で、そのひとつのテーマというのは、みんなそれぞれね、僕がたとえば野球でね、ホームランの打ちかたとか僕が教えれるわけない。あとカーブの投げかたとかね。
 僕が教えれるただひとつのことがあります。それは「美しく生きていく生きかた」。
 次回からこの「美しく生きていく生きかた」を、みなさんとお勉強していきましょう。

【杉作J太郎:プロフィール】
すぎさく・じぇいたろう  
漫画家。愛媛県松山市出身。AKB48で一番好きなメンバーは高城亜樹。ガンダムで一番好きなシリーズは『機動戦士ガンダムSEED』。同じ連載陣のロマン優光は、出身中学である愛光学園の後輩にあたる。代表作に『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『Jさん&豪さんの世相を斬る!』など。

おすすめ本:宇宙刑事ダイナミックガイドブック(杉作J太郎・編)(徳間書店ハイパームック)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13082203/

おすすめ本:Jさん&豪さんの世相を斬る!(青春愛欲編) @ロフトプラスワン(ロフトブックス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13065081/

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://bit.ly/1I89oum(コピペして検索窓に)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6