エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



3月4日発売 発売中! 売れてます。


サブカルチャー

YouTuberデビュー、そしてまた逢う日まで。:54歳カリスマ童貞・山口明のモテ連載 最終回

2015.07.09(木)


54歳のカリスマ童貞・山口明だから分かる新しいモテ論

童貞モテ革命

連載第70回 YouTuberデビュー、そしてまた逢う日まで。

今さらYouTuberデビューしました!

 本日も童貞なり。
 新人YouTuberの山口明です!! いや〜、遂にYouTuber童貞を切らせていただきました。「アナーキー・イン・ザ・駄菓子」といって、ゲストを招いて駄菓子を食べながらフリー・トークする、という動画なんですけど、予告はアップされているのになぜか本編がなかなかアップされないんですよ〜。って完全に他人事みたいですけど、作ってくれる人が本当に忙しいみたいなんですよ。でもこのコラムが配信されている頃にはアップされてるんじゃないかと思います。でも本当…大丈夫かな!?  そして何ともうひとつ、「明の部屋」というYouTubeもあるんですが、こちらはもうアップされているので、皆さん観てくださいよ〜!! こちらは何か宣伝や告知をしたい人に出演していただいて、世の中に自分を思いっきりアピールしてもらおう、という素晴らしすぎるコンセプトになっております。出演したい方を絶賛募集中です。

世界で一番やる気のないYouTube?

 ところで、前回って「今、やる気なさそうにしてる方がモテる」という内容だったんですけど、オレのYouTubeがまさにそうみたいで、観た人から「山口さんって本当に人の話に興味がないんですね」とか「あんなにやる気のないYouTubeって珍しいですよ」なんて言われるんですけど、オレ自身は全力投球でやってるつもりなんですけどね。ヤバイな〜。
「山口さん、いつもの喫茶店トークじゃないですか」とか言われてもね…自分で観てて思ったんですけど、オレっていつもこんなに心のない会話をしてるんですかね? たまにお茶してる時、何か不快感を露わにする人がいるんですけど、なるほどここまで心ない態度だとそうもなりますよね。いつもオレとお茶してくれている皆さんにこの場を借りてお詫び申し上げます。でもまた懲りずにオレとお茶してくださいね。
 そんな世界で一番やる気の無いYouTube「アナーキー・イン・ザ・駄菓子」と「明の部屋」を、皆さんどうぞ宜しくお願いします!! やる気満々で過剰な面白い自分アピールなYouTubeが氾濫するなか、不思議な存在感を放っているのではないでしょうか!?
 しかし今回のはモテの話と全然関係ないじゃん、と思っているそこのアナタ…そうなんですよ、実は今回でこの連載って終わりなんですよ。最終回なんで自分の告知を思う存分やらせていただきました!

遂に最終回!! 皆さん本当にありがとうございました!!

 しかし最終回って寂しいもんですよね。って、もしかして寂しいのはオレだけですか!? いやいや、皆さんも寂しがってくださいよ! 担当してくれたクリ暴と毎週読んでくれた皆さん、本当にありがとうございました。実はオレって文章を書いたのは、この連載が初めてだったんですよ。ですからオレの新しい表現の世界を広げてくれた「ブッチNEWS」にも、本当に感謝しております。
 とりあえず「童貞モテ革命」は終わりますが、「Nブロ」というサイトで「カリスマ童貞山口明のセクシートレンド予想」(毎週土曜日に配信)というコラム連載もやってますし、YouTubeの「アナーキー・イン・ザ・駄菓子」に合わせてブログも始めましたので、こちらもチェックしてみてくださいね。そしてまたどこかでお会いしましょう。
 ではでは、また逢う日まで!

※「カリスマ童貞のセクシートレンド予想」が読める「Nブロ」はこちら
http://www.e-nls.com/blog/

※54歳プロ童貞デザイナー山口明の「アナーキー・イン・ザ・駄菓子」はこちら
http://yamaguchiakira-anarchyinthedagashi.blog.jp/

【山口明(やまぐちあきら)…54歳カリスマ童貞デザイナー】
尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」ってオレが小学生だった1971年に100万枚近く売り上げて、レコード大賞と日本歌謡大賞の二冠に輝いた大ヒット曲なんですけど、この曲って実は前年にズー・ニー・ヴーがリリースした「ひとりの悲しみ」という曲の詞とタイトルを変えた作品だったって、皆さん知ってました? しかしもっと驚くのは、もともと筒美京平さんがエアコンのCMソングとして書かれたもので、CMソングとしては採用されなかったという経緯があったんですよ。ですから何と3度目にして大役を果たした曲なんですね。本当に日本の歌謡曲の歴史に残る大名曲ですよ!! いや〜本当に最後になっちゃいましたね、See You Again また逢う日まで。

山口明のFacebook(代理)とTwitter(代理)はこちら
https://www.facebook.com/prodoutei
https://twitter.com/53sai_doutei

54歳童貞の御用達! 行きつけのショップは「ラブメルシー」で検索!

連載バックナンバー(最新10件)はこちら
http://goo.gl/zrVX5j (コピペして検索窓に) 

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6