エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



3月4日発売 発売中! 売れてます。


サブカルチャー

古田敦也さんと中井美穂さんに漫才:枡野浩一連載32

2015.06.05(金)


枡野浩一の「今夜も仲なおり」

第32回「古田敦也さんと中井美穂さんに漫才」

 ヤクルトの古田敦也さんが殿堂入りしました。先日それを祝う小さなパーティがあり、トリオ「詩人歌人と植田マコト」は野球にちなんだ漫才を披露しました。相方の詩人は古田さんにではなく、奥様の中井美穂さんにサインをもらっていました。「初恋の人に似ているんです」と。ああ恥知らずの相方。トリオの中で野球が好きな王道男子は植田マコトさんだけで、詩人も歌人も二人きりだと野球の話をしたことがありません。植田さんとトリオを組んだばかりのころ喫茶店で突然「二人とも野球とか興味ないでしょ?」と言われたことを思いだします。ごめんなさい。でも古田さんのお名前くらいは知ってました。あとイチローとバースの名前も知っています。
 そんな私がどうしてそのような晴れがましい場に混ぜていただいたかというと、中井美穂さんが演劇を愛していてFUKAIPRODUCE羽衣という劇団の舞台をよく観てくださっていて、私がFUKAIPRODUCE羽衣の舞台に何回か出演させていただいているからなのでした。古田さんも『よるべナイター』という作品に野球選手役で特別出演しています。ホームランを打つ姿がさまになっていて「本物のプロ野球選手みたい!」と思いました。本物なのですが。
 なおFUKAIPRODUCE羽衣はミュージカルをやる劇団なのです。その振付は木皮成という若い振付家が担当しており、彼は私と「ゾロメガネン」というお笑い芸人コンビを組んでいて、まだ解散はしていません。詩人歌人は私にとって二つめのコンビであり、それに植田マコトさんが加わってトリオになりました。パーティには「ダンサー」こと木皮成も駆けつけ、騒がしくもたのしい一夜になりました。

 今年に入ってから、トリオでたくさんのライブ(http://u999u.info/lxDs)に出演してきましたが、ステージで毎回「日本を代表する歌人」であることを強調している私が、本を書く仕事に集中できない状態が続いていて、今週は私が体調をくずしてお休みをいただいています(http://u999u.info/lxDy)。まあ今年の秋で47歳ですからね。今後の活動方針を変える必要があることはもうわかっていて、決断を先のばしにしておりました。近いうちに改めてご報告します。なりゆき次第では、この連載も近いうちに最終回をむかえるか、リニューアルをするか、決断がせまられているのかもしれません。これまでのおつきあいに深謝します。

【短歌】
しめきりに追われるような毎日は
いつかの僕が夢みた暮らし (枡野浩一)

【枡野浩一:プロフィール】
ますの・こういち
歌人。2013年春、まさかの芸人宣言。2013年秋、詩人の本田まさゆきと、お笑い芸人コンビ「詩人歌人」を結成。2014年秋、事務所SMA(ソニー・ミュージックアーティスツ)の先輩芸人・植田マコト(元「うえはまだ」ツッコミ)をむかえ、トリオ「詩人歌人と植田マコト」を結成。

【オススメ書籍】かんたん短歌の作り方(ちくま文庫)
http://books.rakuten.co.jp/rb/12794379/
枡野さんの、よくわかる短歌入門書。 絶賛発売中!

連載バックナンバー(最新10件)はこちら
http://u999u.info/lxLY
※URLがリンクしないサイトでごらんの場合、ブラウザのURL欄にURLをコピペしてください。

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6