エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



新書発売中! 売れてます。


サブカルチャー

「結婚したいと思う男性芸能人」たちの結婚報道に思う:ドラァグクイーン”エスムラルダ連載26

2014.11.27(木)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第26回:「結婚したいと思う男性芸能人」たちの結婚報道に思う

 西島秀俊に向井理、「結婚したいと思う男性芸能人」1位と2位(だったの?)の結婚報道が相次いだ先週。「ショックを受けた」という女性ファンが、かなりいたみたいね。

 そして、そういう女性たちに「いやいや、いずれにしろ、西島も向井も、アンタのものにはならんだろ」とツッコミを入れた男性たちもやっぱりたくさんいたみたいだけど、それは野暮というもの。手に届こうが届くまいが、「好きな相手が『誰かのもの』か『誰のものでもない』か」って、やっぱり大きいのよ! てか、そういうツッコミを入れた男性たちの多くも、好きな女性アイドルの熱愛報道が出たりすれば、きっとそのアイドルへの興味を失うはず。

 ちなみに、オカマたち(アタシ含む)は割と、自分が好きな男性タレントに対し「きっとゲイに違いない」という勝手な妄想を抱きがち。なので、女性との熱愛報道や結婚報道が出ると「ゲイじゃなかった……」「他人のものになっちゃった……」と二重にショックを受けるのよね。もっとも、それでもしつこく「カモフラージュ結婚に違いない!」と希望を持ち続ける人もいるけど。オカマって、難儀なんだかたくましいんだか……。
 西島くんに関しても、ドラマ『あすなろ白書』(フジ)や『大奥』(フジ)で「男好き」な役を演じたこともあり、根強い「ゲイ疑惑」(というか、「ゲイであってほしい願望」?)があったので、やはりショックを受けたオカマは少なからずいたんじゃないかしら。

 なおアタシは、今回の報道を聞いても、「ああ、そうなんだ」と思った程度。もちろん西島くんや向井くんの顔は好きだけど、青田買い体質のアタシにとって、西島くん萌えのピークは22年前、向井くん萌えのピークは8年前にすでに終わっているの……(死ぬほど一方的な言いぐさ)。
 しかも西島くんの結婚の条件は「仕事のわがままは許す」「“いつも一緒”を求めない」「メール返信がなくてもOK」「1か月半会話なしでも我慢する」らしいし(あくまでも女性誌情報)、向井くんもちょっと冷たそうな目をしてるじゃない?(あくまでもアタシの勝手な印象) どんなに顔や身体が美しくても、1か月半会話がなかったり、四六時中相手の顔色うかがわなきゃいけなかったりするのはキツいわ……。って、書きながらだんだん腹立ってきた。イケメンだからって、なんでもかんでも許されると思ってんじゃねーよ! ブスなめんな!

 そんなアタシが、今一番萌えていて、同時に危うさも感じているのが、福士蒼汰。ドラマ「きょうは会社休みます」を観るたびに悩殺されるし(壁ドンしたり、裸で恋人にもたれかかって「髪乾かしてー」と甘えたり、あの役どころはズルすぎる……)、バラエティなんかで「素」?の部分を見るたびに「家族思いのええ子やん!」と思うんだけど……。西島くんや向井くん同様、福士くんもルックス含め、ちょっと恵まれすぎている部分があるので、人気が出れば出るほど、イケメン特有の身勝手さや冷たさが発動しそうで怖いのよね。ってアタシ、福士くんの知り合いですらないのに、何を勝手に心配してるんだか。

 というわけで、西島くんと向井くんはお幸せに! マイペースもいいけど、相手のことも大事にしてあげてね……。そして福士くんは、どんなに人気者になっても、冷たい男にならないで……!

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。
twitter:@esmralda001

連載バックナンバー(最新10件)はこちら 
http://urx.nu/eB6Z  (コピペして検索窓に)

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6