エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



3月4日発売 発売中! 売れてます。


社会・経済

ワタミのブラック体質が日本に与えた影響を検証

2019.07.03(水)


中村淳彦はなぜこの本を執筆したのか


 この夏の参院選に不出馬を表明した渡辺美樹は、「6年間の自分への評価は0点」だと言ったが、自己採点が甘すぎるのではないか。渡辺美樹は日本をマイナスのブラック社会に陥れた張本人だからだ。女性従業員を新卒後わずか2ヶ月で過労による自殺に追い込んだワタミ・渡邉美樹の経営理念とは何か。中村淳彦が書籍紙面で検証する。


 本書はブラック企業という社会を蝕む地獄を生みだしたワタミ株式会社の創業者であり、現参議院議員である〝渡邉美樹〟を検証する本である。
 ブラック企業は労働法を無視して、長時間労働、過大なノルマ、責任逃れ、パワハラ、セクハラ、従業員の使い捨てなどが常態化する企業である。今日も長時間労働や過重なストレスが原因となって被雇用者に精神的に壊れる者や健康被害が続出している。
 私はブラック企業が最盛期だった2008年から数年間、介護事業にかかわって自分自身が長時間労働に邁進し、周囲にいた従業員を巻き込んで自らの経営する介護施設をブラック化させた経験がある。まだブラック企業問題が表面化していなかった時代であり、無意識にそのような状態に陥り、そのおそろしさに気づいたのは自分自身や家族が壊れてからである。
 ブラックまみれの介護事業からは一刻も早く逃げたかったが、経営者なので逃げることはできなかった。私は低賃金、長時間労働が蔓延する介護業界を注意深く観察して、どうしてこのような悲劇が起こるのかを検証した。その大きな原因に、介護を代表とした労働集約型産業において違法労働による浮いた利益を価格ダンピングするデフレ、業界団体のトップや経営者による理念の叩き込み、ベンチャー経営者の執拗なセルフブランディング、美辞麗句によって現実に目を向けさせないマネジメントが存在した。
 業界や社会の救世主として飾り立てられている笑顔の経営者、そして社内や現場の末端には夢、やりがい、職員の幸福、熱い情熱、スイッチオン、想い、志、同志など、美辞麗句が流通している。経営者が全面に前にでて社内の末端がブラック化している法人を観察すると、大抵が労働集約型ベンチャーのカリスマ的存在である渡邉美樹にたどりつく。

 渡邉美樹の手口は言葉によって被雇用者を洗脳し、自らの利益に誘導する徹底した〝理念経営〟である。若者を中心とした働く者たちに自己実現を煽り、強迫する組織を作り、壊れるまで過剰に働かせて最終的には喰う。トップである渡邉美樹は莫大な資産を築き、憧れて同じ方法をとる経営者たちが続出している。
 我々はブラック企業に殺されないために、渡邉美樹の手口を知り尽くさなければならないのだ。
 まさに、生きるための〝検証〟。それが本書の目的だ。


以上は、『ワタミ・渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』の「はじめに」です。
『ワタミ・渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』現在、電子書籍版が各販売サイトで販売中です。詳細は文末のリンク先をごらんください。


《概要》
日本にブラックを蔓延させた渡邉美樹とは何者か!? 現代社会を生きるための自衛の書

ブラック企業の代名詞となったワタミ株式会社の創業者・渡邉美樹。
彼がワタミで作り上げた経営理念とは、「夢」「やりがい」「仲間」などという綺麗な言葉で労働者を洗脳し、骨の髄までコキ使う。
そんな地獄の労働システムだった。
本書はそんな理念経営が、ワタミの事業拡大とともに外食産業のみならず、介護界、教育界に伝搬、それぞれをブラック化させていく様を紹介。
国会議員にまでなりおおせた渡邉美樹という存在について検証する。

コア新書『ワタミ・渡邉美樹 日本を崩壊させるブラックモンスター』は現在、電子書籍販売サイトで販売中です。詳細はこちら
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_008.html

楽天KOBOはこちら
https://books.rakuten.co.jp/rk/25f69e8c909f3e31b16e03e035266313/

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6