エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



3月4日発売 発売中! 売れてます。



社会・経済

早稲田大学卒が加計学園グループの千葉科学大を受験してみた【前編】

2019.03.04(月)


(この記事は『実話BUNKA超タブーvol.31』に掲載したものをウェブ用に再構成したものです。『実話BUNKA超タブーvol.31』は各電子書籍販売サイトにて販売中です。)

これが安倍総理の「おともだち」が運営するFラン大学の実態だ

 昨年大きな話題になった「加計学園問題」。
 同学園経営の岡山理科大学・獣医学部の新設をめぐり官邸から不適切な関与があったのでは、という疑惑が報道。調査はされないまま、理事長の加計孝太郎が安倍総理の「おともだち」であることが判明したこともあり、内閣支持率は急落し国政が混乱した、というのが大体の経緯です。
 教育レベルが高いならまだしも、同学園の大学はどれも偏差値40以下、倍率1倍以下の、いわゆる「Fラン」ばかり。門戸が広いのはいいのですが、広すぎて社会に良い影響を与えていないのではないかという疑念すら抱いてしまいます。
 疑問なのは、このランクの大学にも毎年一定数が、わざわざ受験して入学するということ。そもそも倍率1倍以下って、誰でも合格できるってこと? その実態を確認するべく私、早稲田大学卒業(もちろん一般入試で現役合格)の私、編集部員カイーダが実際に受験してみることにします。加計学園にオーバースペックですが、受験からもう8年。ブランクを埋めようにも仕事をしながらでは、勉強に励むことは不可能。また同学園系列の大学は理系学部ばかり。当然入試では理系科目が重要ですが、私は文系。当時受けたセンター試験では国語と英語が9割超えの一方、数学は5割ほどの有様。Fランと言えど、理系大学なのですから、簡単に合格できるとは思いませんが、果たして……。

出願の時点でFランの匂いが

 今回受験するのは千葉県銚子市の千葉科学大学。加計学園唯一の関東の大学で、以前オープンキャンパスに参加しています(『実話BUNKA超タブーvol.25』掲載)。海沿いの構内にヤシが生える能天気な雰囲気の大学で、低偏差値&定員割れなうえ、銚子市から多額の補助金を受け、市の財政を圧迫していたりと、問題山積みです。
 学部は「危機管理学部」に。同大の看板学部で、「安全で平和な社会を実現するトータルコーディネーターを育成する」のが目標。何を学ぶ学部なのかわかりづらいのが、いかにもFランって感じですね。
 願書を取り寄せると、推薦やAOといった学力試験ナシの受験方式が充実。学生のレベルは問わず、金のため人数が欲しい一部私大にはありがちな傾向です。私も無試験で合格させてもらえません? 早稲田卒だから地頭はいいですよ。
 数ある中から、一般(前期)A方式での受験を決定。3科目型の方式で、高得点の場合は特待生として学費が免除だそうですが、受かるかどうかも分からない自分には無関係。ただ危機管理学部に関しては3科目中、高得点の2科目で合否が決定。また大学名に「科学」とあるのに、「国語」と「英語」の文系科目のみでの受験も可。大学としてそれはありなのかと思いつつ、これは朗報! 合格はともかく、全く問題が解けないという事態は避けられそう。
 早速、願書を記入。卒業校に反射的に「早稲田大学」と書いたのですが、高校名じゃないとダメだったので書き直しました。受験会場は「東京」を選択。仙台や福岡といった遠隔地にも会場がありますが、受験者はどのくらいいるの? 願書の他に必要な調査書は出身高校に連絡し発行する必要が。ちなみに私の出身は、一流進学校。恥ずかしいのをこらえて調査書発行依頼を送付。すると数日後、当時の担任から電話がありました。 
担任「どこ受けるの?」
私「千葉の大学を……」
担任「何? 千葉大?」
私「いや、千葉科学大」
担任「千葉科学大……? (パソコンで検索する音)えっ!? どういうこと?」
私「そのー、文学部卒はビミョーかなぁと」
担任「はぁ? それはないだろ。相談してよ!」
 と、真面目なトーンで受験をやめるように説得が。どうやら千葉科学大は進学校の教師からすれば、そうさせる存在のようです。
 ともあれ調査書をゲットし、検定料を納入。料金は3万5,000円と、一流私大なみ。
 全く歯が立たないと「早稲田卒」のプライドが傷つくので、赤本だけでも見ようと書店を探すと、全く見当たりません。通販で見ると、2年分で3,000円。「合格したい」より「勿体ない」が勝ったので、購入せず本番に挑みます。

(後編につづく)

後編はごらんのサイトか、あるいはこちらで
→ http://bucchinews.com/society/6426.html

※リンクしないサイトでごらんの場合は、URLをブラウザにコピー・ペーストしてください。

(文・カイーダ)

【カイーダ:プロフィール】早稲田大学卒、26歳の実話BUNKA超タブー編集部員。大学受験では現役で早稲田大学・慶応義塾大学など数々の有名大学に合格。

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6