エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



社会・経済

高齢者犯罪が増加中。まさかの「老人ストーカー」があなたの身近にも?

2013.10.21(月)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックス予約受付開始

Amazonも予約開始!





日本の高齢化は想像を超えるスピードで進んでいる!  

 日本は、平均寿命・高齢者数・高齢化のスピードという三点において、世界一の高齢化社会だ。高齢化とは、『高齢者』と言われる、経験を積み、様々な事に対し熟達されたとされる、満65歳以上の者が全人口に占める割合が高くなる事である。日本では、その65歳以上の人口は2013年1月時点で約3千万人。全人口に対して約23%なので、4人に1人がおじいちゃん・おばあちゃんになるという事になる。

なぜか60歳以上のストーカー犯罪だけが、10年で4倍近くに

 ストーカー犯罪といえば、特定の人に対し執拗に付きまとったりする犯罪行為だが、高齢化と共にここ数年で急増している。『高齢者とストーカーは関係ないだろ!』と思いそうだが、なんと増加しているストーカー犯罪の加害者はほとんど60歳以上なのだ。ここ10年間で、50歳以下のストーカー犯罪増加率に変化はあまりないが、こと60歳以上に限っては、なんと3.8倍に増加している。
 専門家いわく、「平成19年、日本の中核層である団塊世代が一斉に定年を迎えた"2007年問題”。仕事が無くなり解放感こそありますが、直ぐに感じるのは『社会的な孤立』。その孤独感を紛らわすために、万引きやストーカーといった軽犯罪が急増していると考えられています」とのこと。家族の支援や絆に欠け、人間関係が希薄だとちょっとした刺激が引き金になってしまうのだ。

恐怖! 老人による執拗なストーキングの実例

 今年の3月、名古屋市の74歳男性がアパート管理人の60代女性に9千回の無言電話をかけて逮捕された。
 昨年には、63歳の女性が40代の男性に対し執拗に自宅へ押し入るなど、度重なるストーカー行為をしたとしてストーカー容疑で逮捕されている。他にも似たような事例が毎年多く起きており、高齢者の人口増加をはるかに上回るペースで増えている。

 最近では『老人ストーカー』という言葉が生まれ、ネット上の質問サイトでもこういった事例が多く見受けられる程になっている。年々増加している高齢者によるストーカー。あなたもどこかで狙われているかも?

(文・編集部) 図版:日本の高齢運転者標識(Wikipediaより)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6