エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



3月4日発売 発売中! 売れてます。


生活・知恵

【前編】新歓コンパで調子に乗る大学生たちを未成年飲酒で通報してみたよ

2019.04.18(木)


新学期――キャンパスライフに胸ときめかせた新入生と、サークルの先輩がくんずほぐれつする新歓コンパ。けしからん! っていうか未成年がお酒飲んじゃダメだよね!? 「正義の心」でおまわりさんに通報しちゃうゾ!


 

 またこの忌々しい季節がやってきてしまった。
 ガキどもが我が物顔で街に繰り出し、ユーモアのかけらもないのに、ぎゃあぎゃあと楽しそうに騒いでは居酒屋に入って行く。店内でも酒やらメシの味なんてわからないもんだから、安いコースの食い物に舌鼓を打ち、ビールの名を借りた発泡酒で貧弱な舌を満足させ、「自分たちはもう大人なんだ」と勘違いをひけらかす振る舞い。毎年のことながら気分の悪い光景。そう、大学の新歓コンパのことだ。
 筆者は仕事柄、東京・高田馬場周辺に出向くことが多い。この時期の高田馬場は、早稲田大学生を中心としたクソみたいな連中が次から次へと沸いてくる地獄の街へと変貌を遂げる。なんで真っ当な社会人である我々が、ガキどものしょうもない背伸びのせいで気分を害さなきゃいけないんだ。あーイラつく。マジで。
 そこでヤツらをギャフンと言わせるべく、真の大人として“やるべきことをやる”ことに決めた。
 連中が行う新歓コンパは、新入生をサークルに勧誘することが目的だ。つまり大学に入学したての子らが多数参加しているわけで、その中には少なからず未成年がまぎれこんでいる。未成年を連れ回して酒を飲んでるなんて言語道断、ゲスの極み。大人の義務として、おまわりさんに通報してやるしかないのだ。よーし、待ってろよ、クソガキども。国家権力の前にひれ伏すがいい!

未成年飲酒発見!すかさず通報

 週末、高田馬場駅前、夕方6時。いるわいるわ、アホ面でサークル名の書いたボードを掲げるガキんちょたちが。ざっと100人前後が、駅前でワイワイガヤガヤやっている。
 さてと、未成年に酒を飲ます悪質極まりないグループはいないかな、と…。おいおい、マジかよ。ご丁寧にも「●●大学1年 ゆかり」と胸にシールを貼ってくれてるじゃん。このグループの1年生は4、5人はいる。もしかしたら何浪もして入学した1年生である可能性も否定できないけど、そのあどけないフェイスは、どうみても未成年にしか見えない。よーし、オジサン、君たちについていくよ!
 集合時間が過ぎたのか、20人ほどの一行が飲み屋街へと歩き出した。作戦としては一緒に店に入り、未成年が酒を飲んだことを確認したところでポリスに電話を入れるという、めちゃシンプルなものだ。
 連中が居酒屋に入って行く。少し時間を置いて入店してみれば、レジ前には宴会席の予約表が。なになに、テニスサークルか。そういえば店も未成年がいることぐらいは知ってるだろうし、飲酒させることがいけないのもわかってるはずだよな。犯罪の片棒を担ぐ行為ですよ、これはいけませんよー。
「それでは自己紹介から始めていきましょう!」
 幹事らしき上級生のかけ声をきっかけに、長い長い無駄な時間が過ぎていった。「趣味はゲームです」だの「新入生の皆には僕が東京の楽しいスポットを教えていきたいと思います」だのと、上級生が何か言うたびに新入生たちが拍手を飛ばしている。あんな若い子たちに、社交辞令とはいえチヤホヤしてもらえるなんて、うらやましいなぁ。あー、通報してえなぁ。
 ようやくカンパイとなり、グラスを傾け始めた学生たち。いちおう一人一人が飲んでいるドリンクをチェックしてみたが、ほとんどがビールを飲んでいるのでアウトと言っていいでしょう。手前に座ってる1年生女子なんて、誰に言われるでもなくイッキ飲みしてるし。残念ながら通報案件ですね。

 ピッ、ポッ、パッ。スマホで3つの数字をプッシュします。
『事件ですか事故ですか?』
 おー、緊張感あるね。
「高田馬場の居酒屋にいるんですけど、未成年の子たちがお酒を飲んでてー」
『未成年ですか? どうしてわかるんですか?』
「胸に大学名と学年の書いたシールを貼ってるので。これヤバいと思いますよ。未成年の女の子も酒をグビグビいっちゃってますし。何か大変な事件になる前に来てください!」
 電話の向こうにいるおまわりさん(?)が、「たしかにマズいですね」と相づちを打ってくれ、店の名前や住所を尋ねてきた。来てくれるんですね!
『お電話もらっている方のお名前よろしいですか?』
(中略)
「えーと、僕はもう帰らなきゃいけないので…」

『わかりました。ではすぐに警察官を向かわせます』  
アブねー。面倒なことに巻き込まれるのはゴメンですよ!

 すぐに、という言葉は本当だった。わずか5分後におまわりさんが2人、店に入ってきたのだ。店員との会話に耳をそばだてる。

(文/建部博)

(その2へ続く)

写真:4月の高田馬場駅前(イメージ)

(この記事は『実話BUNKAタブー2017年7月号』に掲載した記事をウェブ用に再構成したものです。『実話BUNKAタブー』は各電子書籍販売サイトにて販売中です。)

後編はこちら
http://bucchinews.com/life/6459.html

日本では、「未成年飲酒禁止法」により未成年に酒類を提供してはならず、未成年は飲んではいけません。なお現行法は2022年4月より「20歳未満の者の飲酒の禁止に関する法律」に変更となります。

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6