エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



生活・知恵

《前編》受かりやすさ優先のFラン大学ランキング

2014.04.20(日)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックスなら送料無料

Amazonでも発売中





受かりやすい大学ランキング

 新学期が始まり、大学進学について考える受験生も多くいるかと思います。そんな彼らも、いずれ滑り止め大学について考えなければなりません。そこで今回は、受かりやすさを重視した、通称〝Fラン大学〟案内を用意しました。
 新設大学がどんどん増える一方で、学生が目指すのは一流校。定員割を起こす大学が現れるのも無理ありません。いまやお金さえ払えば、誰でも大学に入れる時代なのです。
 Fランといえど膨大な数なので、有名大学がひしめく都内に限定しました。わかりやすいランキング形式での紹介ですが、筆者の独断と偏見で並べさせて頂きました。君の通いたい学び舎は見つかるかな?

第1位・帝京大学
超有名マンモス校。このレベルの大学では珍しく、医学部が(なぜか)存在する。しかもこの医学部では授業がやたら厳しく、留年せずに卒業できるのは半数程度。医学部に最後の望みをかけてるのがよくわかる。留学制度も意外とちゃんとしてるし、就職に強いゼミもある。

第2位・和光大学
変わり者が集まるイメージだが、キャンパス内を見渡したところ、腰パンで煙草をふかす人が多かった。「めざすは個性的な東京人!」と思い上がって状況してきた田舎者の鼻を折るには最適。あとは、学校に入ってすぐ目に入る「憲法改悪を阻止しよう!」という看板。今のご時世、決起集会があるなんて…。駅から微妙に遠いのでスクールバスが運行しているが、有料なので誰も利用していない。

第3位・東京未来大学
『金八先生』の舞台にもなった校舎。学祭が中学生レベルの規模でビックリしたが、校舎も元々あった中学校を再利用しているとか。中学生に戻りたい受験生におすすめ。

第4位・目白大学
大学なのにJCが歩いてる!? なんと目白学園という括りで、大学と中学が隣接しているというのだ。なので女子中学生と付き合える可能性もあるとか…。男も女も見た目がチャラい奴が多い。

第5位・立正大学
正午のご飯時になると、弁当を売るおばさんの声が学内に響き渡り、やっと大学全体が目覚め出す。山手線の大崎駅を出てすぐなので、通学のしやすさはトップクラス。

第6位・高千穂大学
都内に住んでいても聞かない大学だが、なにげに100年もの歴史を誇っている。京王線の西永福駅が最寄りという好立地ながら、のんびり過ごすだけの大きなスペースがあり、無気力な学生はそこに溜まっている。

>>>後編につづく

(文・秋ゲロゲ康)写真:wavebreakmediamicro / 123RF

オススメ書籍:『大学受験案内2015年度用』[単行本](晶文社)

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6