エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



3月4日発売 発売中! 売れてます。


ネット・携帯

クロネコメール便が廃止に!! 通販業者・オークション出品者大衝撃!

2015.01.22(木)


郵便より安かったサービスが廃止に!

 ヤマト運輸が「クロネコメール便」の差出受付を2015年の3月末で廃止することを発表した。急な発表に、日本の通販業界・ダイレクトメール業界・ネットオークション界隈では大きな衝撃が広がっている。

 「メール便」といっても1度も出したことがない人のほうが多いかもしれないが、受け取るほうではかなりの率で受け取ったことがあると思う。説明すると、厚み2cm以下の商品を、配達に日数がかかるが通常の郵便よりも安く(82円~164円、他に速達あり)で配達できるサービスで、封筒にバーコードシールを貼付し、受領印はなし。そしてポスト投函されるものだ。通信販売でも、小さい商品・書籍・ダイレクトメールの配送で、また個人ではネット・オークションの荷物の発送でよく見られる。

 特にヤマト運輸が提供する「クロネコメール便」は、個人も利用でき、宅急便営業所のほかにセブンイレブン・ファミリーマートでも受付。販路の広さで、一般顧客にも圧倒的な支持を得ていた。

 ヤマト運輸HPの説明によると、クロネコメール便で禁じられている信書(=手紙)を送った結果、郵便法違反容疑で8件の顧客が取り調べ・書類送検を受けるケースが起こっているという。それを廃止理由としているが、「実質的にはいままで通販大手相手に行ってきた配送コスト見直しの流れもあるだろう」(事情通)。同社は廃止の代わりに、法人パンフレット・カタログなど内容を確認できる非信書に限定した「クロネコDM便」を4月にリリース、また個人宛には同じく4月に2つの新サービスを予定しており、3月に発表することにしているが、単価は現状よりも上がると考えられる。

 メール便を出さない人には興味もないだろうが、出さない人にも影響はある。目に見える形では、まずは一部通販サイトで送料設定が上昇。我々には嬉しくないことになりそうだ。

個人向けの代替サービスは?

 こうなると、代替サービスの選択として俄然有利なのが、郵便局がYahoo!JAPANと組んで行っている「クリックポスト」。164円で厚み3センチまで(他にも規定あり)の荷物が送れる。ただ、Yahoo!ウォレット経由で決済されるため、業務用商品の発送には適さなそうだ。業務用で使うなら、ヤマトの新サービスを待つか、あるいは佐川急便の飛脚メール便もある。こちら取扱は法人のみで、事実上個人の場合は「クリックポスト」一択になってしまいそうだ。これによりYahoo! はさらにIDを増やしてしまうだろう。

(文/編集部I)

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6