エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

高速表示のgoogleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)






芸能・エンタメ

TIF初出場、アイドル人生で一番短かった15分間!:南にこのタイからアイドル革命!21

2019.09.02(月)


タイ・日本混合グループ『Siam☆Dream』で活躍中! 異色アイドルの月イチコラム連載

南にこのタイからアイドル革命!

第21回 TIF初出場、アイドル人生で一番短かった15分間

 こんにちは&サワディーカー! タイ日混合アイドル『Siam☆Dream』、現在、タイに語学留学中! 南にこです!

 私たち『Siam☆Dream「サイアム☆ドリーム」』はこの8月3日に 『TOKYO IDOL FESTIVAL 2019』=TIFに出場させていただきました。デビューしてまだ一年と少ししか経ていない私たちが、ついにあの夢のステージに立つことができたのです。
 モーニング娘。'19さんが、つんく♂さん作詞作曲の『人生Blues』で、〝人生にはここぞという日がある〟と歌われていますが、私にとって、Siam☆Dreamにとって〝2019年8月3日(土曜日)〟は本当に「ここぞ!」という日だったのかもしれません。

出番前の楽屋での私たち

 8月3日、当日、楽屋。
 TIFにはいっぱい多くのアイドルさんたちが出場されます。そして私たちはその中で初出場で、しかも海外組です。(今回、海外からの出場は私たちと『BMK48』さんというタイからの2組だけだったんです)さらにそもそも、Siam☆Dream自体の来日がまだ2度目なんです。

 ただ今回のTIFに出場されるアイドルさんたちの中にも何組か、タイで共演させてもらった方々がいて、そんなアイドルさんやスタッフさんたちが挨拶&励ましにきてくださりました。「タイからTIF、すごいね! がんばってね!」って。それは本当に感激でした。アイドル界のつながり、美しい&尊い!

 そんな尊さにありがたく浸っているうちにステージの時間がどんどん迫ってきて、ぐんぐん緊張感が増してきました。 振り返れば4年半前、あのコンビニだった建物を改造して造られた『あいどるかふぇ 2ねん8くみ千葉校』の前に立っていた自分。何度も挫折して、地元の千葉市のアイドルカフェのキャストさんのバイトから再スタートしようとしていた自分が、タイ・バンコクを経由して、今こうしてTIFの出番を待っているってことが、なんだか信じられない気がしました。

『2ねん8くみ千葉校』で最初にユニットを結成して、カフェ内のステージで歌ったり、さらに東京遠征してライブハウスでライブしたりしてた頃、「地下アイドル」って言われるだけで嬉しかった。「あ、アイドルなんだ、私!」って。地下だとか地方だとかよりも、どんな狭いステージでも、どんなアウェイな現場でも、そこに立って踊って歌えることの喜びのほうが全然勝っていました。だからTIFなんて本当に夢のまた夢、でした。でも今、その夢の舞台にあと数分後の私がいる……。

 そんな自分のドキドキを緩和するために、他のメンバーたちを観察しているとタイ人メンバーで、来日経験も何度かあり、日本のアイドル事情もよく知ってる、アイス・ヒカリン・メリーの3人は、私と同じように緊張してる感じでした。
「これから、あの、あの有名な……TIFに出るんだよ……私たち!」って感じで。
 まだ2回目の日本のファーンとマーティルダーもやっぱり、TIFの規模の巨大さに驚いています。やっぱなにせ世界最大のアイドルフェスなわけだから……。
 そしてHarupiii。実は彼女、個人的にはSiam☆Dream以前の別グループ時代に2度出場しているんです。今回で3度目。だからこそ、メンバー内で一番落ち着いていたし、でもそのぶん、もしかしたら誰よりも今回の出場を噛みしめているのかもしれないって思いました。
「TIFはゴールじゃないんだよ、ここからがはじまりなんだよ」って。

 みんな、まだまだひよっ子だけど、でもそれぞれの自分の歴史を背負っていま、自分史の中で現時点最大の舞台の出番を待っている――。
 この今の時間を抱きしめたくなりました。

1曲目は『Honey』!

 午後4時ジャスト。
 私たちは全身全霊の疾走で、お台場フェスティバル・ステージに登場しました。
 持ち時間は15分。たぶんこれまでの人生で一番短い15分。
 1曲目は新曲の『Honey』――。

 ステージの上からって、実は結構観客席が見えるんです。飛び出していった瞬間、ファンのみんな、お客様たちの顔が、ぶわわあーーって視界に次々に入ってきました。
必死に踊り、歌いながらも、その反面、それこそ秒で、その日の観客席の情況を同時に感じるんです。

 この日、タイからはなんと100名程のSiam☆Dreamファンのみんなが来日応援に来てくれていました。さらに多くの日本でのファンのみんなや、『2ねん8くみ』時代、Asterisk時代からずっと支えてくれた方々の顔も、全員はっきりわかりました。
 それと同時に、これまでのステージ上では覚えたことのない感覚――ものすごい人数のアイドルファンの方々の視線――も思いっきり感じました。

 例えば、Siam☆Dreamデビューのタイ・バンコクでのステージ――。
 さらには、初来日で日本お披露目ステージだった、サンシャインシティ噴水広場――。
 この2つとも、舞台に出て行った瞬間はもう心臓が破裂するほど緊張し、感動し、爆発しましたけれど、でも今この瞬間のフェスティバルステージは、それらを超えるほどの〝圧〟がありました。
 それは、日本のアイドルファンの皆様の――言葉はちょっと悪いですけど――「Siam☆Dream、どうなの?」みたいな〝圧〟っていうか……。
 でもそれだけじゃなく、その〝圧〟な視線に勝るとも劣らない〝フェスティバル感〟「TIFを楽しみたい!」っていう〝お祭り波動〟も思いっきり受けました。
 だから私、私たち、それらを全面的に受けて、受け止めて、それをパワーに変えさせてもらうしかありません。2曲目、自己紹介曲『サイアム☆ドリームの曲』、ラストはデビューシングル『 Hi-touch - ハイタッチ』――。

 あっという間の15分。でもそのたった15分間に私たちは今出来得る限りのすべてを詰め込んだつもりです。

 ステージを終えて楽屋に戻ったとき、いつもなら、「楽しかったねえ~!」って感じなんですけれど、この日だけはそんな空気はありませんでした。

「やり切ったよね……私たち」
 言葉には出さなかったけど、メンバー全員の顔にはそう書いてありました。
 達成感なんていう単語では言い表せないくらいの気持ち、でした――。

P.S. はるぴーがYoutubeにあげた「TIF2019ドキュメント動画」です。よければぜひ観てください!

https://www.youtube.com/watch?v=I9wkU2QbCzk

(月1回月曜連載)

Siam☆Dream『Espresso/エスプレッソ』 (タイ語ver.)【MV Official】
https://www.youtube.com/watch?v=W29VBgE_IEo
★南にこソロアルバム『Colorful』告知
https://twitter.com/lavproduction/status/1087245156615577600
★Siam☆Dreamデビューステージ動画
https://www.youtube.com/watch?v=PyN8P-OSM2Y
★Siam☆Dream デビュー曲『Hi-touch (ハイタッチ)』PV
https://www.youtube.com/watch?v=Ll7AJKFI6fE
★Siam☆Dreamツイッター
https://twitter.com/siamdream_idol?lang=ja
★南にこツイッター
https://twitter.com/minami_nico28
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』千葉校ツイッターhttps://twitter.com/chiba_nippachi
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』仙台本店ツイッターhttps://twitter.com/idolcafe2_8
★2ねん8くみ千葉校 HP
http://2nen8kumi-chiba.com/
★2ねん8くみ仙台校 HP
http://www.2-8cafe.com/

【南にこ:プロフィール】
2015年、『あいどるかふぇ 2ねん8くみ千葉校』に入店。その後、『千葉校』から発展した選抜ユニット『Asterisk』リーダーとなる。現在はアイドルグループ『SEVEN4』メンバーも兼任している。ソロ活動として女優・声優などでもマルチに活動中。さらに日本&タイ混合アイドル『Siam☆Dream「サイアム☆ドリーム」』に抜擢され、タイ・デビューも果たす。現在、タイに拠点を移し、語学を学びつつ、アジアのアイドルシーンで活動中。

記事バックナンバー:https://wp.me/p95UoP-bo

(リンクの飛ばない一部サイトでごらんの方は、URLをブラウザのアドレスバーにコピペしてください)

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6