エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



3月4日発売 発売中! 売れてます。


芸能・エンタメ

記憶に残った平成の芸能トピック:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載257

2019.05.01(水)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第257回 記憶に残った平成の芸能トピック

 みなさん、ハッピー令和! 元号が変わり、改めて「平成という時代が終わってしまったんだなあ」としみじみしているアタシ。昭和から平成に変わって間もないころ、当時大人気だったアイドルグループ「光GENJI」が、『Hey! Say!』というアルバムをリリースし、あまりのストレートさにびっくりしたことなどを、なぜか思い出したりしているわ。

 ちなみに、その後ジャ●ーズ事務所から「Hey! Say!7」や「Hey! Say! JUMP」といったグループが生まれていることを考えると、ジャ●ーさん(が名前を考えたかどうかは知らんけど)、かなり「Hey! Say!」という言葉を気に入っておられた様子。なので、ジャ●ーズ事務所が「令和」をどう料理するか、今からちょっと楽しみ……。

 って、前ふりがすっかり長くなっちまったけど、今回は令和初日を記念して(?)、平成時代の芸能ニュースのうち、強く印象に残っているものを振り返ってみるわね。

 まず衝撃を受けたのが、平成元年6月の、美空ひばりの死去。アタシはひばり世代ではなく、そんなにファンだったわけでもないけど、メディアが特番を組みまくっており、「すごい人だったんだなあ」と興味を惹かれたのを覚えているわ。

 また、当時、とにかくメディアに騒がれることが多かったのが、松田聖子と中森明菜。かつて「ぶりっ子」といわれていた聖子は、結婚・出産以降、スキャンダルを起こしまくるようになり、明菜は平成元年7月、恋に破れて自殺未遂事件を起こし、話題に。両極端のように見えて、「恋に生きる」という点では共通している二人。最近、あそこまでドラマティックな恋愛模様を繰り広げてくれる歌手がいないのは、ちょっとさびしいかも。

 一方、平成時代に誕生したトップアーティストといえば、SMAP(正確には昭和63年結成)や嵐、Mr.Children、EXILE、安室奈美恵、浜崎あゆみ、宇多田ヒカル、モーニング娘。、AKB48あたりが挙げられると思うんだけど、そのうちSMAP、嵐、安室ちゃんが、平成と同時に引退/解散(もしくは解散宣言)してしまったというのも感慨深いものが。

 逮捕系で印象深いのは、マッ●ー、のり●ー、AS●Aあたりかしら。AS●Aなんて、平成のはじめ頃はミリオンヒットを連発していたのに、切ない……。マッ●ーはうまくイメージを回復させることができたけど、今の時代だったらちょっと、難しかったかもしれないわね。

 あと、セクシュアルマイノリティのメディアでの扱われ方も、平成の間に大きく変化。平成10年代、一緒にクラブイベントに出たりしていたマツコ・デラックスが、ここまで国民的な人気者になるとは。ゲイを取り上げた新旧のドラマを見比べても、平成5年放送の『同窓会』と昨年放送の『おっさんずラブ』や現在放送中の『きのう何食べた?』とでは、隔世の感があるわ。

 とまあ、とてもこの字数では書ききれないほど、いろいろなことがあった平成時代だけど、令和時代には一体、どんなアーティストやどんな作品が生まれ、人気を博し、どんな事件が起こるのか、楽しみだわ! もちろんアタシたち八方不美人も、令和でブレイクする気満々。みなさん、応援よろしくね!

<水曜連載>

写真:PAKUTASO提供(C)すしぱく

エスムラルダ、ユニット「八方不美人」で歌手デビュー! デビューミニアルバム「八方不美人」発売中。JOYSOUNDの新機種で「愛なんてジャンク」本人映像と「流砂の恋」配信中

Youtubeで「流砂の恋/ドリアン・ロロブリジーダ」「ディレンマ/エスムラルダ」MVも公開!
twitter https://twitter.com/happofubijin

instagram https://www.instagram.com/HappoFuBijin/
Official MV(※音出ます) https://youtu.be/4KZaRLzqUNI
https://youtu.be/QBk3WMlTEJY
https://youtu.be/gb0lHrAMYBw
楽天ブックス通販 https://books.rakuten.co.jp/rb/15728887/

 【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著) 
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6