エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



3月4日発売 発売中! 売れてます。


芸能・エンタメ

小塚崇彦選手の不倫に「こづ、何やってんの!」:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載238

2018.12.19(水)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第238回 小塚崇彦選手の不倫に「こづ、何やってんの!」

 元フィギュアスケート日本男子代表の小塚崇彦選手が、妻(元フジテレビの大島由香里アナウンサー)と離婚に向けて別居しているという報道、みなさん、ご存じかしら。
 なんでも小塚くんは、妻の妊娠中に、名古屋市内の飲食店で知り合った女性と深い関係になっていた、とのこと。

「妊娠中の夫の浮気」が、妻にとってもっとも許し難いことの一つだというのはよく耳にするし、「自分がつわりとかに苦しみながら、一生懸命新しい命を育んでいるときに浮気されたら、そりゃ腹立つわなあ」とも思うんだけど……。アタシ、基本的には、「浮気を本当に責め立てていいのは、浮気された本人と、その周りの人たちだけ」というスタンスなので(そう。アタシは、自分が直に被害を受けていないことには本気で怒れない、薄情なオカマ)、ここで、浮気の是非についてとやかく言うのは控えることにするわ。

 ただ、(そもそも、報道が真実かどうかはわからないけど)今回のニュースを聞いて、淋しさに似た思いが、胸の中に広がったわ……。
 というのも、かなり個人的な話でナンだけど、最近、「真面目そうだと思っていたゲイの子が、かなりのヤリチンだった」とか「誠実に見える子が、過去に犯罪をおかしていた」とか、「思いもよらない人が、思いもよらない過去や事情を抱えている」と知ってしまうことが多くて、あらためて「人間って本当に計り知れないな」と強く感じているところなの。
 そしてそんなとき、アタシはいつも、なんだか置いてきぼりにされたような、複雑な気持ちになってしまうのよ。50年近く生きてきて、それなりにいろいろな人を見てきたつもりだけど、まだまだ修行が足りないわ……。

 小塚くんに関しても、昔はそのウブそう、真面目そうなたたずまいから、フィギュアスケート好きのオカマ友だちと「小塚くん、まだ経験なさそうだよねェ」と勝手に決めつけたり、結婚すると聞いたときに「まだ早すぎない?」「もう少しいろいろ経験積んでからにした方がよくない?」と勝手に心配したりしていたんだけど……。こづ、アタシたちの想像のはるか上をいってた……。

 そんなわけで、「こづ、何やってんの!」と思わないでもないけど、バンクーバー五輪で4回転トゥループ着氷したときの感動は、今もしっかりと記憶に残っているわ。
 最終的には、小塚家の全員が幸せになれますように。そしてこづ、さらなる活躍を期待してるわよ!

<水曜連載>

おすすめ写真集:TAKAHIKO 小塚崇彦写真集(学研パブリッシング・学研プラス)
https://books.rakuten.co.jp/rb/11410437/

エスムラルダ、今冬ユニット「八方不美人」で歌手デビュー!
12月19日デビューミニアルバム「八方不美人」リリ-ス。
先行して12月15日からはJOYSOUNDの新機種で「愛なんてジャンク」本人映像も配信!

twitter https://twitter.com/happofubijin

 instagram https://www.instagram.com/HappoFuBijin/

【エスムラルダ:プロフィール】
えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著) 
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6