エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)


◎吉田豪 最新刊「帰ってきた人間コク宝」発売中!



芸能・エンタメ

流行語大賞について語るよ!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載232

2018.11.08(木)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第232回 流行語大賞について語るよ!

 昨日(11月7日)発表された、2018年の「流行語大賞」候補。みなさんはもう、チェックなさったかしら?
今回も「悪質タックル」「(大迫)半端ないって」「金足農旋風」「カメ止め」「高プロ(高度プロフェッショナル制度)」「Tik Tok」「#MeToo」など、30の言葉が選ばれているんだけど、例年通り、「たしかにそれ、一時期よく聞いた」というものから、初耳のもの(恥ずかしながら、「翔タイム」「ご飯論法」あたりは知らなかったわ)までさまざま。

 ノミネートされた言葉の中で「流行語大賞に選ばれてほしい」と思うのは、やはり「おっさんずラブ」かしら。ドラマの内容については賛否両論あるみたいだけど、アタシは「おっさんずラブ」って、「人々が男同士のカップルに対し何の疑問も抱かず、ただ祝福する」というシーンを、日本の地上波ドラマで(おそらく初めて)実現させた、画期的な作品だと思っているの。流行語大賞とって、さらに話題になってほしい……。

 一方で、「あれ? 候補に入らなかったんだ?」と思ったのが「アムロス」。ライブツアーDVDがミリオンを達成したし、ラストライブ前後、沖縄にはファンが殺到したし、かなりの話題性と経済効果はあったはずなのに。沖縄出身アーティストということで、DA PUMP(ダサかっこいい/U.S.A.)と微妙にかぶるせいかしら……。もっとも、デビューから20年以上経った今、DA PUMPが流行語大賞候補に選ばれるというのは、それはそれで感慨深いものがあるわね。

 あと、個人的に候補に入ってほしかったのが、「半分白目」。「半分白目」というのは、前期の某朝ドラに不満や憤懣を抱いた視聴者が、グチを呟く際に使っていたハッシュタグなんだけど、アンチの人たちに連日燃料(炎上ネタ)を与え続けたあのドラマ、ある意味画期的だったと思うの。アタシもなんだかんだ言いながら、結局最後まで観ちゃったし。
 そしてもう一つ、アタシの周り(というか、ツイッターのタイムライン)で今年しばしば見かけたのが「アレクサ(Amazonの音声AIアシスタント)、~やって」。あ、でもこれはこれで、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)とかぶるのか。

 とまあ、挙げられた言葉を見ただけで、今年のいろいろな思い出がよみがえる流行語大賞候補。みなさんにとっては、どの言葉が一番気になったかしら?
 願わくば2019年の流行語大賞候補に、「八方不美人」(12月にデビューする、アタシたちの歌謡ユニット)が選ばれますように……。

<水曜連載>
※今回木曜公開

図版:自由国民社ホームページより部分引用

「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞 HP
https://www.jiyu.co.jp/singo/
ユーキャンのリリース
https://www.u-can.co.jp/company/news/1201193_3482.html

エスムラルダ、今冬ユニット「八方不美人」で歌手デビュー!
 twitter https://twitter.com/happofubijin

 instagram https://www.instagram.com/HappoFuBijin/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

 

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6