エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)


◎吉田豪 最新刊「帰ってきた人間コク宝」発売中!



芸能・エンタメ

『中学聖日記』低視聴率だけどおすすめしたい!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載228

2018.10.10(水)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第228回 『中学聖日記』低視聴率だけどおすすめしたい!

 今回はアタシ、「みなさんに、あるドラマをおすすめしたい」という強い思いを胸に、この原稿を書いているわ。 そのドラマとは、昨夜(10月9日)、第1回目が放送された『中学聖日記』(TBS系、火曜22時)。

『中学聖日記』は同名のレディースコミックを原作としたドラマで、「中学教師・末永聖(有村架純)が、婚約者・川合勝太郎(町田啓太)がいながらも、教え子である黒岩晶(岡田健史)に恋心をぶつけられ、徐々に惹かれていく」というストーリー。でね……。前々回のこのコラムでも触れたように、晶役の岡田くんがとにかく、ため息が出るような美しさ、かっこよさなの!
 岡田くん、過去にテレビや映画に出演したことがなく、しかも今まではおそらく情報がセーブされていたので、アタシたち、公開された(もしくは流出?した)数少ない写真や動画を見て楽しむしかなかったんだけど……。昨夜ようやく、動き回る岡田くんを堪能。初回では「岡田くんが雨に濡れたパーカーを脱ごうとして、背中があらわになる」というサービスショット(?)があり、TBSが本気でアタシたちを殺しに来ていると感じたわ。

 ところが! この『中学聖日記』の初回視聴率、なんと6.0%だったらしいの。そのせいか、ネットにはさっそく「気持ち悪くて観ていられない」「19歳の岡田くんが中学生を演じるのは無理がある」といった、ネガティブな「視聴者の声」を拾ったバッシング記事が。
 でもねえ……。あの程度の描写で「気持ち悪い」とか言ってる人たち、大丈夫? 世の中には、比べ物にならないくらい気持ち悪いもの、汚いものがたくさんあるんだよ!(アタシとか) アンタたち、そんな世の中でちゃんと生きていけるの?(余計なお世話) あと、中学生役を、本当に中学生に見える子が演ったら、逆に生々しすぎて、観るに堪えんわ!(ちなみに、原作は今、晶が高校生になった後の話になっているようなので、ドラマも後半は「高校生編」になるのではないかとアタシは推測)

 って、今まで岡田くんのことしか語ってないけど、勝太郎の上司でバイセクシュアルの原口律(吉田羊)とか、聖が勤める中学校の教頭・塩谷三千代(夏木マリ)とか、ほかのキャラクターも曲者だらけだし、演出は『重版出来!』や『アンナチュラル』を手がけた塚原あゆ子さんだし、内容的にもかなり面白いものになるはず。
 なのでみなさん、来週以降ぜひチェックして、アタシの岡田くんのために、視聴率アップさせて! 頼んだわよ!(なお関東圏では13日の午後に初回分の再放送がある模様)

<水曜連載>
【2018/10/11訂正】
※役職に誤記があり、訂正しました。お詫びいたします。

写真:『中学聖日記』公式サイトよりhttp://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

 

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6