エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)


◎吉田豪 最新刊「帰ってきた人間コク宝」発売中!



芸能・エンタメ

山口達也さん事件をアイドルP視点で考えました:瀬名あゆむのアイドル革命! 連載5

2018.05.28(月)


瀬名あゆむのアイドル革命!

第5回 山口達也さん事件をアイドルP視点で考えました

 こんにちは! 仙台と千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサーの瀬名あゆむです。
 今回は遅ればせながら、元TOKIOメンバーの山口達也さんが起こした「強制わいせつ事件」(編集部注:示談となっています)について考えてみたいと思います。
 この「事件」については本当に物凄いニュースとなって、いろんな論評もされていますよね。
 ただ私の立場――アイドルプロデューサーでアイドルカフェの運営者――で一番思ったのは、山口達也さんが事件を起こしたときの〝立ち位置〟についてでした。

自分を山口さんに重ねて『Rの法則』を観てました

 山口さんはNHK教育番組の『Rの法則』の司会者でした。この番組は<中学生・高校生・大学生の出演者がトークを繰り広げる教育情報バラエティ番組>です。私もときどき観ていました。それは、いまどきの女子高生事情を勉強したかったから。そう、基本的にこの番組、JKネタ中心なんですよ。私自身、アイドルPとして、またカフェでも、若いJKたちを相手にしなきゃならないので、『R~』は恰好のJKたちの流行や考えを知れる番組だったというかね。
 そしてそんな番組の司会の山口達也さんは、10代の女の子に囲まれながら「良い兄貴分&少し戸惑うおじさん」で、私なんかは自分自身の運営者の姿をちょっと重ねたりして、毎回観てたんです。

 それがね! そんな番組の出演者の女子高生を自宅に呼びだして、酔っぱらってキス迫って、「強制わいせつ」……。これはダメです! 10代の女の子を預かって、関わって、仕事する立場の大人としては絶対にヤッちゃいけないことです。

 山口さんの立ち位置、いわば10代少年少女の座長じゃないですか。その座長がこれをやるっていうのは、あまりに卑怯だし、プライドはあるんですか、という話になります。
 例えば、アイドル運営のプロデューサーとか社長が酔っぱらって自宅にアイドル呼び出してってやれば、そんなアイドル運営者を許せますか? 私は女性ですけれど、それでもアイドルやキャストの女の子たちに関してはやっぱり物凄く気を使います。それが男性ならばなおさらです。女の子相手にセクハラやパワハラ、さらにそれらを誤解される行為は絶対にしない――これはアイドル運営に関わる人間の大前提だと思います。

 ただ、ただですね、ここでとても難しいというかややこしいのは、山口達也さん自身が〝アイドル〟だったということでしょうか。
 プロデューサーや社長がアイドルを呼びつけるんじゃなく、アイドルがアイドルを呼ぶんだからいいじゃん……っていう甘い考えがあったんじゃないかと。
 すごく正直に告白すると、私も一番最初にこのニュースを知ったときにいくつか思ったことのひとつに、「ジャニーズに家に呼ばれたら、そりゃ行っちゃうよね、嬉しいもん!」がありました。あとに書きますけど、私も中学生時代、ジャニーズファンだったので…)「もし私がJKだったら、もしジャニーズの人に呼ばれたら、行くだろうな」って。
 だからこそ、そこに付け込む(付け込んだ形に実際になってしまって)のは最低だし、しかも付け込んだ相手が未成年少女だったのも最悪です。
 たとえ大人の女性相手でも「強制わいせつ」は許されるわけもなくて。
 そして、山口さん自身がアイドルだからこそ、同じ出演者で、芸能人でもある女の子ことをもっと大事にしてほしかったし、さらに自分やその女の子たちのファンの人たちの存在も、もっと重く考えてもらいたかった。

私も中学生時代、悲しんだひとりです

 山口さん自身にもTOKIOにも、とてもとても多くのファンの方々がおられます。さらに被害者の女の子にも、『Rの法則』の出演者の女の子男の子たちにもファンの人たちがいる。そんなファンのみなさんがどれほど悲しい思いをしたか。

 実は私、中学生時代の一時期、ジャニーズJr.ファンでした。それこそタッキー、滝沢秀明さんがまだJr.だった時代です。私が好きだったのはH.KくんというJr.メンバーでした。KinKi KidsやV6のバックダンサーとして踊ったり、あと、Jr.メインのBS番組なんかにもよく出ていて、私は応援していました。ところがそのH.Kくん、なんとJr.在籍中に「未成年飲酒」を写真週刊誌にスクープされてしまって、ジャニーズ事務所解雇になってしまったんです! (その後、俳優として芸能界復帰されて今はご活躍されているようです)
 もうそのとき中学生の私は大大ショックで大泣きでしたよ! 本当につらかった。正直、写真週刊誌を恨んだりしました。 なので自分がアイドル運営やるようになって強く思ってるのは、アイドルが不祥事を起こしたとき一番つらいのは、「実はやっぱり、ファンの方々じゃないのか!」ってことなんです。私は自分自身の経験としてわかります。ほんと、一生ひきずる方もいると思います。

 今、アイドル運営のツイッターとかで、それこそ毎日というくらいに、アイドル関連の不祥事・お詫び、脱退や処分の告知が出ちゃってるじゃないですか。それらを目にするたび、「ああ、これで死ぬほど悲しんでるファンの人たちがいるんだなぁ……」と想像すると、自分まで悲しくなっちゃうんですよね。

 女の子のアイドルの多くは、いつかアイドルじゃなくなる時がきます。その「アイドルじゃなくなる時」をきちんとした形にしてあげるのは、アイドル運営の義務ですよね。「不祥事」や「違反」でアイドル辞めるんじゃなくて、ちゃんときれい「卒業」させてあげること。これはアイドル自身の義務でもあるとも思うんです。
 今回の山口達也さんの事件で、アイドルを辞めてしまう、やめざるを得ない子たちが出るとしたら、そのご本人たちや、そのファンの方々たちの悲しみはどれほどのものになるか。ファンの皆様の悲しみ。これはアイドルに関わる人間すべては真剣に考えないといけないです、絶対に。
 だってアイドルって応援して支えてくれる人たちがいないとなりたたない職業だと思うから……。

 そして、山口達也さん、TOKIOのファンの方々もまた多く悲しんでいると思います。
 山口達也さんには、いつかしっかりと立ち直ってほしいと、私は思っています。かつてのジャニーズファンのひとりとしても。またアイドル業界の片隅にいる人間としても――。

写真:瀬名あゆむ

<月1回月曜連載>※「南にこ」の月1回連載と交代で掲載

★瀬名あゆむツイッター
https://twitter.com/senachanpon
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』仙台本店ツイッター
https://twitter.com/idolcafe2_8
★あいどるかふぇ『2ねん8くみ』千葉校ツイッター
https://twitter.com/chiba_nippachi

★2ねん8くみ仙台校 HP http://www.2-8cafe.com/
★2ねん8くみ千葉校 HP http://2nen8kumi-chiba.com/

【瀬名あゆむ・書籍のお知らせ】

 瀬名あゆむのコア新書『元アイドルのAVギャル瀬名あゆむ、アイドルプロデューサーになる』(787円税別/発売元:コアマガジン)全国書店・ネット書店で絶賛発売中です。お近くになければお取り寄せのほうが早いですよ!
http://books.rakuten.co.jp/rb/15068251/

詳細(コア新書HP):
http://www.coremagazine.co.jp/book/coreshinsho_024.html

【『2ねん8くみ』楽曲カラオケ&CDのお知らせ】
 デビュー曲『クラスメイト』がついに[カラオケDAM]に入りました!新曲『ドリーム☆ステージ』も[カラオケJOYSOUND]にて全国配信されています。
 さらにCD『アイドルライブラリー Vol.04』に「2ねん8くみ」の『ドリーム☆ステージ』と、「Asterisk from 2ねん8くみ」の『answer』が収録されています。Aが頭文字の某大手ネット通販サイトなどでお買い求めいただけます。

【瀬名あゆむ:プロフィール】

仙台&千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサー。10代の頃に北海道のローカルアイドルとして活動し、メジャーデビュー寸前で挫折。その後、地方局TVレギュラー出演等をへてAV女優となり累計800本以上に出演した。1985年生まれ・さそり座・A型。

連載バックナンバー
https://wp.me/p95UoP-aT

※リンクの飛ばないサイトでごらんの方は、URLをアドレスバーにコピペしてください。

 

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6