エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)


◎吉田豪 最新刊「帰ってきた人間コク宝」発売中!



芸能・エンタメ

20世紀最後の正統派アイドル高橋由美子が不倫!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載199

2018.03.21(水)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第199回 20世紀最後の正統派アイドル高橋由美子が不倫!

 森田剛と宮沢りえの結婚(しかしV6既婚メンバーの妻、瀬戸朝香、白石美帆、宮﨑あおい、宮沢りえって、顔ぶれがすごすぎる。それだけでひと番組できそう)、三谷幸喜が自作の舞台で、体調不良により急遽休演した松岡茉優の代役を務める(その舞台、倍の値段払っても観たい)など、またもやいろいろな出来事があった今週。その中でもアタシ的に特に気になったのが、3月14日発売の『週刊文春』によって報じられた、高橋由美子の不倫。「相手の男性はもともと由美子のファンで、たまたま飲み屋で由美子と知り合った」とか、「記者にデート現場を直撃された由美子が『私、もっといろいろやってっから!』と啖呵を切った」とか、なかなかの香ばしさ……。

 ちなみにアタシが初めてちゃんと由美子を認識したのは、今から25年前、フジテレビ系で放映されていた『お願いダーリン!』というドラマを観たときだったわ。これは、森脇健児演じる高校教師と由美子演じる女子高生が夫婦で、二人の関係が周りにバレないように学園生活を送る……という内容で、かなり設定の無理度は高いものの(過去に類似作多数)、面白かったし、なによりも「20世紀最後の正統派アイドル」と言われていた由美子がキラキラしていたの!

 その後、アイドルとして伸び悩んだ由美子は、女優として『ショムニ』等のドラマで活躍するようになり、ミュージカルにも進出。『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』等で、次々と重要な役を演じるようになったの。なお由美子、デビュー当時の歌はかなりひどかったんだけど、CDを出すたびにめきめき上手くなっていったのよね。結構な努力家なんじゃないかしら。

 一方、最近はバラエティ番組等で「酒好き」な面がクローズアップされていた由美子。二丁目の、アタシの馴染みのお店にも来たことがあるみたいだけど、酒は強いものの、感じのいい人だったらしいわ。

 それにしてもこのところ、斉藤由貴、藤吉久美子等、アラフォー、アラフィフの女子たちがお盛ん。こういうスキャンダルって、実は若い世代にいい女優さんたちが知られるきっかけになると思うんだけど、報道を機に活動を自粛しちゃうケースが多いのが本当に残念。役者さんとかアーティストに「正しさ」を求めても、世の中どんどん息苦しくつまらなくなるだけだと思うんだけどね……(もちろん、それぞれのご家族は気の毒だけど)。

<水曜連載>

おすすめCD:ゴールデン☆ベスト 高橋由美子(ビクターエンタテインメント)
https://books.rakuten.co.jp/rb/13152543/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://wp.me/p95UoP-4L
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6