エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)


◎吉田豪 最新刊「帰ってきた人間コク宝」発売中!



芸能・エンタメ

稲村亜美の始球式事件に全面的に同情:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載198

2018.03.14(水)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックスなら送料無料

Amazonでも発売中




エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第198回 稲村亜美の始球式事件に全面的に同情

 森友学園問題、北野武独立、武井咲出産、矢口真里再婚、パラリンピックで村岡桃佳選手大活躍(成田緑夢選手も、まずは銅メダル獲得!)と、いろいろなことが起きている今日この頃だけど、今回取り上げるのは、3月10日、神宮球場で行われた日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟春季大会の開幕式で、始球式に登板したタレントの稲村亜美さんに、グラウンドにいた1,000人を超える球児たちが殺到した事件。なお稲村さんは事務所のサイトで「選手たちが私のもとに駆け寄り握手を求めて来たところに、参加選手の大半が流れ込んだ事は事実で、私もバランスを崩してしまいましたが、私自身に怪我はなく押しつぶされたような事もありません。ましてネットで一人歩きして書かれているような事(痴漢行為)は、ありませんでした」と報告。

 もしアタシが男子中学生の球児とかにもみくちゃにされたら、たぶんガチで喜ぶと思うけど(ただしかわいい子に限る。って、ほんとごめんなさい)、たしかに、「1人の人間に1,000人が押し寄せる図」は、映像で観るとかなりのインパクト。あの状況、人によってはかなり恐怖を感じたりトラウマになったりしそう。
 先週も書いたように、アタシ最近あまり、「~が悪い」みたいなことは言わないようにしているんだけど、さすがに今回のは、警備する人間を配置したりロープを張ったりして、稲村さんの安全と動線を確保していなかった、運営側の落ち度よね。集団心理の恐ろしさを理解していなさすぎ。しかも野球をしている男子中学生よ? 野球(=チームプレイ)の選手って、仲間意識が強い分、余計「みんながやってるから俺も」ってメンタルになりやすそうだし、体力と性欲の高まりに理性が追いついていない年齢だし、いったんタガが外れたら、そりゃああなるわよ(偏見入りすぎ?)。
 連盟は一応、公式サイトに謝罪文を掲載したみたいだけど、「子どもの悪ノリが過ぎただけなのに」とか思ってる関係者も多そう。しかもあの年頃の子どもって、頭ごなしに善悪を押し付けても反発するか表面的に従うふりをするか、どちらかになりがちだし、彼らが「何が本当に問題なのか」をきちんと理解する日は来るのかしら……。

 一方、稲村さんのインスタとかには、稲村さんの、いわゆる「神対応」を責めるコメントがついていて、それもかなりどうかと思ったわ。もちろん稲村さん、立場上ああいうしかなかった部分もあるだろうけど、怖さを感じたがゆえに、「大したことじゃなかった」と自分の中で処理して、トラウマ化するのを避けているのかもしれないし、渦中にいたがゆえに、事の重大さをあまり感じなかったかもしれないじゃない?(あの「図」は、全体像が見えちゃう分、周りで、もしくは映像で観た人の方が、恐怖を感じる可能性大)
 アタシ、稲村さんのこと全然知らないけど、今回の件については、全面的に彼女に同情するわ!

<水曜連載>

画像:稲村亜美公式インスタグラムより(コメント者は一般の方なので編集部で伏せ字加工しました)※報道目的引用

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160629200300
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6