エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

PC表示はこちら



芸能・エンタメ

2017年紅白歌合戦ここが見どころだよ:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載187

2017.12.27(水)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックスなら送料無料

Amazonでも発売中




エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第187回 2017年紅白歌合戦ここが見どころだよ

 今年も残すところ、あと4日……! 時間が経つのが、あまりにも早すぎるわ。
というわけで今回のお題は年末恒例(?)、紅白歌合戦の見どころチェックだよ!

 2017年紅白の目玉はなんといっても、安室ちゃんvs桑田佳佑の「特別枠対決」。一体どちらの方がより多くの時間とお金を割かれるのか、ちょっと気になるところよね(下世話)。
そして、前にもこのコラムに書いたけど、できればサプライズ出演してほしいのが、「登美丘高校ダンス部with荻野目洋子」。「ダンシング・ヒーロー」は今年もっとも話題になった曲の一つだし、もし実現すれば、荻野目ちゃんはちょうど四半世紀ぶりの紅白出演&「ダンシング・ヒーロー」を歌うのは31年ぶり。こんな夢のある話って、なかなかないわよ!

「夢がある」といえば、三浦大知とかエレファントカシマシとか、超がつくほどのベテランが初登場組に名を連ねていたり、倉木麻衣が12年ぶりに出演したりするのも、なんだかグッとくるわね。デビュー当時は「某アーティストに似すぎている」と言われたりしていた麻衣。ちゃんと音楽活動続けていたのね……。てか、アタシ知らなかったんだけど、デビューからのシングル41作、全部オリコンのTOP10入りしているんですって! 超売れてるじゃん! ごめん、麻衣。アンタのこと過小評価してたよ……。

 それから、「水森かおりがどんな装置で出てくるのか」とか、「今のAKB48の中に、知っている娘は何人いるのか(顔を認識できていたメンバーは、ほとんどみんな卒業しちゃったの……。乃木坂や欅坂は、生田絵梨花ちゃん以外、誰もわからない)」あたりも、アタシにとっては確認しておきたいポイント。あと、ドラマ『カルテット』にハマっていた身としては、せっかく椎名林檎と松たか子が同じ場にいるんだから、「おとなの掟」が聴きたいわ(絶対やってくれないだろうけど)。

 最後に、紅白といえば、おそらくあの場にいる人たちの中でもっとも台本に縛られていない、審査員の先生方の言動も見どころの一つ。今回はなんといっても、ひふみんに注目。ついつい放送事故っぽいコメントを期待しちまうわ……。

とまあ、今年も一年、どうでもいいことをダラダラ書き綴ってきた、このコラム。読んでくださってみなさん、本当にありがとう。良いお年をお迎えください。来年もよろしくね!

<水曜連載>

メイン写真:紅白歌合戦の行われるNHKホール(写真提供:写真AC/fuku41)

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160629200300
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  

スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6