エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



芸能・エンタメ

細木数子先生が激やせなられた!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載183

2017.11.30(木)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックスなら送料無料

Amazonでも発売中





エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第183回 細木数子先生が激やせなられた!

「六星占術」でおなじみの細木数子先生が激やせなさっている、というニュース、みなさんはご存じかしら。

林家こぶ平さんも「激やせした」と話題になっているし、ついこの間まで、ピチピチのハイレグレオタード風衣装に身を包み、わがまますぎるボディや豊満すぎる太ももを惜しげもなくさらしまくっては、日本のオカマたちの話題を独占していた(うそ。そこまでではない)アメリカの歌姫、マライア・キャリーさんも、手術でかなりおやせになったらしいし、最近、「激やせ」がブーム、なの……?

ちなみに、アタシが細木先生の存在を初めて知ったのは、中学生の頃だったわ。それまで(子どもの名づけのとき以外)占いの本なんてほとんど読んでいる様子のなかった母が、なぜか先生の著書『運命を読む六星占術入門』を買ってきたの!

以来、我が家でもにわかに六星占術ブームが起こり、アタシも重要な決断を下すときは、必ず大殺界を避けるように。でもね……。勤めていた会社を辞めるのを、「今は大殺界だから」と先延ばしにしたんだけど、のちにある手相占いさんに「あれ? 本当はもっと前に、退職するべきタイミングがあったみたいですねェ」と言われたの! アタシ、もしかして人生の選択しくじった?(てか、いずれにしろ、占いに振り回されすぎ)

そんなこともあって、六星占術への関心は少しずつ薄れていったんだけど、かわりにアタシの中で強くなっていったのは、先生のパーソナリティへの興味。とにかく先生、一つひとつのエピソードのインパクトが強すぎるのよね。16歳でミス渋谷に選ばれ、17歳で東京駅の高架下でコーヒースタンドを切り盛り。でもその店を半年で売り払い、得た金を元にまずは新橋、次いで銀座にクラブをオープン。まさにリアル「黒革の手帖」。先生の人生だけで、映画一本作れそう……(描けない部分もおそらくかなり多いけど)

「激やせ」を報じる記事には「心なしか、以前よりも穏やかになられたようだ」的なことが書かれていた先生。でも、ちょっぴりさびしい気がするのは、アタシだけかしら。ご自身はかつて、「私は250歳まで生きる」とおっしゃっていたらしいし、できればあとひと暴れかふた暴れくらいはしていただき、アタシたちをまた楽しませてほしいわ!(無責任発言)

<水曜連載>※編集部都合につき木曜更新

おすすめ文庫:細木数子の「六星占術」あなたの運命開運の箱(平成30年版)細木数子(ワニ文庫/ベストセラーズ)
https://books.rakuten.co.jp/rb/15086670/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160629200300
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6