エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



芸能・エンタメ

安室奈美恵ちゃん引退にあっぱれ:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載174

2017.09.28(木)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックスなら送料無料

Amazonでも発売中





エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第174回 安室奈美恵ちゃん引退にあっぱれ

 9月20日、40歳の誕生日に「来年9月16日(SUPER MONKEY’Sとしてのデビュー日)をもって、芸能界を引退する」と発表した歌姫・安室奈美恵。ニュース速報まで流れ、日本中が大騒ぎに。

 もちろん、アタシの周りのオカマたちも騒然。ツイッターのタイムラインには、嘆き悲しむ声があふれ、アムロスになる人も。いや、さすがにまだ早いから。安室ちゃん、まだ引退してないから。

ちなみに、アタシが安室ちゃんを初めて知ったのは、25年ほど前、TVK(テレビ神奈川)か何かの、ミュージックビデオをひたすら流す番組で、SUPER MONKEY’Sの『ミスターU.S.A』のPVを観たときだったわ。5人組なのに、センターの女の子(安室ちゃん)が明らかに特別扱いされてて、そしてPV自体はかなり安いつくりなのに、その女の子がやたらキラキラしていて、「この娘、サルっぽい(し、原始人の格好とかさせられてる)けど、えらく華があるなァ」と、強く印象に残ったのよ。

 その後、ポンキッキーズや夜もヒッパレなどで頻繁に安室ちゃんを見かけるようになった……かと思えば、TKプロデュースで大ブレイクし、アタシも、すっかりファンに。

 でも、「この娘は本当にすごい」「応援しよう」と思うようになったのは、やはり、お母さんの事件を乗り越えて前に進む姿や、TKプロデュース後、リスクを恐れず自分のやりたいことを貫き、世間に認めさせる姿を目の当たりにしてから。どちらも、よほどの意思の強さがないと、不可能だと思うのよ。やっぱりアタシ、安室ちゃんとか浅田真央ちゃんみたいな、「苦難に襲われながらも黙々と自分の道を切り拓く、才能ある努力家の少女」という、「少女漫画のヒロイン的な娘」「侍のような娘」(こういう言い方が適切かどうかはわからないけど)に弱いんだわ……。

 なので、今回の引退宣言に関しても、「さびしい」と思いつつ、「さすが安室ちゃん。あっぱれ」という気持ちの方が強いの。たしかに、50代、60代になった安室ちゃんがどんなパフォーマンスをするのか、ちょっと想像できないところはあったから。

 てか、安室ちゃんのラストイヤー、絶対ライブ行きたい! 誰か、もし手に入ったら、アタシを誘って……!(←図々しい)

<水曜連載>(※都合により木曜公開)

おすすめブルーレイ:namie amuro LIVE STYLE 2016-2017【Blu-ray】(Dimension Point/エイベックス・エンタテインメント)
https://books.rakuten.co.jp/rb/14753641/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160629200300
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6