エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



芸能・エンタメ

武井咲が結婚! 後継者はこの子!:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載171

2017.09.06(水)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックス予約受付開始

Amazonも予約開始!





エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第171回 武井咲が結婚! 後継者はこの子!

 9月1日、兼ねてから熱愛の噂があったEXILEのTAKAHIROと入籍したこと、そして現在妊娠3カ月であることを発表した、女優の武井咲。なんだかこのところ、「あの人がこんなことをやるなんて、意外!」というケースよりも、「キャラクター的にはそういうことをやらかしそうだけど、今、このタイミングでやるんだ!?」というケースが多い気がするわ。

 でも、驚きながらも今回のニュースには、なんとなく納得がいった部分も。というのも、ドラマ『黒革の手帖』での咲ちゃんの演技が、なかなか妖艶で、堂に入っているから(最初に『黒革の手帖』を武井咲主演で、と聞いたときは、おそらく多くの人と同様、アタシもミスキャストだと思っていたわ)。もちろん役柄の力も大きいだろうけど、もしかしたら、男に愛されてる自信とか、「周りから反対されても、結婚して子どもを産むッ」という決死の覚悟みたいなものが、にじみ出ていたのかもしれないな、と思うのよ。

 あと、もう一つ納得がいったのは、このところの過密スケジュールっぷり。一時期、1クールおきに連ドラに出演していた咲ちゃんが、最近は毎クール主役を務めているので、「何があったんだろう」と思っていたんだけど……恋愛を阻止するためだったのね。しかし最近、過密スケジュール女優たちが、妊娠とか出家とか、極端な方法で強行突破するケースが続出していることを考えると、従来のマネジメント方法が、そろそろ通用しなくなっているのかもしれないわね。

 それにしても咲ちゃん。『黒革の手帖』が原作通りに展開するなら、そろそろ咲ちゃん演じる元子が妊娠するはず。なので、結構リアルな演技が観られるんじゃないかと、アタシ、ひそかに期待しているわ。
そして、今後のオ●カーとL●Hの関係性と同じくらい気になるのが、「オ●カーの若手女優のうち、誰が武井咲の穴を埋めるのか」問題。河北麻友子ではないか、との声も上がっているみたいだけど、ここはやはり、剛力彩芽先生に頑張っていただきたいところ。だって剛力先生、「25歳まで恋愛禁止」というルールを真面目に守ってるんだよ! その努力、ちゃんと報われてほしい……(アタシ、今ではすっかり彩芽ファン)。

※ここでアタシから、唐突なお知らせ。
 4月にやった一人芝居ミュージカル、再演するよ!

「一人芝居ミュージカル短編集vol.3」
会場:Special Colors(新井薬師)
日時:2017年9月2日(土)~12日(火)(エスムラルダ出演回は8日(金)19時~と9日(土)12時~)
料金(税込):4,000円
チケット:http://ticket.corich.jp/apply/84854/021/
詳細:https://note.mu/rickytickyasu/n/n6ba92ffc7a2a

<水曜連載>

おすすめ書籍:武井咲フォトブックbloom(KADOKAWA)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13241648/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバーはこちら →
https://mensbucchi.com/rensai-bn/20160629200300
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6