エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

【お知らせ】Chrome/Firefoxに記事更新をお送りするPushサービス、新サービスへの登録は下のボタンから(無料)


PC画面切替はこちら



芸能・エンタメ

ココリコ田中の離婚で考える芸能界おしどり夫婦問題:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載154

2017.05.11(木)

【PR】ロマン優光のコア新書・楽天ブックス予約受付開始

Amazonも予約開始!





エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第154回  ココリコ田中の離婚で考える芸能界おしどり夫婦問題

 5月2日、まる14年連れ添った妻・小日向しえとの離婚を発表した、ココリコの田中直樹。「おしどり夫婦」として知られていた二人のまさかの破局、しかも離婚の原因は不明……ということで、このニュース、世間を少々騒がせているわ。

 なーんて偉そうに書いてるけど、実はアタシ、二人が「おしどり夫婦」といわれていたことはもちろん、田中さんが15年近く前に結婚していたってことも、そもそも小日向しえさんがどんな人なのかも、全然知らなかったの。
 で、このコラムを書くために、小日向さんの過去のツイートを見てみたんだけど……。「一日でも長く多く一緒に居たいのは旦那さん。一日でも長く多く生きて欲しいのは息子さんたち」とか「田中さんに頭ポンってされたら なんか涙出てきた。好きってーのは こういう事なんだなぁ~と思った。結婚して8年の私たち。ずっと仲良くしてたいもんだ。うん。」とか、今読むと、切なすぎて泣ける。たとえどんなに愛し合っていても、残念ながら気持ちが変わっちまうことってあるのよね。愛情も新鮮なうちに冷凍保存できればいいのにね……。

 しかし、田中さんのところに限らず、「芸能界きってのおしどり夫婦」と言われているご夫婦って、意外と離婚率高いわよね。いかにも仲の悪そうな夫婦が離婚するより、仲が良さそうな夫婦が離婚した方が、ギャップが大きくて印象に残りやすいだけかもしれないけど、「四六時中仲良さそうにふるまわなきゃいけない」状況が、心に与えるストレスも大きそう。「相手のことがあまり好きじゃない」「一緒にいたくない」と思ったときでも、無理をしなきゃいけなかったり、一時的に距離を置くこともできなかったりするのって、かなりしんどいわよね。

 パートナーどころか、恋人さえいないアタシに、他人さまのお宅の心配をしたりとやかく言ったりする資格はないけど、今回の件で一つ気になるのは、お子さんのこと。幸せな家庭で育ってきたなら、ショックも大きいと思うけど、なんとか乗り越えてほしいわ……。

※ここでアタシから、唐突なお知らせ。
 5月に、ミュージカルに挑戦するよ!

「ミュージカル『人間の条件』」
会場:座・高円寺1(高円寺)
日時:2017年5月18日(木)~21日(日)
料金(税込):一般 4,200円、学生2,500円、プチプラシート(各回5枚)1,000円
詳細:http://gsjoshikai.tumblr.com/
チケット:https://ticketpay.jp/booking/?event_id=7465

(水曜連載)※木曜更新

おすすめ書籍:図解生き物が見ている世界 ココリコ田中×長沼毅presents(学研パブリッシング/学研プラス)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13306586/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160629200300
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

(((SNS共有でほかの人にも伝えよう)))  
スポンサーリンク

Powered by Vivvo CMS v4.6