エンタメ・サブカル・生活情報のニュースサイト

ブッチNEWS

googleニュースアプリでも配信開始!アプリ落として「ブッチ」と検索!

PC表示はこちら 連載バックナンバーは(外部)



新書発売中! 売れてます。


芸能・エンタメ

アナーキーな泰葉にちょっと悲しい:ドラァグクイーン・エスムラルダ連載153

2017.05.04(木)


エスムラルダの「勝手にワイドショー!」

連載第153回  アナーキーな泰葉にちょっと悲しい

4月24日、自身のブログに「私、泰葉事 海老名泰葉は 元夫、春風亭小朝事 花岡宏行を 20年にわたる 暴行 Domestic violence いじめ Power hrunsement 異常性行為 Sexcial hrunsement 全てを網羅した 虐待をここに 告発します。私の双極性障害の原因は この虐待によるものでした」と書き(原文ママ)、世間(の一部)を騒がせた、シンガーソングライターの泰葉。

虐待云々に関しては、現段階では何ともいえないわね。小朝師匠はこの件について、沈黙を守っているみたいだし、離婚当時は、泰葉自身が「円満離婚」を強調していたし……。相手を「金髪糞豚野郎」とまで罵っていた泰葉が、虐待についてずっと言えなかったというのも、なんだかモヤモヤ(それとこれとは、話が違うかもしれないけど)。

それにしても、泰葉がこんなお騒がせ人間になっちまうなんて、ちょっぴり悲しいわ。というのも、実はアタシ、泰葉のこと、結構好きだったの。泰葉がデビューしたのは、アタシが小学3年生の時だったんだけど、「フライディ・チャイナタウン」を初めて聴いたアタシは、曲のかっこよさに一発でノックアウト。ネットなんてない時代に、録音したテープを元に歌詞を書き起こし、意味もわからないまま歌っていたわ。

さらにその2年後には、泰葉の母・海老名香葉子さんの自伝的エッセイを元にしたドラマ「ことしの牡丹はよい牡丹」にどハマリ(どんな小学生よ)。ドラマも、泰葉が歌う主題歌も、素晴らしかったのよ……。ちなみにドラマでは、香葉子を故・池内淳子が、泰葉を白石まるみが、こぶ平(現・正蔵)を尾美としのりが、峰竜太を宅麻伸が演じていたわ。全体的に、ルックスが微妙に(2割くらい)アップされてた感……。

というわけで、海老名家には、結構思い入れのあるアタシ(子ども時代の刷り込みって恐ろしい)。なので、泰葉にもそろそろ、穏やかな人生を送ってほしいわ。過去を遡ると、1988年に小朝師匠と結婚、2007年に離婚&突然、脚本家の田渕久美子先生と事務所立ち上げ&着物の代金未払いをめぐるトラブル発生、2017年に今回の件……と、末尾に7か8がつく年になると、何かしら騒ぎが起こっているみたいなので、まずは今年と来年、これ以上問題が起こりませんように。坂口杏里を養女に……とか、余計なことは考えないでー!

※ここでアタシから、唐突なお知らせ。
 5月に、ミュージカルに挑戦するよ!

「ミュージカル『人間の条件』」
会場:座・高円寺1(高円寺)
日時:2017年5月18日(木)~21日(日)
料金(税込):一般 4,200円、学生2,500円、プチプラシート(各回5枚)1,000円
詳細:http://gsjoshikai.tumblr.com/

(水曜連載)※木曜更新

おすすめCD:「ゴールデン☆ベスト泰葉」(ユニバーサルミュージック)
http://books.rakuten.co.jp/rb/3866551/

【エスムラルダ:プロフィール】

えすむらるだ…1972年生まれ。94年よりドラァグクイーンとしての活動を開始し、各種イベント、メディア等に出演。2002年、東京都の『ヘブンアーティスト』ライセンスを取得。脚本家・ライターとしても活躍している。著書に「同性パートナーシップ証明、はじまりました。」(ポット出版、共著)
twitter:@esmralda001

エスムラルダ

連載バックナンバー(最新10件)はこちら →
http://mensbucchi.com/rensai-bn/20160629200300
(コピペして検索窓に)

おすすめ書籍:「同性パートナーシップ証明、はじまりました。渋谷区・世田谷区の成立物語と手続きの方法」エスムラルダ、KIRA著(ポット出版)
http://books.rakuten.co.jp/rb/13507222/

 


スポンサーリンク



Powered by Vivvo CMS v4.6