Home > 生活・知恵
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.21
    実話BUNKA超タブーVol.21

    昼飲み最強コスパ居酒屋チェーンどこ?/浅田真央タブーだらけの引退女王/関東VS関西/北朝鮮だけが悪いのか?諸悪の根源やはりアメリカ

    コンビニ・書店で5/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年7月号
    実話BUNKAタブー

    7月号 一番まずいフライドポテト出す店は?/ハゲの98%は薬で治る/行きたくない県 5/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
生活・知恵 2016.11.16(水)

使用厳禁! 夫婦間の不公平感が増長するセリフ15


夫婦の不満を爆発させるNGワードが一同に!

 ゲンナイ製薬調べの「共働き夫婦の夫婦仲と不公平感に関する調査」(2016/10/20-25 0-12歳の子どもがいる共働き男女にインターネット上で実施、全1000サンプル男女各500、実施機関:ネットエイジア)が公表された。中にある「夫婦の不公平感を増長するセリフ」という部分には、いかにも相手を怒りたくなるような、あるいは脱力してものも言えなくなるようなセリフが自由回答にて多数寄せられている。

 まず男性「あなたの給料が安いから…」「お金がない」「給料が低い」と給料面、家計面に対するセリフが多くあげられたが、他にも「いいね楽しそうで」「これくらいやってよ」「やるなら、ちゃんとして」など夫が遊んでいるようなイメージのものを挙げている。実際やってないのだろうが、プライドが高いようだ。

 一方、女性「お前がやれよ」「お前の仕事だろ」「お前がやったらいい」と主に押し付け的なセリフや「俺は忙しい」「仕事だから」「仕事で疲れている」「俺は仕事あるから」といった、仕事を理由にして自分はやらないもの、「言ってくれたらやるのに」「手伝おうか?」といった、相手が家事・育児を他人事として捉えているものを列挙する。

 いい夫婦の日を前に民間調査機関によるこれら夫婦間の調査が多く見られるが、実際の夫婦ならではなこれらのリアルなセリフ、なんともギスギスとした空気感が伝わってくる。上記のような腹の立ちそうなワードを言われないように注意したいが、一方でついパートナーに言ってしまうのも、控えておいたほうがよさそうだ。

(文・編集部I)
イラスト:たかやん/イラストAC





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事
▼一部当サイト連載作、発売中!
過去の短期連載はこちら

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル 瀬名あゆむ TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 ロマン優光 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 鋭すぎる競馬予想 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 中国 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6