Home > 生活・知恵
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



生活・知恵 2016.04.16(土)

競馬予想・第76回皐月賞「ダイヤモンドは砕け散る!!」:TERAMAGAZINE連載100【season3】


「3強対決」は3強で決まらないのが競馬の怖さ!
TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 season3

連載第100回記念!「第76回G1皐月賞」( ゚∀゚ノノ゙パチパチパチ

【先週の回顧】
桜花賞。メジャーエンブレムは予想通り、キレ者に差されましたね。まさか馬券圏外まで落ちるとは思いませんでしたが。
それにしてもクリストフほどの名手がスタートダッシュを決められないなんて、先週この連載で不安視点した
「チューリップ賞を使わずクイーンCを走った『歪み』が出た」のでしょうね。
(『ノーザンファーム天栄』での短期放牧、レベルの高い施設でレベルの高い調教を優先した)

優勝馬ジュエラー(ヴィクトワールピサ産駒)とシンハライト(ディープ)のハナ差はジョッキーの差。
(イケゾエがダメダメなワケじゃなく、ミルコの神騎乗に負けた)

ヴィクトワールピサは今年が初年度産駒ですが、数多くいるサンデー系の中でディープに続く種牡馬になれると見ています。
ドバイワールドC、ジャパンカップ、有馬記念を勝ち、血統的にも『ヘイロー3×4の奇跡の血量18,75%」のインブリードが強い後押しをするので、
ダービー馬ロジユニヴァース、皐月賞馬アンライバルドを輩出した父ネオユニヴァース超えはモチロン。ディープ、キンカメに並ぶような一流種牡馬になると見ます。
馬名の雰囲気と響きがブエナビスタみたいで綺麗で強そうですよね。【3連複10-12-13】5,650円×1,200円(700円+500円)的中!→6万7,800円払い戻し(購入額31,100円)+36,700円(2016年現在トータル プラス60万8,070円/回収率208%)

【今週のレース予想】
「第76回G1皐月賞」
競馬は『ブラッド(血)スポーツ』と言われる所以が今年の皐月賞で体現されています。

2005年のオークスで、リオンディーズの母シーザリオ(1人気)とエアスピネルの母エアメサイア(2人気)が対戦し、結果はクビ差でシーザリオの勝ち。
その後、2頭が対戦する機会はなく、エアメサイアが秋華賞でG1馬になった時にはシーザリオはアメリカンオークスも優勝し引退していました。

そして10年後、『神の気まぐれか? エアメサイアにリベンジチャンスを与えたのか?』
奇しくも同じ年に産まれた2頭の仔はG1朝日杯JFという最高の舞台で代理対決!
しかし結果は同じ。シーザリオの仔リオンディーズが単勝1.5倍のエアスピナルを1/4馬身突き放して母と同じくG1戴冠。

2回目の対決は弥生賞。単勝1.9倍で今度は1人気になったリオンディーズがまたもやエアスピナルに2馬身差を付けて先着。
しかし、リオンディーズの前に『第3のキレモノ』がいました。上がり33秒6の鬼脚で4コーナー8番手から差し切ったマカヒキです。
馬主はディープ、キンカメ、クロフネ、カネヒキリ、アパパネ、ラブリーデイのソフトウェア開発会社『図研』社長の金子真人氏(金子真人HD)

新馬→若駒S→弥生賞の3戦3勝は父ディープインパクトと同じローテ。
金子オーナーなら皐月賞をマカヒキ(母ウィキウィキ、姉ウリウリなどハワイ語シリーズ)で初ディープ産駒優勝を実現するかもしれません。
サトノダイヤモンドではないでしょう。
クリストフは元々、サトノダイヤモンド騎乗が先約だったのですが、桜花賞で勝負の女神から見放された感のあるクリストフから川田に乗り替わりのは金子オーナーのツキでしょうか。良い流れかもしれません。

さらに今年の皐月賞は因縁が深く、シーザリオ、エアメサイアだけではなく、2005年オークスでクビ+クビ差3着だったディラデラノビアの仔ドレッドノータスも出走します。
これぞ偶然では決してあり得ない『ブラッドスポーツ』である競馬の奥深さでしょう。
父ハービンジャーはタフな持続力のあるND系でキングジョージを記録的な11馬身ぶっちぎったな欧州G1馬。
オサエます。

全国の競馬場でG1を勝ちまくっているディープインパクト産駒ですが、なぜか中山の皐月賞は未勝利【0・2・1・10】
(※ダート、短距離、長距離は不適性なので仕方ないですが、2000mは適性距離で、中山コースも有馬記念で優勝アリ)

ディープブリランテ(ダービー馬)ですら3着、リアルスティール(ドバイターフ優勝)も2着が精一杯。
酷いのはリーチザクラウン(ダービー2着馬)の2人気で13着、3戦3勝の無敗馬トーセンスターダムの3人気で11着大惨敗です。
(※皐月賞優勝馬はディープインパクト自身だけ、という笑えない現実です)

『最良のサンデーサイレンス後継種牡馬であるディープインパクト産駒がなぜ皐月賞を勝てないのか?』

中山2000m内回りコースは、2~3コーナーのカーブがタイトでコース全体の高低差が5.3mも(東京は2.7m)あるためタフでパワーが必要であり、
直線も310m(東京は525.9m)と短いため、ディープ産駒最大の武器である『素軽い瞬発力が生きない』のです。
(※ディープインパクトが国内で唯一負けたのが、先行したハーツクライを捕まえきれなかった中山の有馬記念でした)

タフでパワーの必要な中山2000mは、ニジンスキー、ラムタラ、ダンシングブレーヴ、トニービン、オペラハウス、サドラーズウェルズなどタフな欧州血統。
凱旋門賞、キングジョージ、英ダービー等を勝てる持続力のあるスタミナ血統がフィットします。

------------------------------------------------------------------------------------------------
06年6人気1着メイショウサムソン(オペラハウス×ダンシングブレーヴ)、07年7人気1着ヴィクトリー、
09年1着アンライバルド(母父サドラーズウェルズ)、10年6人気2着ヒルノダムール(母父ラムタラ)
14年3着ウインフルブルーム(父母父父ニジンスキー)、08年7人気1着キャプテントゥーレ(母父トニービン)
------------------------------------------------------------------------------------------------

ステイゴールド、ネオユニヴァースなど『瞬発力に欠けるサンデー系×欧州系』(またはその逆)が狙い目でしょう。
ハービンジャーはキングジョージを
将来有望(と見ている)種牡馬『ヴィクトワールピサ×ラムタラ』のジョルジュサンクは爆アナ。

1人気はサトノダイヤモンドですが、馬主はパチンコ、パチスロ「北斗の拳」のメーカー『セガサミーHD』会長兼社長の『サトノ』の里見治氏。
昨年はサトノクラウンとサトノラーゼンで約4億円。今年はサトノダイヤモンドとサトノケンシロウ(ついに切り札!)だけで5億円!
(※金子真人氏はセレクトセールでディープインパクトは約7,000万円、キンカメは約8,000万円で購入)

里見会長のライバル? 会計ソフト「勘定奉行」で有名な『オービック』会長兼社長の『ダノン』の野田順弘氏は種牡馬になったダノンシャンティ、
妻で取締役の野田みづき氏の『ミッキー』はミッキークイーンが2冠馬になり、あっさりG1オーナーになりました。

里見会長はどんなに悔しかったでしょう…。心中お察し致します。
『カネはいくらでも出す』
(※ホントに発言したか? どうかは不明)
里見会長は今年こそは何が何でも『G1馬オーナーになりたい』と今年のセレクトレールではなんと13億1,800万円もの馬を爆買いをしました。
『サトノダイヤモンドは勝てないんじゃないか?』と感じているのでしょうか?

データ的には、きさらぎ賞直行組【0・0・0・7】。勝ち馬でも【0・0・0・5】です。
トーセンラーは7着、3戦3勝無敗のトーセンスターダムは11着惨敗。
牝馬ですが、ルージュバックも桜花賞を単勝1.6倍で9着敗退しています。

サトノダイヤモンドはトリッキーな中山コース初出走で長距離輸送の経験もないのは大きな不利です。
社台の大手クラブ『サンデーR』の高額馬を単勝1.5倍のメジャーエンブレムの馬券圏外

鞍上は桜花賞ショックから立ち直れてない繊細なクリストフ・ルメール。
3着を外す可能性は低いですが、単勝1,5倍のメジャーエンブレムが馬券圏外
ヨレたりせずに真っ直ぐに走れるディープ産駒。

本命はリオンディーズ。
日米オークス馬シーザリオの仔で兄はジャパンカップを圧勝した菊花賞馬エピファネイア。
父スペシャルウィークにはサドラーズウェルズの血が入っています。

直近では共同通信杯直行組の成績が良く、12年ゴールドシップ、14年イスラボニータ、15年ドゥラメンテと3連勝中。
母父ブライアンズタイムディーマジェスティも狙い目です。
ブライアンズタイムは父として過去21年でナリタブライアン、サニーブライアン、ノーリーズンヴィクトリーと4頭の皐月賞馬を輩出しています。

ディープが勝てないならキンカメ。
ドゥラメンテに次ぐ連覇で【連載100回記念】を祝いましょう!!!!!!!
連載100回記念トロフィー(C)matheesaengkaew/123RF 改変

【メモ】
※スプリングS、弥生賞、若葉S上位馬は欠かせない。
※きさらぎ賞から直行組【0・0・0・7】
※ディープ産駒は2着まで
※安定感が必要。芝でオール3着以内
※ヴィクトワールピサ産駒は先物買い
※キンカメの勢い
※欧州G1馬の血が入っている

---------------------------
◎16リオンディーズ
○15エアスピナル
▲5マウントロブソン
注9ナムラシングン(ヴィクトワールピサ)
爆2ジョルジュサンク(ヴィクトワールピサ)
△11サトノダイヤモンド
△18ディーマジェスティ
△14ロードクエスト
--------------------------------

【3連複】フォーメーション
16 - 03, 05, 15 - 02, 03, 04, 05, 09, 11, 14, 15, 18
(21点×500円)

16 - 03, 05, 15 - 01, 02, 03, 04, 05, 08, 09, 11, 13, 14, 15, 18
(30点×400円)

--------------------------------
16 - 05, 11, 15 - 02, 03, 04, 05, 09, 11, 14, 15, 18
(21点×500円)

16 - 05, 11, 15 - 01, 02, 03, 04, 05, 08, 09, 11, 13, 14, 15, 18
(30点×400円)
--------------------------------

【合計4万5,000円】

写真・JRA公式ページより/トロフィー:matheesaengkaew/123RF

※一部サイトで当記事の一部記号が文字化けする場合があります。その場合は以下のURLでごらん下さい。
http://bucchinews.com/life/5700.html

【TERAMAGAZINE(テラマガジン):プロフィール】
カツラギエースが逃げ切ったジャパンカップを見て競馬にハマる。競馬雑誌の創刊に関わり、表紙にオグリキャップの顔写真を使うという斬新な手法で既存の競馬マスコミの度肝を抜いた。当時、「ファン目線」という新しい概念を定着させたが、密着取材を続けていたトウカイテイオー奇跡のラストラン93年有馬記念優勝を見届けると静かに競馬マスコミから一線を引く。「TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!」で競馬予想ブログをひっそりと始める。ブログ創設のわずか1ヶ月後に朝日杯FSの5万馬券、さらに2ヶ月後にはフェブラリーSの10万馬券を本線で的中させ連続で帯封をゲット。その頃から競馬ファンの間でじわじわと評判になり、わずか半年で14万人のファンを集めるカリスマ競馬ブロガーとなった。現在は37万人。

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

連載バックナンバー(最新10件)はこちら
http://bit.ly/1n7Msmi

(リンクの飛ばないサイトでごらんの方は、検索窓にコピペしてください)




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6