Home > 生活・知恵
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



生活・知恵 2016.03.26(土)

競馬予想・G1高松宮記念「ハクサンムーン悲願のG1戴冠なるか!?」:TERAMAGAZINE連載97【season3】


ロードクエストはまだ3歳クラシックの中心にいるのか!?
TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 season3

連載第97回「G1高松宮記念」

【先週の回顧】
回収率が重要なのは分かるけどオケラ街道は淋しいよね。麻雀は上がってナンボ。パチンコも帰りのメシ代も無いんじゃねえ。
購入額26,600円で、負けが1万円ならまあいいんじゃないかな。
【3連複1-4-10】1,690円×1,000円(400円+400円+200円)的中。1万6,900円払い戻し
▲9,700円(トータル+572,270円。回収率231%)

【今週のレース予想】
第97回「G1高松宮記念」

今年の高松宮記念の予想に重要なポイントは沢山あるのですが、まずは4年連続で出走する7歳になったハクサンムーンのことを語らせて下さい。
2013年に香港スプリント連覇を置き土産にロードカナロアが引退した時、G1・6勝馬ロードカナロアと名勝負を繰り広げて来たハクサンムーンが天下を獲ると誰もが思っていました(デスヨネ)

ところが、ハクサンムーンのスプリントG1と前走の着順を見て下さい。

------------------------
【高松宮記念】
13年オーシャンS9着 →高松宮記念3着(優勝ロードカナロア)
14年オーシャンS13着→高松宮記念5着(優勝コパノリチャード)
15年オーシャンS2着→高松宮記念2着(優勝エアロヴェロシティ)
16年オーシャンS2着→?
------------------------
【スプリンターズS】(参考までに)
13年セントウルS1着→スプリンターズS2着(優勝ロードカナロア)
14年セントウルS2着→スプリンターズS13着(優勝スノードラゴン)(※新潟開催)
15年セントウルS8着→スプリンターズS12着(優勝ストレイトガール)
------------------------

ハクサンムーンにとって14年の高松宮記念とスプリンターズSがG1戴冠の最大のチャンスでした。
しかし高松宮記念は突然覚醒したコパノリチャード(その後10戦未勝利)が3馬身差圧勝!!
2着スノードラゴン、3着ストレイトガールで、ハクサンムーン掲示板の5着が精一杯。

続くスプリンターズSはスノードラゴン(13人気)が優勝。2着ストレイトガール。ハクサンムーンは何と13着惨敗。
翌15年はストレイトガールが優勝。ハクサンムーンはまたもや2ケタの12着大惨敗。
ハクサンムーンは一度苦手意識を持つとダメな性格なのでしょうか?

15年の高松宮記念は香港のスプリント絶対王者エアロヴェロシティに0秒1差まで迫り、5連勝でNHKマイルC優勝の新鋭G1馬ミッキーアイルの追撃をハナ差オサエてロードカナロアと覇権を競った往年の力を復活アピール。

そして迎える今年の高松宮記念。
格が違うエアロヴェロシティは回避。
CBC賞2着→阪神C2着→シルクロードSを上がり33秒3の最速上がりで強い勝ち方をした遅咲きのダンスディレクター(1200mは5戦5連対、中京コースは全3戦全て馬券圏内)の回避。
ストレイトガールは不出走。
ミッキーアイルには負けない自信を持っている(ハズ)
苦手意識アリは15ヶ月の長期休み明けから1戦したスノードラゴンだけというラッキーな状況。
コレはG1戴冠の大チャンスでしょう。

-------------------------------------
ハクサンムーンの話だけで長くなり過ぎましたので、データ的考察に移ります。
中京競馬場が改修し直線が100m長くなり急坂が出来て本格的コースになった12年からの4年間で馬券になった12頭の前走は以下の3レースだけです。
(※香港馬エアロヴェロシティを除く)
-----------------------------------
・オーシャンS 【1・2・1】
・阪急杯     【2・1・1】
・シルクロードS【0・1・2】
-----------------------------------
しかも、オーシャンS組と阪急杯組は毎年、必ず1頭ずつ馬券になっています。
単純に考えれば、各レースから1頭ずつ選べば的中すると言うデータです(マジです)
(※13年3着ハクサンムーンのオーシャンS9着以外は全て4着以内)
(※14年2着スノードラゴンの11人気以外は全て4人気以内)
-----------------------------------

血統的には、軽い芝で瞬発力を生かすサンデー系よりもスピードの持続力があるミスプロ系やND系、タフなパワーがあるグレイソブリン系を重視したい所。
サンデー系の代表万能のディープインパクト産駒が配合に関わらず、スプリントG1を勝ってない事実も忘れないように。

スノードラゴンの馬主は相馬眼の天才ビッグレッドファーム岡田繁幸氏の実弟で兄に負けない相馬眼と評判で、
「8歳にして体高が伸びてまだまだ成長している」とコメント。
芝はまだ10戦しか走ってないのでまだまだ成長しているのでしょう。
ハクサンムーンの一番の強敵です。

オッズは今現在発表されてないのですがおそらく1人気のミッキーアイルはスプリントG1に鬼門のディープ産駒。
ハクサンムーンもまたオサエ込む自信があるはず。

スプリントと言えばサクラバクシンオー産駒。
ビッグアーサーは連勝が途切れた後、着順が落ちているので、復活して香港G1を勝ったエイシンヒカリ程の輝きはないのでは。
一応オサエますが。
それより実際にシルクロードS2着で先着しているローレルベローチェを上に見ます。
バクシンオー産駒でNDのクロスがあり、母系にミスプロも入っています。
先行激化すると言われるレース程、意外に先行馬が残るケースは多いです。 中京1200mは外枠有利なので7枠15番も絶好。

ミルコが2冠馬ドゥラメンテでG1ドバイシーマクラシック(たぶん勝つ)に出走するのに、日本に残ったクリストフが燃えないワケはない。
しかも馬主は社台のノーザンF代表吉田勝巳社長の妻・吉田和美氏個人名義のアルビアーノ。オーシャンSは不利が重なりながらも33秒3の最速上がりで5着まで盛り返した。吉田和美氏は絶対勝ちたくてクリストフをドバイへ行かさずキープしたのでは。血統もNDのクロスがありミスプロの血も入っています。

桜花賞馬のレッツゴードンキはそのものズバリのキンカメ産駒でミスプロとND、両方のクロスを併せ持ちます。
阪急杯は6着ですが、0秒2差と着順ほど負けておらず、G1に異常に燃える岩田騎乗も不気味ですね。

「ディープ、クロフネ、アパパネ等どうしてそんなに名馬ばかり持ってるの?」の金子真人HD馬はディープ産駒のウリウリより、阪急杯でミッキーアイルに0秒1差2着のブラヴィッシモが実は本命じゃないでしょうか。1枠1番はかなり不利ですが。

---------------------------
◎5スノードラゴン
○8アルビアーノ
▲18ハクサンムーン
注6ミッキーアイル
爆15ローレルベローチェ
△13エイシンブルズアイ
△11レッツゴードンキ
△17ヒルノデイバロー
----------------------------------

【3連複】フォーメーション
05, 08 - 06, 08, 18 - 08, 11, 13, 15, 17, 18
(24点×500円)

05, 08 - 06, 08, 18 - 01, 04, 08, 11, 13, 15, 17, 18
(34点×400円)

05, 08 - 06, 08, 18 - 01, 02, 04, 08, 11, 12, 13, 15, 17, 18
(44点×300円)

05, 08 - 06, 08, 15, 17, 18 - 08, 11, 13, 15, 17, 18
(43点×300円)

----------------------------------
【合計5万1,700円】

写真・JRA公式ページより

※一部サイトで当記事の一部記号が文字化けする場合があります。その場合は以下のURLでごらん下さい。
http://bucchinews.com/life/5664.html

【TERAMAGAZINE(テラマガジン):プロフィール】
カツラギエースが逃げ切ったジャパンカップを見て競馬にハマる。競馬雑誌の創刊に関わり、表紙にオグリキャップの顔写真を使うという斬新な手法で既存の競馬マスコミの度肝を抜いた。当時、「ファン目線」という新しい概念を定着させたが、密着取材を続けていたトウカイテイオー奇跡のラストラン93年有馬記念優勝を見届けると静かに競馬マスコミから一線を引く。「TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!」で競馬予想ブログをひっそりと始める。ブログ創設のわずか1ヶ月後に朝日杯FSの5万馬券、さらに2ヶ月後にはフェブラリーSの10万馬券を本線で的中させ連続で帯封をゲット。その頃から競馬ファンの間でじわじわと評判になり、わずか半年で14万人のファンを集めるカリスマ競馬ブロガーとなった。現在は37万人。

【TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想!】
http://blogs.yahoo.co.jp/teramagazine

連載バックナンバー(最新10件)はこちら
http://bit.ly/1n7Msmi

(リンクの飛ばないサイトでごらんの方は、検索窓にコピペしてください)




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6