「実話BUNKA超タブー」が9月2日から独立創刊!
Home > 生活・知恵

スマホ表示はこちら



【PR】掲載数2800誌以上の取り扱いを誇る『雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jp』!多くは送料無料、さらに最大70%割引と大変お得です!

月イチ連載・各隔週月曜

瀬名あゆむのアイドル革命!

南にこの千葉からアイドル革命

隔週火曜

鈴木詩子の帰ってきて 吉澤ひとみ

毎週水曜

エスムラルダの勝手にワイドショー

隔週金曜

さよなら、くまさん

隔週金曜

美しさ勉強講座

予定変更することがあります

▼連載コラムバックナンバー▼

ブッチNEWS連載バックナンバーまとめ


最新号
  • 実話BUNKA超タブー2019年10月創刊号
    実話BUNKA超タブー2019年10月創刊号

    独立創刊!! コンビニ・書店で9/2発売 毎月2日発売 600円(税込) ※10/1以降 612円

    これが日韓対立の真相だ 韓国左翼政権狂った正体/死に至る夏の病気/小泉進次郎ペラペラな真実/ラグビー野蛮で最低なスポーツ/肥大化しすぎた自己顕示欲の末路 浜崎あゆみ暴露本出版 心の闇/津田大介みたいな金髪オッサンの精神構造とは/消費増税より先になんとかしろ まともに税金払ってない日本の大企業/被虐の無修正動画/トップ2人がどっちもバカで日韓関係は滅茶苦茶に 文在寅VS安倍晋三どっちがバカ対決 ほか

    杉作J太郎が愛媛のサウナを紹介!「熱盛サウナおやじの伝言」コラム連載中!
    吉田豪「人間コク宝」みうなインタビュー 他では読めない濃厚すぎるヤバイ話題!

     

  • 実話BUNKAタブー 2019年11月号
    実話BUNKAタブー2019年11月号

    9/14発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 550円(税込)

    日本と違って真の民主主義が根づく韓国、なんて素晴らしい国/うんこでわかる命の危機 大腸がん 胃がん 膵臓がん/テコンダー朴外伝『覇皇本紀』/東京2020 大企業&上級国民はボロ儲け 選手&ボランティア酷使のブラック五輪/小室圭さん厚顔無恥な日常/煽るネトウヨと煽られる左翼「日韓開戦」で盛り上がるバカたち/日本が戦後総括していないから韓国が黙らない/消費税10%前にも後にも得するには/実食調査一番まずい「ステーキ」チェーン/宇垣美里捏造のG 他

    ●連載第12回!『ロマン優光の好かれない力』は「東国原英夫という卑しい男」。実話BUNKAタブー本誌で!

グラビアギャラリー
【コアな視点で知の可能性を探求する同時代人のための新書シリーズ・コア新書】

少年ジャンプが1000円になる日~出版不況とWeb漫画の台頭~/大坪ケムタ
↑漫画アプリはどうやって収益をあげているの?/各社Web漫画サイトのヒット戦略は?/出版不況本当はどれくらいヤバいの?
SNSは権力に忠実なバカだらけ/ロマン優光
↑これは百田尚樹へのラブレターである!
覚醒剤と妄想-ASKAの見た悪夢ー/石丸元章
↑本書はASKAへの応援歌である
文学としてのドラゴンクエスト 日本とドラクエの30年史/さやわか
春樹より深いドラクエの世界 ↑荻上チキ・Session-22(TBSラジオ)で特集!
暗黒ディズニー入門/高橋ヨシキ
愛と感動…だけじゃない! ↑ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル(TBSラジオ)で特集!
(Link to Amazon)
生活・知恵 2016.02.29(月)

日本にも広まる? 無料で家電を修理する「リペアカフェ」

 


コーヒーを飲みながら家電を修理するヨーロッパの試み

 家電が壊れたとき、メーカーに修理を持ち込んでも、日本では「お客さん、買い替えたほうが安いですね」と言われるのがオチ。10年も経てば部品もなくなるし、実際に修理のほうが高くついたりして、長くモノを使うのは至難のワザです。ところが、そんな風潮に「もうイヤ!」と声をあげた人たちがいます。  
 オランダのジャーナリスト、マルティーン・ポスト氏は6年前、子どもを産んだことがきっかけで、なんでも新しく買い替える文化に嫌気がさしてきました。そして、壊れたものを持ち寄って、ボランティアの専門家に無料で修理してもらうイベント「リペアカフェ」を開催。この試みはオランダ中に広まり、今ではリペアカフェ協会という団体も設立され、政府の助成も受けています。
 リペアカフェの精神はドイツやフランスでも受け入れられ、特にDIYが盛んなフランスでは、様々な場所でリペアカフェが開かれているようです。持ち込まれるものはおもちゃからワッフルメーカー、電子レンジ、芝刈り機まで様々。ボランティアも修理してくれますが、自分で直すスキルも伝授されます。修理をしながら、コーヒーを飲んでおしゃべりする人も。今ではアメリカでも実施されていて、数百人を集めるイベントになっているそうです。
 場所は野外だったり、地元の博物館がスペースを提供してくれたり。持ち込んだモノを相談しながら修理していくことでコミュニティとしての役割も果たすため、一石二鳥といえるでしょう。
 とはいえ、ヨーロッパでも大都市やビジネス街ではなかなか実施されないそう。忙しく働いている人がいる場所ではそんなゆとりもないのでしょうか? 長時間労働が定着しているうえに、メーカー自らが「買った方が早いですよ」とすすめてくる日本では、なかなか実現は難しいかもしれませんね。

オランダのリペアカフェ協会のサイト
http://repaircafe.org/

(文・プル子)


 






  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

    MONTHLY RANKING





関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 







募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 美しさ勉強講座 ロコドル ローカルアイドル 山口明 新日本プロレス 瀬名あゆむ アイドル 童貞 フジテレビ 杉作J太狼XE 韓国 中国 枡野浩一
Powered by Vivvo CMS v4.6