Home > 生活・知恵
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.21
    実話BUNKA超タブーVol.21

    昼飲み最強コスパ居酒屋チェーンどこ?/浅田真央タブーだらけの引退女王/関東VS関西/北朝鮮だけが悪いのか?諸悪の根源やはりアメリカ

    コンビニ・書店で5/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年6月号
    実話BUNKAタブー

    6月号 日本プロ野球不要論/福島原発非難解除区域悲劇の現状/てるみくらぶは当然の結果旅行業界腐りきった実態 4/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
生活・知恵 2015.12.10(木)

不妊治療、いつから行う? どうしてる?


あまり話されないことを可視化

「妊サポ」を運営するゲンナイ製薬は、妊活に関する意識・実態調査を発表した。(2015年11月、1,000サンプル、ネットリサーチ)

 最近は結婚する人も若くないことが多く、つい妊活も後回しにされがち。気が付くと年齢的な問題が近づいている…という人も多い。ましてやこのようなプライベートな事項は共通の話題に上がることもないので、ネットリサーチで情報がわかるのはありがたい。この調査のなかでも当サイトでは気になる不妊治療のところを抜粋してとり上げたい。まず、不妊治療が頭をよぎる時はどのような時か。妊活開始からのタイミングは…。目立つところだけ抜粋すると

1ヶ月後 24.7% 
3ヶ月後 9.8%  (ここまでの累積比率36%)
6ヶ月後 18.9% (同59.6%)
12ヶ月後 13.5% (同76.9%)
3年以上 7.6% (同100%)

(妊活中に不妊治療を行おうと思ったことがある人275名)

 このリサーチによれば妊活開始1ヶ月で約1/4、12ヶ月で3/4が意識、3年以上で全員が意識するということのようだ。 

さらに、どのような不妊治療を受けたかの部分を紹介しよう。

タイミング法 81.7%
排卵誘発剤などの薬物療法 65.6%
人工授精 48.1%
体外受精 36.5%
卵管障害の治療 16.0%
その他 3.1%

(不妊治療を受けたことがある人131名)

 これは、自分がどのくらいの人たちがやっているステージにいるのかがわかっていいリサーチですね。タイミング法が8割強、人工授精は約半数であることがわかります。
 妊活・不妊…あまり考えてないまま年齢を重ねてしまいがちですが、少なくとも妊活については、結婚していい年齢の人は予め情報を得ておくことも必要なのではないでしょうか。この調査の細かい結果レポートは「妊サポ」のサイトにPDFでありますので、気になる人は見てみてはいかがでしょうか。

(ゲンナイ製薬調べ)
(文・編集部)写真:dolgachov / 123RF





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事
▼一部当サイト連載作、発売中!
過去の短期連載はこちら

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル 瀬名あゆむ TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 ロマン優光 山口明 ローカルアイドル 童貞 鋭すぎる競馬予想 ロコドル 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 中国 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6