Home > 生活・知恵
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



生活・知恵 2015.11.30(月)

念願のアイドルデビュー&東京進出!(けれど…):瀬名あゆむ連載19


瀬名あゆむのAV vs アイドル
~もし元AV女優がローカルアイドルのプロデューサーになったら

第19回「念願のアイドルデビュー&東京進出!(けれど…)」

 こんにちわ。仙台&千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサーの瀬名あゆむです。
 『あいどるかふぇ2ねん8くみ』開店から半年後、店内オーディションを経て、アイドルグループ「2ねん8くみ」は誕生しました。
 メンバーは6人編成です。当時21歳だった副店長のコをリーダーに任命しました。アイドルカフェとしての2ねん8くみは基本的に女の子が動かすお店として運営していて、男性の従業員さんはひとりだけで、店長ではなくて「用務員さん」という肩書きでやってもらっています。そしてその選抜メンバーのリーダーの子もアルバイト従業員だったので「副店長」としてやってもらっており、「店長」は不在のままでした。
 【今現在の2ねん8くみでは、現選抜メンバーの永瀬蒼空(ながせそら)が店長を務めています。選抜の現リーダーは宇佐ミミ(うさみみ)です】

 副店長のコはとても頑張ってくれました。開店のとき、求人広告掲載が遅れて、アイドルキャストが集まらなくて、お店オープンの宣伝もできなかったときに、自分のSNSなどで仙台のアイドルファンに声をかけてお客様を集めてくれた中心になったのも彼女でした。彼女自身が「濃いアイドルファン」だったんですよね。
 選抜メンバーを決める店内オーディションにも正面からチャレンジしてくれて。副店長だから最初からメンバー当確とかでもなく、ちゃんと審査を受けての合格でした。正直怖かったと思います。完全にガチでしたから。初代副店長、とっても勇気と根性のある女の子でした。

2ねん8くみアイドルデビュー!!

 その頃の2ねん8くみには、まだ専用スタジオもありませんでした。
 (今は一応、専用ダンススタジオと録音ブースがあります)
 なので夜11時すぎにお店の営業を終えてから、もしくは開店のお昼12時前にお店に集まって店内のステージで、副店長を中心に選抜メンバーたちだけで振り付けや歌の練習を続けていました。
 でもそれはまだ選抜メンバーオーディションをやる前からの光景でもありました。ボイストレーニングの先生もダンスの先生も、レッスンも何もない時期から、彼女たちは自分たちで時給も出ないのに、誰もいない薄暗い店内で必死で自主練習を続けていました。
 ゆるくておっとり&ガツガツしない……が特徴の2ねん8くみでしたが、実はその裏側では、必死に汗を流し、夢を追いかけた女の子たちもいたのです。

 選抜メンバー6人を決定し、仙台のローカル・グループアイドルとしての初代『2ねん8くみ』を結成してからは、かなり怒涛の日々でした。オリジナル・デビュー曲『クラスメイト』を東京のスタジオで録音し、CD化しました。
 そのCDと同時にオリジナルTシャツやステッカーも制作しました。
 そしてそれらデビューCDやグッズを携えて、毎週のように東京遠征を行いました。
 朝早くお店の前に集合し、ワゴン車のハイエースに乗り込んで、約6~7時間かけてイベント会場に到着し、20分から30分のステージを精一杯やって、その後に1時間は一生懸命に物販もやる。
 基本的にライブイベント自体の出演料は出ません。その代わりに物販ブースを出せて、そこでCDやDVDやグッズを販売したり、写真撮影をしたり(チェキ1枚500円とかで買ってもらう)して収益を確保します。(この時に、裏方も運営であるはずの私のAV時代のファンの方々が集合してくれて、チェキやグッズも大量に買ってくれて、売上げを支えてくれたりしたのです。本当にありがたかったです)

 大きな会場では赤坂ブリッツのアイドルイベントなどにも出演させていただきました。
 そうやってイベントやライブに出るたびに、少しずつですけれど、ファンになってくださる方々も増えてきました。
 仙台のお店でファンになっていただき、東京でのイベントにわざわざ応援に来てくれる方々もどんどん増えてきました。
 アイドルカフェは仙台で続けながら、選抜メンバーは頑張って東京へ遠征し、両方でアピールしていく――。この方法で頑張っていくのが『2ねん8くみ』を大きくする一番の近道だと思いました。

すべてうまく行ってたはずだったのに……

 けれど毎週毎週仙台から東京に遠征するのはやはり大変でした。
 決して楽ではないワゴン車での長時間移動。ゆっくり休憩をとったり、ゆったり食事したりもできません。それに毎週ライブをするということは、そのための何倍もの練習の日々を必要とします。
 アイドルカフェの仕事をして、グループアイドルの遠征ライブ&物販をこなして、さらには学生だったりするコは学業も頑張らないといけない。毎日毎週がどんどんパンパンになってくるんですよね。

 私自身が10代で芸能スクールに入り、全国メジャーデビューを目指してローカルアイドルをやっていた時は、そのパンパンになる感じ、
毎週毎日毎時間がぎゅうぎゅうにキツい感じ、実は嫌いじゃなかったんです。朝は早く起きて何キロかランニングして、学校で授業を終えた後はスクールのスタジオで即レッスンに入って、夜は夜で近所の公園でダンスや歌の自主練を重ねる――そんな毎日。しんどかったけど、そのぶん充実感がとてもあって、ほんと嫌いじゃなかった。
 けれど自分がそうだったからといって、今のコたちにそれをそのまま求めるわけにはいきません。正直、あの頃とは時代もシーンもアイドルの数もすべてが違いすぎます。

 そうして、選抜グループが毎週の東京遠征を初めてから2か月程が過ぎた頃、「もうできません、辞めたいです」というメンバーが出てきてしまいました。
 「体力的にも精神的にもキツいです、すみません」と。
 その後、1か月毎位に次々と選抜メンバーが抜けていきました。
 「選抜をやめてもお店は続けてもらっていいんだよ」とも言いましたが、お店からも離れていく結果になりました。悲しかったですね。
 私たち運営側も、さらにお店の中から「選抜やりたいです」というコを募って、即席オーディションを慣行して、メンバー補充をしたりもしました。ただそういう新規加入のコも、また1~2か月で続けていけなくなったりして……。
 最終的には、リーダーの副店長のコも身体を壊してしまい、選抜とお店を離れざるを得なくなってしまいました。
 結局、6人でスタートした選抜グループアイドル2ねん8くみは、さらにメンバー補充をしたにも関わらず、半年後にはたった1人になってしまいました。

 自主制作したCDとDVDはジャケットも出演も初代メンバーです。そのメンバーが1人しか残っていないのに、お店やイベントでは「2ねん8くみのCDです! DVDです!」って売らなくちゃいけない。
 ジャケットを見たお客様に「このコはどこにいるの?」と聞かれて、「すみません、脱退してしまいました」と言わなくちゃいけない。
 東京への遠征も中止するしかありません。
 運営としての、プロデューサーとしての挫折感を思いっきり感じました。そしてそれ以上に、一緒にお店をオープンして、一緒にアイドルの夢を追いかけた初代メンバーたちに続けさせてあげれなかったことに、彼女たちを守ってあげれなかった自分に、とてもとても腹が立ちました。みんな10代とか20歳そこそこの素直なコたちだったですから。誰もが頑張ってくれたコたちでしたから……。
 お店は始まってすぐ初日から大繁盛で2か月目には黒字が出た。
 その後も常連のお客様がどんどん増えていった。
 半年後には選抜グループが結成できて、デキュー曲制作、赤坂ブリッツ出演、東京での知名度アップ……。
 すべては順調すぎるほどうまく進んで、夢いっぱいだった。
 なのに、半年がすぎた今、その夢はこなごなに砕けてしまいました。
 いったいこれから、どうしたらいいんだろう……。

(以下、次号に続きます)

【次週予告】
 選抜メンバー結成半年でグループ崩壊の危機を迎えた2ねん8くみ&瀬名あゆむ。ただ暗闇の中に新たな光が差し込んでくる。それは思いっきり意外な驚くべき展開だった――。

★2ねん8くみ仙台店 HP http://www.2-8cafe.com/
 ( ツイッター https://twitter.com/idolcafe2_8/

★2ねん8くみ千葉店 HP http://2nen8kumi-chiba.com/ 
( ツイッター https://twitter.com/chiba_nippachi/

【瀬名あゆむ:プロフィール】
仙台&千葉のローカルアイドル『2ねん8くみ』プロデューサー。10代の頃に北海道のローカルアイドルとして活動し、メジャーデビュー寸前で挫折。その後、地方局TVレギュラー出演等をへてAV女優となり500本以上に出演した。1985年生まれ・さそり座・A型。

連載バックナンバー(最新10件)
http://bit.ly/1NkYsaX

※リンクの飛ばないサイトでごらんの方は、URLをアドレスバーにコピペしてください。




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ TERAMAGAZINE エスムラルダ 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6