Home > ネット・携帯
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.23
    実話BUNKA超タブーVol.23

    学力ワースト都道府県/ニッポンは格差だらけの地獄社会/今さら共謀罪で大騒ぎする国民の憐れほか

    コンビニ・書店で7/3発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年9月号
    実話BUNKAタブー

    9月号 第3次安倍内閣スキャンダルの歴史/小池百合子嘘と欺瞞の半生/キムタクVS中居正広どっちが性悪? 7/15発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
ネット・携帯 2016.07.26(火)

ポケモンGOの認知率約9割・プレイ率約4割 MMD研究所が調査


ポケモンGOでガラケーを買い換えたいと思ったのは10.3%

MMDLabo株式会社は同社が運営するMMD研究所にて、15歳から69歳の男女1,949人を対象に「ポケモンGOの利用実態調査」を実施した。
当サイトでは箇条書きで紹介したい。
・全調査対象者中、ポケモンGOの認知率は92.6%
・ポケモンGOを認知しているかつスマートフォン利用者(n=1,453)にポケモンGOをプレイしたことがあるかを聞いたところ、「ダウンロードしてプレイしたことがある」が39.0%、「ダウンロードしたがプレイしていない」が3.7%、「ダウンロードしていない」が57.3%だった。
・性別のポケモンGOプレイ率は男性が42.1%、女性が36.1%
・年代別は15-19歳のプレイ率が最も高く51.2%、20-29歳が48.0%、最もプレイ率が低かったのは60-69歳で15.3%
・ポケモンGOのプレイユーザー(n=567)にプレイしてみた感想や起きたことについて複数回答で聞いたところもっとも回答が多かったのは「バッテリーの消耗が激しい」67.9%、「とても楽しい」45.0%、「スマホを触る時間が増えた」37.4%、「よく歩く」「歩きスマホをした」がともに34.0%。
・フィーチャーフォン(=編注:いわゆるガラケー)のみを利用していると回答した人(n=310)に、ポケモンGOをきっかけにスマートフォンにしたいと思うかを聞いたところ、10.3%がスマートフォンにしたいと回答した。
(以上MMD研究所調べ、詳しいデータは同社サイトにて)
 想像以上の認知率・プレイ率。それだけでもやはり怪物的なアプリだということを再認識させられるとともに、かつまだ未体験ユーザーも多くさらなる市場伸長の余地が感じられます。スマホ/外部バッテリーの購買がさらに促進されそうですね。

(文・編集部I)





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

◆8月3日発売コア新書を予約◆
(Amazon)

瀬名あゆむ新刊(コア新書)


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 童貞 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ アイドル 美しさ勉強講座 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6