Home > ネット・携帯
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



ネット・携帯 2016.05.02(月)

【匿名対談】元・紙の編集とネットメディアの厚い壁


紙からネットへの転職組がかなり増えています

--本日は、ネットメディアを運営する方々に集まっていただきました。軽くは紙にもかかわりがあるんですけど、あえて匿名で。
サイトA 最近、出版の人はかなりネットメディアに入り込んできましたね。
サイトB 出版社の雑誌部門がやむなくネットメディア転換したり、あるいは雑誌が売れなくなって編集者を抱えられなくなって、辞めた編集者がIT系に転職したりしてる。あなたのところもそうでしょう。
サイトA 誰かが言い出したオウンドメディア(企業が集客のために作った外部ニュースサイト)ブームも転職に輪をかけたよね。あれでかなり編集の就職口も、メディアも増えた。ポータルサイト提携の壁はえらく高くなったけど。
サイトB (オウンドで)結果を出せてるところがどのくらいあることか…。結局、代理店主導ですからね。

ネットと紙、作り方と需要の違い

サイトA ところで雑誌とネットメディアの違いって、作り方の面でも結構あるよね。
サイトB カンタンなところでいうと、タイトルの頭13-16文字が勝負とかね。スマホで見るときに、通常でも長いタイトルは省略されちゃうから。紙の人はくどくどしたタイトルつけるけど、単刀直入、人名や出来事、商品名は先頭にあるのがベスト。タイトル後半に芸能人の名前書いてあると「ああ紙の人だな」って思う。
それから文字数もネットでは2極化してきていて、検索サイトでの上位表示を考えると(googleは詳しい記事を上にあげる傾向があるので)本文は1,600文字以上が理想なんだけど、一方いま主力になっているスマホユーザーは長文を絶対読まない。短ければ短いほうがいいという矛盾がある。使い分けは、実際の客層がライトか重いかによりけりかな。紙ではそんなルールはないから、よくわからないだろうね。
サイトA そのほかに言いたいのは、紙で人気のあったアングラと、非現実と、アダルトがテーマの所はネットメディアではあまり受けがない。
サイトB そうね。紙の世界では山口組分裂にともない実話雑誌の需要が増えた「山口組バブル」があったけど、ネットではそれはない。なんでかっていうと、ポータルやニュースアプリはコンプアライアンス遵守・反社NGに敏感な上場企業絡みが多いから、載せたくないわけ。ポータルに頼らないで作れればいいんだけど、アングラはSNS共有需要が少ない。

 いわゆるスピリチュアル系も一部を除くと厳しいかな。オカルトが入ってきて、事実だけで構成できないから、胡散臭い広告話は来ても、ポータルも避ける傾向がありページビューが広がらない。
 成人向けは、電子書籍バブルが終わって単純に合法サイトの広告単価が安い。他からアクセスを大量に引っ張れない限り、意外と運営が難しい。
サイトA むしろ雑誌出身の人は、ニュースよりもコミュティを作るべきだと思うんだけど。投稿雑誌や、雑誌の読者ページを作ってた人ならどういうテーマに需要があるかはわかるはずで。システムに手間はかかるけど、コミュニティのほうが圧倒的に滞在時間は長いから。成功例としては写真で一言いう「Bokete」なんて雑誌がソースじゃないけど、まるで投稿雑誌ですからね。メディアとしてはアプリでブレイクしたので、ネットメディアでの成功例というよりはアプリの成功例ですが。投稿の王道、マンガや小説はかなり前から投稿サイトが成立していますし、新しい鉱脈はまだあるはず。

元雑誌の人が陥りがちな「ネットメディアあるある」

サイトA あるあるとしては、特に個人の独立だとつい安く共用レンタルサーバ、ひどいと月100円ので新規サイトを立ち上げちゃったりする。共用で最初は困らないんだけど、共用サーバはアパートみたいなもので、同居人が多いから炎上すると即限界こえて(サーバが)落ちちゃったり。ネットメディアは同時に多数アクセスできてなんぼなので、サーバインフラの拡張性と設置場所(海外サーバだと距離があるので、表示が遅い)には気をつかったほうがいいかな。技術者と組めるなら組んで作れるといいですね。
サイトB ポジティブな編集がよくSNSで口にする「編集はネットですごい可能性がある」幻想は捨てたほうがいい(笑)。その鼻、へし折られます。広告会社の選択1つ間違えてもカンタンに失敗しますから。編集知識も必要ではありますが、万能感は捨てたほうがいいかも。

写真:maxxyustas / 123RF




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6