Home > ネット・携帯
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.18
    実話BUNKA超タブーVol.18

    【月刊化】歴史的賄賂大国韓国の実態/講談社漫画編集部呆れた内情/トヨタブラックな歴史

    コンビニ・書店で2/1発売 530円

  • 実話BUNKAタブー 2017年4月号
    実話BUNKAタブー

    4月号 住みたくない都道府県ランキング/嵐スキャンダルの歴史/ロマン優光×杉作J太郎社会時評・長谷川豊コラム【新連載】 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
ネット・携帯 2015.06.18(木)

外国人はなぜハンズフリーで電話するのか?


スマホをハンズフリーにすることで守られる「xx」

 訪日外国人が増えている。ちょっとびっくりするのが、彼らの携帯のハンズフリー率。道端でなにもない空間に話しかけているので夜中などギョッとするが、なぜ彼らはスマートフォンを出して直接話さないのか? マナーがなってないんじゃないか? と思うこともあるだろう。

 この疑問を、訪日外国人観光客で湧く新宿の場末スナック勤務の女性がとある訪日外国人に聞いた所、あっさりと理由が判明したそうだ。そして、それはとても大事な理由だった。

 気になる真実は、「(特に海外では)スマートフォンは盗まれるから」。あえてBluetoothを使いワイヤレスにしておくことで、本体のありかがわかりづらく、盗まれづらいのだという。海外ではスマホが強盗の原因にもなることから、命を守るためにも「スマホは手に持つな」というのが常識なのだ。

 平和な日本では信じられないかもしれないが、たとえばワシントン・ポストの2014年の記事を参考にすると、複数の外国(先進国含む)ではスマホは殺人を犯してでも奪われている。国による価格差も原因の1つ。たとえばアメリカの販売価格を1としたとき、香港やブラジルなど輸入関税の高い国では、10倍の末端価格でも売れることがある。そのためか、アメリカの強盗事件のおよそ半数はケータイ絡みだという。他の国にも闇マーケットはあり、犯罪の温床となり世界的問題となっている。

 日本人は安心してスマホを持って話していることが多いが、海外に行った時には特に盗難・強盗に注意をしたい。日本にいると、音楽を聞くときくらいしかBluetoothの必要性をあまり感じることがないが、海外ではBluetoothによって命が救われているということに心底驚いた。

(文/編集部I)写真:Dndavis / 123RF





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事
▼3月3日発売!予約を!

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 













募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 ローカルアイドル 杉作J太郎 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 フジテレビ ロコドル 新日本プロレス 中国 オススメ
Powered by Vivvo CMS v4.6