Home > ネット・携帯
最新号
グラビアギャラリー




||||ホントにおトクな情報||||


PR一眼レフカメラ上達講座でちゃんとした写真が撮れる!



ネット・携帯 2015.03.02(月)

TPPの著作権違反非親告罪化で、キュレーション・まとめサイト全滅!?


まとめサイト全滅の危機迫る!?

 TPP協定(環太平洋経済連携協定)における知的財産条項案で、著作権関係の交渉が進んでいる。
 特に話題となっているのは、著作権に関する違反の非親告罪化。いままで日本で著作権侵害は「親告罪」だったので、著作者が直接侵害者を訴えない限りは事実上黙認という状態だった。これを「非親告罪化」としたい要求が米国側からあるという。TPPでそれが合意された場合、今後は著作者本人からの訴えがなくとも誰でも公訴が可能となり、違反者が摘発される可能性がいままでよりも高くなる(他にも著作権保護期間の延長など、要求事項はいくつかにわたる)。

 これを受け入れることにより、日本の固有文化が破壊されるのではないかという危惧が一部業界にある。たとえば法的にはグレーゾーンでありながら、ファン活動を著作権者や出版社が黙認してきたことで成長してきた「同人誌」。日本がいままで押し出してきたクールジャパン文化に反する交渉に、マンガ・アニメ業界は強い危機を感じているという。3月1日にはコミックマーケット準備会が声明文を出すなどさまざまな動きはがあるが、TPP交渉は重要情報の公開過程が非公開であること、また事実上米国主導であることからどうなるかは依然不透明だ。

 しかし、話題にすら上ることが少ないが、マンガ・アニメ以外に大幅なトラブル発生が予想される業界がある。それはインターネットだ。
 ネット上に溢れる「まとめサイト」「キュレーションサイト」「バイラルメディア」のほとんどが、他者のコンテンツを「引用だ」と言い張り、要件すら満たしていないのに拡大解釈で無断転載をしてきた。
 いままではこれらを訴えたくとも著作者が訴訟費用と効果のバランスから諦めるケースが多かったが、TPPで著作権の違反が非親告罪となると、これらの首を締めたい第三者からも公訴が増えるほか、警察判断による捜査も増えることが予想される。
 まとめサイト全滅とはいかないまでも、キレイなコンテンツに改められない業者はまず生き残れなくなる。逮捕者が続出するかもしれない。これはまとめサイト嫌いな人には望ましいかもしれないが、一方トラフィック減でネット広告市場の成長が鈍化するかもしれないという問題もある。そんな時代はすぐそこに迫っているのだ。

(文・編集部I)写真:shizendaisuki / 123RF




あなたにおすすめの記事はこちら


  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事

スマホアプリ「カメリオ」で「ブッチ

NEWS」と入れて最新記事をGET!

「ニューススイート」に配信予定

◎書店で12/2から発売!◎

◎書店で11/2から発売!◎

◎書店で9/30から発売!◎


●ロマン優光著、電子書籍版発売中




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 












募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

タグクラウド
おすすめ TERAMAGAZINE エスムラルダ 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 フジテレビ 杉作J太郎 中国 新日本プロレス ローカルアイドル オススメ 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 韓国
Powered by Vivvo CMS v4.6