Home > ネット・携帯
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.22
    実話BUNKA超タブーVol.22

    ソフトバンクの正体/北朝鮮大研究/読売新聞は安倍政権の主張垂れ流す広報誌/現地ルポ韓国大統領選の狂乱醜態ほか

    コンビニ・書店で6/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
ネット・携帯 2015.03.01(日)

7月1日に「うるう秒」挿入で様々なシステムが狂う!?


 地球の自転・公転に基づいた天文時と、原子時計とのズレを調整する「うるう秒」。今年7月1日は1秒長くなり、午前8時59分59秒と9時00分00秒の間に「8時59分60秒」が挿入される。1月頃にはさかんに報道されたが、3月近くなるとほぼほぼ落ち着いてしまったようだ。まだ知らないという人もいると思うので、注意喚起をしておこう。

 これで危惧されるのは、時間同期をとっている一部のWebサイトやサーバ。2012年にあった前回には、世界のWebサイトで「バグ」が起こり、データベースやJava関連のハングアップ、Linuxカーネルの一部でのトラブルがあったそうだ。海外でもSNSのいくつかが被害を受けたが、日本でもmixiが4時間のシステム障害と実害を受けている。

 今回、概ね対策は出来ているものと考えたいが、予想もしない所でトラブルが起こるかもしれない。その時間帯に特にシステムや、サーバが全て正常に稼働しているとは限らないので、影響を慎重に見極めよう。金融取引なども、該当時間帯前後を避けるなどしたほうがいいかもしれない。

 ちなみに、個人にはほとんど影響がないとみられる。うるう秒のあとに時計を調整したほうがいいくらいだろうか。個人で体感したい人は、電話の時報サービス「117」でもうるう秒の調整を毎回実施しているので、その時間の前に電話をかけてみるといいだろう。

(文・編集部I)写真:ognoc/ 123RF





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル ロマン優光 TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6