Home > ネット・携帯
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.22
    実話BUNKA超タブーVol.22

    ソフトバンクの正体/北朝鮮大研究/読売新聞は安倍政権の主張垂れ流す広報誌/現地ルポ韓国大統領選の狂乱醜態ほか

    コンビニ・書店で6/1発売 毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年8月号
    実話BUNKAタブー

    8月号 痴漢冤罪から逃れる方法/長谷川豊が語るフジテレビ凋落本当の理由/韓国人の逆ギレ思考法中国人の自己中思考法 6/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
ネット・携帯 2015.01.29(木)

2015年冬、格安スマホの端末はZenFone 5で正解!


各社が採用する人気機種

 台湾のメーカーASUSが日本で発売するZenFone 5。SIMフリー端末として単体として売られている他(※電話として使うにはSIM契約が別途必要)、格安スマホサービスを展開する各社からも回線SIMとセットで販売されています。ASUSというと聞きなれないかもしれませんが、同じ台湾の別メーカーAcerと並び、コストパフォーマンスに優れたノートパソコンやタブレット端末で、日本のPCユーザーには有名です。

 このZenFone 5、安価ながら高性能で液晶の解像度以外には弱点が見当たらないといわれる端末です。もちろん最新のハイスペックスマホに比べれば処理速度は落ちるのですが、画像解像度を押さえたこと、クアッドコアを搭載していることからCPU負担が抑えられており、もっさりとはせずサクサクと動きます。3D性能等も若干落ちますが、通常のスマートフォンとして利用するぶんには十分な性能を有します。日本向け仕様に徹しており、日本語変換が優秀なATOK(ジャストシステム製)を標準搭載するなどなかなかなものとなっています。

 なかには自分用以外に簡単モードに設定し、親に持たせている人もいるようです。ただ簡単モードは好きなアプリを優先することが出来ないためあまり汎用性はないのですが「そろそろスマホにするか」という親世代には、省電力設定ができるように自分で使いやすく設定しておくといいかもしれません。

 とにかく格安スマホとして売られているもののなかではオススメな機種ですので覚えておくといいでしょう。

(文/編集部I)





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事



おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 TERAMAGAZINE 瀬名あゆむ アイドル ロマン優光 TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 山口明 ローカルアイドル ロコドル 童貞 杉作J太郎 鋭すぎる競馬予想 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス フジテレビ 韓国 中国
Powered by Vivvo CMS v4.6