Home > ネット・携帯
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.19
    実話BUNKA超タブーVol.19

    【月刊化】清水富美加出家騒動で大注目幸福の科学大研究/韓国の大学ノーベル賞ゼロ理由

    コンビニ・書店で3/1発売 530円

  • 実話BUNKAタブー 2017年4月号
    実話BUNKAタブー

    4月号 住みたくない都道府県ランキング/嵐スキャンダルの歴史/ロマン優光×杉作J太郎社会時評・長谷川豊コラム【新連載】 2/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
ネット・携帯 2015.01.01(木)

【注意喚起】知らない人からのウィルス入り年賀メールに注意!!


元旦に仕組まれた罠

 正月に年賀メールといえば、いまやごく普通の習慣。FLASH動画や画像が添付されていてもおかしくないが、そこをを突いた「攻撃」が存在する。
 独立行政法人情報処理推進機構の発表・報道によれば、昨年、動画入り年賀メールに不正プログラム(遠隔操作ウィルス)が仕組まれていた例があったという。年賀メールの中で、ファイルを別途添付しておりダウンロードをさせようとするようものや、不明な外部URLに飛ばす年賀メールには警戒したほうがいい。個人ももちろんだが特に企業アカウントは、そこから社内感染が広がると情報漏洩などの重大なトラブルに巻き込まれる可能性があるので気をつけたい。

ウィルス年賀メールに感染しないための3つのチェック事項

(1)まったく思い当たらない人の年賀メールは開かない。このようなメールは知り合いのように偽装してくるが、心当たりがないことが多い。

(2)誤って(1)に該当するメールを開いてしまったら、「不審な添付ファイル」は開かない(書類や動画を装った、不正プログラム実行ファイルの場合がある)。また、メール中の「まったく知らないドメインへの不審なWebリンク」はクリックしない(カーソルを当てジャンプ先URLをあらかじめ確認し、相手のドメインであるかどうか、偽装アドレスでないか注意する)。

(3)セキュリティソフトを最新の状態に保ち、定期的にスキャンする(※セキュリティソフトはごく一部ずさんなものもあるため、評判のよいものを利用すること)。

 以上3つの点に気をつけていれば、ある程度怪しい年賀メールからの自衛はできる。しかし最近では(年賀メールではないが)健康保険組合からの通知メールを装った、サラリーマンならついつい開けてしまう巧妙なものもある。他にも編集部が確認したものでは国内アフィリエイトサービスからのメールを偽った例も。関係者に抵抗なくクリックされやすい点を利用したものと思われるが、犯人グループの手口が高度化しているのがこの2例からもわかるだろう。

 いまや年賀状を追い落とす勢いの年賀メール。大量にくるとチェックも甘くなりがちだが、気を抜いてウィルス感染してしまい、1年の出だしをだいなしにしないよう、まったく知らない人からの不審な年賀メールには注意していただきたい。

(文/編集部I)画像:profile_piren/123RF





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事
▼3月3日発売!予約を!

暗黒ディズニー入門 (コア新書)

新品価格
¥950から
(2017/2/23 21:56時点)




おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加





ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 


 













募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ TERAMAGAZINE 鈴木詩子 アイドル TERAMAGAZINEの鋭すぎる競馬予想 瀬名あゆむ ロマン優光 山口明 童貞 鋭すぎる競馬予想 ローカルアイドル 杉作J太郎 ロコドル 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 フジテレビ 新日本プロレス 中国 オススメ
Powered by Vivvo CMS v4.6