Home > ネット・携帯
最新号
  • 実話BUNKA超タブーVol.23
    実話BUNKA超タブーVol.24

    加計学園汚れた正体/日本を侵食する韓国/人が死にやすい都道府県/地方都市が絶望的/ピスケン&石丸元章が潜入芸能人経営の店 ほか

    コンビニ・書店で8/1発売 通常毎月1日発売 550円

  • 実話BUNKAタブー 2017年10月号
    実話BUNKAタブー

    10月号 蓮舫や白鳳バッシングで日本人の醜悪さここに極まれり 日本は外国人差別が当たり前の国/災害リスクが高い都道府県/ペット業界の闇/2017年の流行りモノが全部残念/まずい冷やし中華 8/16発売 毎月16日コンビニ・書店で発売 450円

グラビアギャラリー
ネット・携帯 2014.12.02(火)

スマホで街を歩いて小銭を拾え!? チェックインポイントアプリが流行中


道端に小銭が落ちていることも少なくなったが…

 皆さんは、チェックインすると近所のお店からポイントが貰えるスマホアプリがあるのをご存じだろうか。

 有名なものにはスポットライト社が展開する「楽天チェック」「スマポ」、リクルートの「ショプリエ」、NTTdocomoの「ショッぷらっと」、レッツエンジョイ東京の「imaココデ」などがある。
 各自の詳しい説明は省くが、各アプリの入ったスマホを、各サービスへの加盟ショップへ持参し、チェックインするとポイントが貰えるのだ(一部は指定商品購入必要なものもある)。各店を回って貯まったポイントを現金代わりに使ったり、まとめて店舗で使える金券へと替えることができるものも多い。
 通常は「来店ごとに十数ポイント」ということが多いのだが、一部アプリ参加店舗では数百ポイントを進呈する例もあり、アプリ自体の登録キャンペーンで時折数千円までのバラまきがあるケースもあるから、そのときは登録しない手はない。これらのシステムはO2Oマーケティングと呼ばれ、Online to Offlineへの顧客誘導としては一定の成果を上げているという。

 サービスよってはかなりの参加店舗数が1つの街にある場合もあるので、街を回遊すればそれなりにポイントが貯まっていく。だが、このアプリも交通費をかけていけば、ポイント自体はトントン程度。同じ店舗へのチェックイン回数は制限されていることが多いため、そこまで血眼になってやるほどのメリットはない。
 しかし、同じチェーンでも別のお店であればまたポイントがもらえるため、徒歩で一日じゅう様々な街の加盟店をハシゴするマニアが存在する。
「ダイエットにも健康にもいい。ポイントはあくまで移動のご褒美です」(40代・男性)  

 ただし、マニアのなかには1回の効率をあげるため、アプリをインストールした名義違いのスマホを複数台一度に持っていくなどアウトな方法で稼いでいる者も存在するという。こんなことをしているのはごくわずかなので今のところほとんどは黙認されているようだが、あまりやると対策されるのでご注意を。

(文・編集部)イラスト:Krisdog / 123RF.com





  • ★TOPページ・タグでは過去記事は10本だけしか表示されません。「芸能・エンタメ」などカテゴリ単位のタブではそれ以前の過去ログもごらんいただけます。
    ★そのためこちらからサイト内google検索を可能にしました。知りたい内容があればどうぞ。

     

     


関連記事


おすすめ記事
人気投票ランキング
ブログ
記事提供元
    • ブッチNEWS編集部
    • 実話BUNKAタブー
    • コアコミックス
    • コアムックシリーズ
    •  
    • ブッチNEWSを共有する
    • このエントリーをはてなブックマークに追加




ブッチNEWSは「スマホ」と 
「PC」でお愉しみいただけます。 
(ガラケー非対応) 








募集のお知らせ…PC/スマホ配信提携先、アプリ制作業者、月額広告、広告供給業者を募集しております。右下「運営方針」をご参照下さい

 

[PR]

運営者情報
タグクラウド
おすすめ エスムラルダ 鈴木詩子 ロマン優光 山口明 杉作J太郎 童貞 男の偏差値がぐんとアップする美しさ勉強講座 新日本プロレス アイドル フジテレビ 美しさ勉強講座 韓国 中国 オススメ 枡野浩一 ダイエット NHK ウンザリ
Powered by Vivvo CMS v4.6